物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

物語論

『若おかみは小学生』と『花咲くいろは』〜吉田玲子と岡田麿里の特徴から現代の家族像の描き方を考える〜ネタバレあり

若おかみは小学生の大絶賛が続いています! 高く評価されるべき作品だから、嬉しいは嬉しいね カエルくん(以下カエル) 「記事においては若干含みはあったものの、作品自体はとてもいいという評価だったしね」 主 「今回は似ていると多くで語られている花咲…

『カメラを止めるな!』何が良くて何がダメ? ネタバレ考察&解説と本作に映画業界関係者が熱狂する理由とは?

ではカメ止めの記事の2つ目になります 前回はノリと勢いでネタバレなしを乗り切ったからね カエルくん(以下カエル) 「今作品はネタバレ厳禁なので、語り方がとても難しかったというのもあります」 主 「もう公開から2カ月過ぎたし、そろそろ言いたいことい…

物語は社会をどのように描いてきたのか〜セカイ系の登場と日常系、そして異世界転生系への変化〜

き~んこ~んか~んこ~ん キリ、レ、セキ! もう挨拶にすらなっていないね カエルくん(以下カエル) 「では、いよいよこの自由研究も最後の記事になります!」 主 「いやー、長かったね」 カエル「色々な粗や強引な説明を繰り返しながらも、論評はいよいよ…

物語は社会をどのように描いてきたのか〜混迷の95年とエヴァ〜

き~んこ~んか~んこ~ん キリーツ、レイ、チャクセキ はい、ちょっとたるんでいるよ、もう1回やり直そうか? カエルくん(以下カエル) 「……えっと、まだこの流れを続けるの?」 主 「やめる理由がある?」 カエル「え? 続ける理由がないと思うんだけれど…

物語は社会をどのように描いてきたのか〜1960年と1980年の物語と若者〜

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン 起立、礼、着席 はい、おはようございます カエルくん(以下カエル) 「では、映画とその時代の関係性について語るシリーズの第2弾です。 今回は終戦から一気に時代が飛んで、1960年代について語ります。 前回の記事で『次は1970年…

物語は社会をどのように描いてきたのか〜終戦直後の混乱と無頼派の躍動〜

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン 起立、礼、着席 はい、おはようございます カエルくん(以下カエル) 「えっと……これはなに?」 主 「こらこら、カエルくん。先生には敬語を使うように」 カエル「……敬語? というか、これいつもと同じ形態じゃ?」 主「今回は夏休…

幸色のワンルーム騒動について〜犯罪と表現の関係性とは?〜

えー、また表現の自由に対するお話です 最近、いろいろ続くねぇ カエル「なんか政治的なお話ばかりしているねぇ。 別にそういうわけでもないつもりなんだけれど……まあ、みんなそういうか」 主「今回のテーマは『犯罪と表現』です。 もちろん異論もあるだろう…

考察 『HUGっと!プリキュア』が描く女性に向けて力強いメッセージとは?

……ついにプリキュアに手を出すときが来たのね 一回語っておいたほうがいい作品なのは間違いないからね カエル「……なんで急にプリキュアを見始めたの?」 主「う〜ん……色々な記事を書いていくうちに、幼児向けアニメと女児向けアニメに檄弱なことを痛感してね…

万引き家族が描き出した、世界に共通する重大社会の問題点とは?

カエルくん(以下カエル) 「こちらは『万引き家族』の作品内容考察とは少し離れて、社会性の考察になります」 主 「作品感想の記事が相当長くなってしまったので、別記事です」 カエル「万引き家族の作品について知りたい! という方はこちらの記事を御覧く…

漫画『ちはやふる』38巻感想&考察 〜ちはやふるはなぜ面白いのか?〜

ちはやふるの実写映画も名作の評価を下す人も多く、大成功しているね! 大ヒットの1つの基準である15億円を超えて、過去シリーズ最高収益だから、ファンとしてもホッとしています…… カエルくん(以下カエル) 「あれだけの内容だからね。 『ちはやふる-結び-…

アベンジャーズはなぜコナンに負けたのか? 日本のキャラクターコンテンツの可能性を考える

今回は『コナンとアベンジャーズの興行収入問題』に関する考察となっておる やはりアニメ好きとしては言っておきたいことがあるからね 亀爺(以下亀) 「ちなみに、このブログを読んでくださっている方は知っておるかもしれんが、アベンジャーズ音痴のアニメ…

アニメ初心者にオススメしたいアニメ映画10選! まずはここから入門しては?

