物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

発売中!『現実で勇者になれないぼくらは異世界の夢を見る』の内容などを一部ご紹介します!

 

今回は少し遅くなりましたが1000記事記念として、重大発表があります!

 

ついに、以前から紹介していた書籍の発売日などの詳細が決まったぞ!

 

 

カエルくん(以下カエル)

「長らくお待たせしましたが、告知をさせていただきます」

 

亀爺(以下亀)

「色々と書籍についても紹介したいと思うので、みなさま、是非たくさん買っていただきたいところじゃな」

 

カエル「それでは、紹介記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介
    • 本の内容について
    • 本のもくじ
  • 書き終わっての作者感想
    • 達成したこと
    • 反省点(しょうがない点も含めて)
    • 人生で1つの目標として

 

続きを読む

<考察>『天使のたまご』ネタバレ感想&解釈 押井守の難解作に込められた意味を独自解釈で読み解く

 

今回は旧作の『天使のたまご』の感想&考察・解釈披露の記事になります!

 

いやー、久々に観たけれと、語りたいことが大いにある作品だったね!

 

天使のたまご

 

カエルくん(以下カエル)

押井監督が好きだから、かなり昔に鑑賞したけれど、その当時は『???』という印象しかなかったような気がするかなぁ

 

やっぱり、映画やアニメをたくさん語ってきたことで、色々と読み解く力が出てきたのかもしれないな

 

カエル「色々と難解な作品だけれど、明確な答えが見つかったの?」

 

主「そうだね。

 ただし、これから語るけれど、今回の解釈を”正解だ!”と豪語するつまりはありません。

 あくまでも解釈の1つだとして、捉えてください」

 

カエル「それでは、記事のスタートです!」

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 感想
    • 『物語を語る』ということが持つ意味〜ストーリーは果たして重要なのだろうか?〜
    • 本作を楽しむために重要な姿勢
  • 作品の解釈について
    • 今作に用いられた宗教的モチーフ
    • 処女懐胎と救世主の誕生を夢見る少女
    • なぜ青年はあのような行動に出たのか?
    • 本作が問いかけた『神話の終わり』
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

️<絶賛!>映画『灼熱の魂』ネタバレ感想&評価! ヴィルヌーヴの作家性全開! 必見の名作です

初出 2017年10月17日  改訂 2022年8月12日

 

なんだか、久々に洋画を扱う気がするの。ここ最近はアニメに次ぐアニメばかり語っておったし……

 

あれ、もしかしたら『ダンケルク』以来の洋画の記事になるのか? ここ最近はアニメ映画が多かったとはいえ……確かに久々かも

 

灼熱の魂 [DVD]

 

亀爺(以下亀)

まあ、半分以上アニメ記事ばかりじゃからな

 

亀「特に洋画に関しては詳しい人がいくらでもいるから、改めて主みたいな門外漢が語ることもないじゃろう。来月から洋画の大作がたくさん公開されるが、それだってどうするか決まっておらんのが実情だからの

 

ブログ主(以下主)

どうせみんな『このブログはアニメ記事だけ見ればいいや』とか思っているんでしょ……知っているよ、洋画だってそこまで詳しいわけじゃないしさ……

 

主「でもね、ヴィルヌーヴは別なんだよ!

 自分が心から『好きだ!』って叫びたくなる監督って洋画ではヴィルヌーブなんだよ!

 

過去に幾つかの作品を語っておるが、今回この作品を選んだ理由は何になるのかの?

 

単純に大好きだから!

 

主「オールタイムベストを選ぶとしたら、間違いなくこの作品は10作品の中に入ってくるだろうし、1位に選ぶ可能性だってある。

 もちろん、他にも名画が……アニメ、邦画、洋画を問わずにたくさんあるから簡単には言えないけれど、それほどまでの作品だからだよ。

 今回はヴィルヌーヴや洋画ファンの中では評価の非常に高いこの作品がいかに優れているのか、その点について語り明かしたいと思います!」

 

亀「ブレードランナーの新作もあるからの」

 

主「ちなみに、先に言っておくと自分は『ブレードランナー2049』は2017年でNo1の傑作になると思っているし、ヴィルヌーヴの代表作であり、またSF業界を一変させるとすら思ってます!

 

亀「……ファンの贔屓目込みじゃがな。今年そう語った作品もたくさんあったが、それだけの期待を寄せている作品であるのは間違いないじゃろう。

 では『灼熱の魂』について語るとするかの」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 情報量の制御
    • ヴィルヌーヴの作家性
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 序盤の問答
    • 大学の講義
  • 生まれてくる子供と……
    • 連鎖する悪夢
  • 母と子
    • 娘と息子の旅
    • 全てを内包した愛
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

 

続きを読む

<普通>映画『TANG タング』ネタバレ感想&評価! ニノとTANGの可愛らしい2人旅を楽しもう!

 

今回は『TANG タング』の感想記事になります!

 

このようなタイプの実写邦画は、久々な気がしてくるの

 

映画「TANG タング」オリジナル・サウンドトラック

 

カエルくん(以下カエル)

ジュブナイルSFって感じで、夏にこういったファミリー映画があると、少し安心するというか

 

亀爺(以下亀)

それだけで応援したくなる気持ちがあるの

 

カエル「今回は嵐のニノが主演ということもあって、この夏の作品として注目している方も多いのではないでしょうか?」

 

亀「しっかりとレビューしていこうかの。

 それでは、記事のスタートじゃ」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 良かった点
    • 良かった点 とても可愛らしいTANGのキャラクター像
    • 良かった点② VFXを用いた世界観の設定や映像
  • 評価が分かれそうなポイント
    • ポイント① よくいえば万人向け、悪くいえば攻めない物語性
    • ポイント② 予算の問題? の映像表現
    • ポイント③ 役者の演技について
  • 以下ネタバレあり
  • 今作の大きな疑問点
    • TANGの扱いについて
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<良作>映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ感想&評価 100億の鍵は娯楽全振りの”中身のなさ”!?

