物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

『2019年の映画ベスト10を語り合おう! の会』in飯田橋 開催決定のお知らせ

 2019年の映画を振り返りながら語り合いませんか?

 

『映画をゆる〜く語る会』東京・飯田橋で開催します!

 当然ながら”物語る亀”が主催になります!

 ぜひとも東京近郊にお住いの皆様、ドシドシ参加してください!

 

 雰囲気としてはいつもの映画配信のようになると思います。

 

 

  • 2019年の新作映画を語り合おう!
    • ゲストとして人気映画ブロガーも来場予定!
    • 日時
    • 参加費
    • 参加人数
    • 開催場所
    • 持ち物
    • 参加資格
    • ※注意事項
  • 参加登録はこちらから!

 

 

続きを読む

アニメ映画『音楽』ネタバレ感想&評価! 全編ロトスコープである本作が成功した要因の素人考察

 

今回は世界でも高く評価されたアニメ映画『音楽』についての記事になります!

 

 

 

 

ちょっと独特なルックの作品ではあるよね

 

 

カエルくん(以下カエル)

「一足お先に新千歳空港国際アニメーション映画祭にて、長編コンペディションに日本代表みたいな形で入っていたために見ました」

 

「その意味では、劇場公開版とは多少違うらしいです。

 なお新宿武蔵野館では公開初週の土日は全回満席らしく、ヒットしていて嬉しいね!

 

カエル「ちょっと期間が空いたから記憶を蘇らせながらの感想になりますが、色々と……現代のアニメとの比較とか、語り口が幅広い作品でもあるので、純粋な作品評とは違うかもしれませんが、お楽しみください。

 では、記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • ロトスコープについて
    • ロトスコープとは何か?
    • リミテッドとロトスコープの相性の悪さ?
    • ”実際の動き”と”空想の動き”の相性
    • 日常の動きに宿るロトスコープの違和感
  • 今作のロトスコープが成功した理由とは?
    • 動きの違和感が発生しない作品
    • ”ロックの初期衝動”を完璧に描写した作品へ
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『カイジ ファイナルゲーム』ネタバレ感想&評価! 少しは期待しただけに、シリーズ最低の出来に唖然としてしまう…

 

今回は原作もスピンオフが作られrほど大人気な作品『カイジ3 ファイナルゲーム』の感想記事になります!

 

 

 

 

8年ぶりくらいになる作品じゃな

 

 

カエルくん(以下カエル)

「むしろ実写映画が公開された2010年頃から考えると、カイジ人気は高まる一方でギャンブル漫画の代表格みたいになったけれど、実写映画は久々なんだね」

 

 

亀爺(以下亀)

「豪華役者陣の事情もあるのかもしれんの。みんな売れっ子なのに加えて、一部キャストは当時と立場が大きく異なるから、作品作りができんかった事情もあったりなかったりするのかもしれんな」

 

カエル「ちなみに、今回は原作未読、映画は1、2を観た上での感想になります!

 予めご了承ください」

亀「ということで、記事を始めさせてもらおうかの」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • カイジ 1、2の評価について
    • 役者について
  • 以下ネタバレあり
  • カイジ3の欠点
    • ① 注目キャラクターの不在〜誰が主役なのか?〜
    • ② 説明しすぎな物語
    • ③ 壮大すぎる設定

 

続きを読む

映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ感想&評価! 大絶賛の嵐も納得も、韓国映画の苦手な部分もちらほら……

 

今回は話題騒然の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の感想記事です!

 

 

 

先行上映で鑑賞しました

 

 

カエルくん(以下カエル)

 「先に語っておきますが、今作は『ネタバレ禁止令』が出ていますが、記事の性質上どうしても触れなければいけない部分もあります。

 だから、お話の展開には極力触れないようにしながら語っていきます」

 

「いつも通りのやり方ですね。

 なるべく真っさらな状態で見て欲しいかな」

 

カエル「色々なご意見があるでしょうが、内容の直接のネタバレ、あるいは展開をバラす意図はないとご了承ください。

 それでは……感想記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • ”どんでん返し”を煽りすぎ? な映画
  • 作品の見どころについて
    • 本作の巧さ① 空間の見せ方
    • 本作の巧さ② 娯楽性優先の物語
    • 本作の巧さ③ 巧さを感じさせすぎないように”外す”見せかた
  • 以下ネタバレあり
  • 本作の違和感
    • 韓国映画のエンタメ性
    • 終盤の展開への疑問
    •  成功者は恨まれる対象なのか?
    • まとめ