カエルくん(以下カエル) 「えー、ここ最近ですがTwitterで話題のサービスである『質問箱』を始めてみました」 ブログ主(以下主) 「なんか人気者になった気分だね! やったね!」 カエル「……自己顕示欲? そこで寄せられた質問にこんなものがあったのでご…

2017年のアニメ映画たちを振り返る〜興収面では報われなかった傑作たちも紹介!〜

カエルくん(以下カエル) 「あれ? 今週は細田守特集じゃなかったっけ?」 ブログ主(以下主) 「そういえば、2017年のアニメ映画が『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』で終了したのにも関わらず、まだ総評を書いていないことを思い出したんだ…

『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズのシナリオがどのように作られているか、考えてみる

まどかマギカのテレビ版、映画版についてシナリオ解析の内容を書いていきます。 元々は2016年の1月に書いた記事なのですが、リテイクを兼ねて再構成しています。 まどかマギカという作品を考える際に、その魅力は多岐に及んでいるために複合されすぎていて考…

映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』感想 本作が描き出した料理の美しさに注目! ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「実はこのブログで注目している映画のジャンルっていくつかあるんだけれど、この作品もその中の1つなんだよね」 ブログ主(以下主) 「アニメ・ナチス・料理の3つだな。 アニメ映画は説明する必要もないだろうけれど、子供向け、…

酷評の理由は? 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が賛否両論の原因を考察する

カエルくん(以下カエル) 「……打ち上げ花火があまりにも酷評続きだねぇ」 亀爺(以下亀) 「あまりの酷評続きで主は気にしすぎてしまい、ぐったりしておったからの。 『そこまで悪い作品なのだろうか? 自分の感性の問題なのだろうか?』と悩んでおったわい…

牛乳石鹸CM『与えるもの編』感想 このCMこそが映像表現ではないのだろうか?

カエルくん(以下カエル) 「えー、今回は急遽予定を変更しまして、こちらの話題について語っていきたいと思います」 ブログ主(以下主) 「観たい映画もたくさんあるんだけれどなぁ…… 飯田橋で上映している『しゃぼん玉』とか、あとはナチスドイツ関連だと…

物語と戦争〜映画はどのように戦争を語るのか?〜

カエルくん(以下カエル) 「8月15日……今年も終戦記念日が来たね」 亀爺(以下亀) 「様々な思いを抱く人も多いじゃろうな。特に今年は日本周辺が非常にきな臭いことになっておる。 大国も近くにいる日本はなかなか難しい立ち位置にいることは間違いないの」…

君の名は。が大ヒットした理由の考察と、圧倒的なエンタメ性について考えてみた

カエルくん(以下カエル) 「……今回は久々に新作映画はとりあえずほっぽり出して君の名は。について語るのね」 ブログ主(以下主) 「しょうがないじゃん。また見たらさ、それだけでも大きな発見がいくつもあったし、そんな発見があったら書きたくなるし。案…

障害は萌えポイントになりうるのだろうか? 聲の形などが示した未来

亀爺(以下亀) 「ちょっとここで問題になりそうな記事をあげるのじゃな……」 ブログ主(以下主) 「本当は『サクラクエスト』か『放浪息子』かヴィルヌーヴ作品の感想記事を書こうかなぁ、と思っていたけれど、ちょっと興味深い話を見つけたので!」 亀「来…