 

今回はかなり公開から時間が経ちましたが『トップガン マーヴェリック』について語っていきます!

 

これは2022年の大ヒット作品として語っておかないといけないかな

 

トップガン マーヴェリック:オリジナル・サウンドトラック (通常盤)(特典:なし)

 

カエルくん(以下カエル)

今更ながら、なんで語ろうと思ったの?

 

元々、そんなに語ることはないだろうなぁ……と感じていたんだよ

 

カエル「大ヒット作品=語ることが多い作品、ではないからね」

 

主「熱い洋画ファンが多いだろうし、自分はアニメに全振りしてもいいかなぁ、とか思っていてさ。そんなに思い入れがあるタイトルじゃないし。

 でもこれは観とかなきゃいけないぞ! ってなことで鑑賞して、思いの外語りたいことが多かったので、今回遅ればせながら語りました

 

カエル「なるほど……それでは、記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
    • 1作目の『トップガン』について
  • 作品考察
    • 『トップガン マーヴェリック』の"中身がない"強さ
    • トム様かっこいい!に満ちた作品〜なろう系の同じ構造〜
    • 最後に

 

続きを読む

<良作紹介>『雨を告げる漂流団地』紹介レビュー! 石田監督の待望の新作も心躍る夏映画に!

 

今回は『雨を告げる漂流団地』の紹介記事になります!

 

基本的にはネタバレなしで書いていこうと思うぞ!

 

雨を告げる漂流団地 (角川文庫)

 

カエルくん(以下カエル)

今回は配信・劇場公開前に先行で見させていただいたので、その紹介の記事ということになります!

 

亀爺(以下亀)

なのでネタバレはなし、褒め重視のレビュー記事となっておるぞ

 

カエル「まあ、でも実は先に言ってしまうと、かなり好みな作品だったので、元々褒める箇所ばかりになるのですが!」

 

亀「今回は多くの人にその魅力を知ってほしいと思っておる。

 特にオリジナルアニメ映画は情報が少なくなってしまいがちじゃからの……

 少しでも鑑賞の手助けになると、嬉しいの。

 それでは、記事のスタートじゃ!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 注目ポイント・魅力紹介!
    • 注目・魅力ポイント① 石田監督とスタジオコロリド
    • 注目・魅力ポイント② 動と静の魅力
    • 注目・魅力ポイント③ 映像や音楽の奥行き
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<辛口>『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ感想&考察! ウタとルフィの最大の違いと今作が描いた”自由”とは!?

 

それでは『ワンピース フィルムレッド』の感想&考察記事とまいりましょう!

 

この記事は直接的なあらすじ紹介はしませんが、一部ネタバレありで語っていきますので、ご容赦ください

 

ウタの歌 ONE PIECE FILM RED

 

 

カエルくん(以下カエル)

ちなみに、ネタバレなしのレビュー記事が読みたい方は、以下の記事を参照してください

 

こちらの記事は全編ネタバレありの記事になっています

 

blog.monogatarukame.net

 

カエル「それでは、早速ですが記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
  • 作品の辛口感想
    • シリーズ映画の壊す部分と、残す部分の選択
  • 本作の構造的な欠点
    • 際立つ意味と止まる流れ
    • ウタの魅力〜おじさんではないキャラクターの難しさ〜
    • オリジナルキャラクターを映画で出す難しさ
  • 作品考察〜今作がテーマとして描いたもの〜
    • 今回の能力が示すこととは?
    • 今作でAdoを起用したことで持つ意味
    • 谷口監督のインタビューから考える
    • 新時代とは何か?〜ルフィが目指すものと、ウタが目指した時代〜
    • 最後に
  • 関連商品紹介!
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら
続きを読む

<レビュー>映画『ONE PIECE FILM RED』感想&評価! この夏最大の熱さを与えてくれる作品が登場!

 

今回は『ONE PIECE FILM RED』の紹介記事になります!

 

基本的にはネタバレなし・褒め重視で書いていこうと思うぞ!

 

ONE PIECE FILM RED (JUMP j BOOKS)

 

カエルくん(以下カエル)

今回はこの夏でも最注目のアニメ映画ということもあり、爆発的なヒットを記録しているね!

 

亀爺(以下亀)

さすがは大人気アニメ映画、ワンピースというところじゃな

 

 

カエル「ここ最近はアニメ映画の人気がさらに爆発している印象もありますが、もしかしたら年間最大ヒットもありうるのではないでしょうか?」

 

亀「それだけ注目度の高い作品だけに、しっかりとレビュー・紹介をしていこうと思うぞ。

 それでは、記事のスタートじゃ!」

 

ネタバレありの記事はこちら

blog.monogatarukame.net

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 今作の魅力紹介!
    • 今作の魅力① 圧倒的な歌唱&ライブシーン!
    • 今作の魅力② あのシャンクスが絡んだ物語に!
    • 今作の魅力③ シャンクスだけじゃない!? びっくりするような人物が登場!
  • 気になる興行収入は?
    • 最後に
  • 辛口のネタバレ映画感想&考察記事はこちら
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む