物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

発売中!『現実で勇者になれないぼくらは異世界の夢を見る』の内容などを一部ご紹介します!

 

今回は少し遅くなりましたが1000記事記念として、重大発表があります!

 

ついに、以前から紹介していた書籍の発売日などの詳細が決まったぞ!

 

 

カエルくん(以下カエル)

「長らくお待たせしましたが、告知をさせていただきます」

 

亀爺(以下亀)

「色々と書籍についても紹介したいと思うので、みなさま、是非たくさん買っていただきたいところじゃな」

 

カエル「それでは、紹介記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介
    • 本の内容について
    • 本のもくじ
  • 書き終わっての作者感想
    • 達成したこと
    • 反省点(しょうがない点も含めて)
    • 人生で1つの目標として

 

続きを読む

劇場版 Free! the Final Stroke 前編 ネタバレ感想&評価 最終章も京アニの映像技術は完璧!

 

今回は『劇場版 Free! the Final Stroke 前編』の感想記事となります

 

 

 

前編だけの評価ということもあり、少し短めの記事となるぞ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「京アニがほこる女性向けアニメシリーズの金字塔であるFreeもついに最終章!

 というわけで、見に行ってきました」

 

亀爺(以下亀)

「このシリーズは映画も充実しているから、追いやすくて嬉しいの」

 

 

カエル「なんだかんだで追いかけてきたからね。

 あんまり女性向けの、男性たちがわちゃわちゃするスポーツモノって苦手な部分もあるけれど、本作はその嫌悪感もほとんどなく観れたよね。

 その意味では、男性にも女性にも愛されるシリーズだと思います」

 

亀「特に水の表現なども話題になったからの。

 ではでは、早速感想記事のスタートと行こうかの」

 

  • 感想
    • 映像表現について
    • 物語について

 

続きを読む

<普通>映画『アーヤと魔女』ネタバレ感想&評価! 悪い作品ではないが、ジブリがこれのレベルで本当にいいのだろうか?

 

今回はNHKでも放送された『アーヤと魔女』の劇場版について感想記事になります!

 

 

 

そういえば、ちょっと前にそんな放送をしていたのぉ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「一応録画して、後で見ればいいや! でずっと置いていて今に至るって感じではあるね」

 

亀爺(以下亀)

「その意味では、アーヤと魔女の初見の記事となるわけじゃな」

 

カエル「あのスタジオジブリの最新作としてどのような評価になるのか、それでは記事を始めましょう!」

 

  • 感想
    • CG表現の硬さの違和感
    • 中身のない物語と児童搾取とも受け取れる描き方について
    • 音楽・声優について

 

続きを読む

実写映画『かぐや様は告らせたい2 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ感想&評価 思ったよりは悪くないが……

 

今回は『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』 の感想記事になります!

 

 

 

まあ、そこまで大きな期待はしないでいくかの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「でもさ、こちらは大ヒットを記録していて、興行収入もこの夏大作が多い中で初週1位を獲得するなど、注目度もある作品です!」

 

 

亀爺(以下亀)

「……映画好きの多いわしのTwitterのタイムラインでは、ほとんど感想を見なかったがの」

 

 

カエル「まあ、そういう映画好きに受けそうな作品は他にいっぱい公開されていたしねぇ。

 その中でも興行的には結果を出しましたし、前作も鑑賞したので今回も鑑賞して見ました。

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 役者について
    • 体育祭編・文化祭編の描き方
    • 監督の集大成的な作品に?

 

続きを読む

<良作!>映画『ザ・スーサイド・スクワッド2 “極”悪党、集結』ネタバレ感想&評価! スースクらしい悪党たちの魅力に震えろ!

 

今回は『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』 の感想となります!

 

 

 

久々の洋画大作の記事かもしれんの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「うちはどちらかといえばアニメに強くて、洋画は苦手だからね……

 特にヒーロー映画は相性が悪いけれど、悪党の物語だからそれなりに相性が合うかもしれないね」

 

亀爺(以下亀)

「洋画ファンの意見ではなく、単なる1映画好きの意見として読んでほしいという思いが強いかの」

 

カエル「ただ、今回は褒めが中心となりますので、そこまで変なことにはならないんじゃないかな?

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 物語について
    • 吹き替え版について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 序盤について
    • 意外と多かったポリコレ要素
    • 悪党の物語だからできた、アメリカという国に対する皮肉
    • ジェームズ・ガンの禊となる物語
    • 最後に

 

 

続きを読む