『アニメ』ってなんだろう? 『アニメ』と『アニメーション』の違いって確かにあるよね

カエルくん(以下カエル) 「今回は『アニメとは何か?』ということを考えていく記事だということだけど……なんでこのタイミングでこのことを語るの?」 ブログ主(以下主) 「やりたいことは他にも幾つかあって、お嬢さんのレビューも書きたいし、もうだいぶ…

キンコン西野の『えんとつ町のプペル』無料公開騒動について思うこと

カエルくん(以下カエル) 「今日が直木賞の発表日だね (恩田陸の『蜂蜜と遠雷』が受賞しました! おめでとうございます!)」 ブログ主(以下主) 「……そうだな」 カエル「なのに、その当日の記事がこれでいいの? まだ5作中1作しかレビューしていないよ!…

江川、石田、井筒の君の名は。と新海誠に対する悪評に関して思うこと

カエルくん(以下カエル) 「2016年の映画界の話題の中心は、よくも悪くも新海誠だったような気がするね」 ブログ主(以下主) 「明らかに邦画、洋画を問わず、実写の映画よりも存在感を示したのがアニメ映画だったしな。シンゴジラもアニメ界に縁の深いスタ…

2016年のアニメ映画の大革命を総まとめ! 監督から鑑賞スタイルまで変化がたくさんありました。

カエルくん(以下カエル) 「結構何回か語ってきたけれど、最後にまとめとしてこのことについて語っていこうか」 ブログ主(以下主) 「やっぱり2016年はいろいろな意味でアニメ映画の変換点だからなぁ……それはもちろん人気監督の変化もあるけれど、制作スタ…

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン』感想と批評 物語の抱える問題を突きつけた映画!

カエルくん(以下カエル) 「さあ〜て、今回は『映画妖怪ウォッチ』のお話だね」 ブログ主(以下主) 「…………」 カエル「ある意味では僕たちも妖怪みたいなものだから、すっごい人気者になったりして!」 主「…………」 カエル(あ、これ大絶賛か大批判のパター…

『この世界の片隅に』を人に薦めたくなる理由と、ヒットの要因について考察、解説してみた

カエルくん(以下カエル) 「このせか旋風止まらず、だね」 ブログ主(以下主) 「シンゴジラ旋風、君の名は。旋風の次はこのせか旋風か。オタク文化の象徴だったはずのアニメ、特撮がここまで支持されるなんて、一昔前は考えられなかっただろうな。 という…

物語における完成度ってなんだろう? 取捨選択のできている作品とそうではない作品の評価の違いについて考えてみた

カエルくん(以下カエル) 「ねえねえ亀爺。このブログでさ、よく『完成度』って言葉が出てくるけれど、実際完成度ってなんだと思う?」 亀爺(以下亀) 「……まあ、このブログで完成度という言葉を語る際は、映画が良くてテンションが上がっておることも多い…

2016年の映画と震災〜『シンゴジラ』と『君の名は。』と『この世界の片隅に』〜

亀爺(以下亀) 「今回は2016年を代表する映画をまとめて批評するんじゃな」 ブログ主(以下主) 「やっぱりさ、今年の邦画大豊作の中でも『聲の形』も含めて、この4作品は異常だと思うんだよ。 語り方は色々あるけれど……今回は『シン・ゴジラ』と『君の名は…

2016年アニメ映画の革命〜『君の名は。』と『聲の形』と『この世界の片隅に』と〜

カエルくん(以下カエル) 「今回は今年の日本アニメ映画の主役とも言える、3作品を語った記事だね」 ブログ主(以下主) 「やっぱり今年はこの3作品が特に注目を集めた(集めている)からな。あとはプラスして『シン・ゴジラ』もセットで語りたいけれど………

トランプ大統領とポリティカルコレクトネス〜トランプの『暴言』は許されるべきなのだろうか?〜

亀爺(以下亀) 「今回は話題の事柄を扱うのじゃな。久々の雑記というところかの」 ブログ主(以下主) 「初期の頃はこういう記事もよく書いたけれどね。最近は語りたい作品もたくさんあるし、映画批評も増えてきたから、書く必要性があまりなかったけれど、…