 

 

続きを読む

ドキュメンタリー映画『さよならテレビ』 ネタバレ感想&評価! この映画が提示する”テレビの今”を考える

 

皆さま、あけましておめでとうございます

 

 

 

おめでとうございます

 

おめでとうございます

 

 

カエルくん(以下カエル)

「本年も映画やアニメ作品などの感想を中心にいろいろと語っていこうと思いますので、ご贔屓のほどを宜しくお願い致します」

 

亀爺

「今回は2020年最初の映画レビューということで、1月2日公開され、2019年最初に上映された『さよならテレビ』の話をしていくぞ」

 

 

カエル「新年1発目はドキュメンタリー映画からのスタートになります。

 とは言っても、新年最初というだけが理由ではなくて、うちでも2017年に高い評価をした『人生フルーツ』『ヤクザと憲法』などの傑作を生み出している東海テレビということもあり、非常に楽しみにしている作品でもあります!」

亀「というわけで、感想記事を始めるとするかの」

 

  • 作品紹介
  • 感想
    • 見事なエンタメ力を発揮した構成能力
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • キャラクター性バツグンの3人組
    • 本作のテーマと演出と”テレビ感”
    • 東海テレビの大きな問題の描きかた
    • 本作が持つ構造が描き出した”問い”
    •  最後に

 

 

続きを読む

書き初め『肉屋のオヤジは今日も笑う』

 うまい焼肉屋がある、と風の噂に聴いたから、ボクはバイクを走らせた。

 

 たかが焼肉のために冬の北風が体を強く煽る中、バイクで片道2時間の距離を走り抜け、名前も聞いたことがないような片田舎に来るのはさすがに酔狂が過ぎると自分でも思う。だけれど、それでもこの店の焼肉は一度食べたら忘れられないという評判があちらこちらから流れていたとあっては、寒空の下でも行くのが筋というものだろう。ただ、不思議なことにグルメブログ仲間やライターの友人に聞いても、誰からも実際に食べたという話は聞けなかった。

 幻の焼肉屋……きっとこの店を紹介するときは、そんな煽り文句が週刊誌のグルメ特集でデカデカと表記されるのだろう。だが、実際に食べてみれば田舎にしては品質がいいレベルとか、あるいは老夫婦が営んでいて不定期な営業で品質がバラつく、なんてことになってしまい、肩透かしなことも多い。それでも不発に終わるとしても、うまい肉があると聞けば即座に向かうのが、我々の性分というものだ。

 

続きを読む

2019年新作映画ランキングTOP30! アニメ映画大豊作の1年を制したのは!? 

 

 

それでは! 2019年の年間新作ランキング発表です!

 

 

 

今年も多くの作品が世の中に出てきたの

  

年間で鑑賞した158作品の頂点には立つのはどの作品かな?

 

 

カエル「それでは早速ですが長くなりますので記事のスタートです!」

 

 

  • ルール説明
  • 30位から20位まで
    • ここまでを振り返って
  • 20位から11位まで
    • ここまでを振り返って
  • 10位から4位まで 
    • ここまでを振り返って
  • TOP3の発表!
    • 第3位
    • 第2位
    • 第1位 
    • 総評

 

続きを読む

テレビアニメ『ヴィンランド・サガ』全話(24話最終回)ネタバレ感想 間違えだらけのトルフィンを救ったアシュラッドの思い

 

今回はテレビアニメ版の”ヴィンランド・サガ”の感想になります!

 

 

 

 

原作も大好きだから、熱心に見た作品だね

 

カエルくん(以下カエル)

「アニメ化する際には本当に驚いたけれど、予想以上のハイクオリティで仕上げてくれて感謝だね」

 

「その辺りもこれから話すけれど、テレビアニメとしてはそこまでケチがつかない作品になったのではないだろうか?」

 

カエル「うちは原作を最新刊まで読んでいますので、この先のネタバレはしないつもりはありますが、言外のニュアンスから読み取れるものもあるかもしれません」

主「こればっかりはどうしようもないかなぁ……

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • エンタメと残虐のギリギリをつく描写の数々
  • トルフィンの過ちと幸運
    • 運命を断ち切った男、アシェラッド
    • 間違いだらけのトルフィンの幸運
    • 最後に

 

 

続きを読む