物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

映画『劇場版ブルーロック EPISODE 凪』紹介&感想‼️ "イカれた"サッカーアニメのキャラクター表現に注目!

 

今回は2024年4月19日に公開する『劇場版ブルーロック EPISODE 凪』の紹介&感想記事です!

 

うちもめちゃくちゃハマっている作品じゃな

 

ポスター画像

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

 

 

カエルくん(以下カエル)

原作も3000万部突破している大人気サッカー漫画です!

 

亀爺(以下亀)

独特の設定に賛否があるが、公式も”イカれた”と言っているから、むしろそこも強みじゃな

 

カエル「サッカー×デスゲームってコンセプトだろうし、サッカーが好きだと否定したい描写もあるだろうしね」

 

亀「だからこそ面白いという意見もあるんじゃろうけれどな。

 今回はその劇場版を試写会で鑑賞したので、その紹介記事を書かせていただくとするかの。

 それでは、記事のスタートじゃ!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、はてなブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 映画版の重要性
  • TVシリーズについて
    • キャラクター漫画・アニメとしての構造
    • TVアニメシリーズの難しさと重視したもの
    • 映画ならではの魅力

 

 

 

ChatGPTによるこの記事のまとめ

  • 映画『ブルーロック -EPISODE 凪-』は、TVシリーズと原作を経て、特に凪誠士郎の視点から物語が描かれる。この映画は半分総集編のような形式を取りながら、新しい味わいを提供し、キャラクターの印象を変える可能性がある。
  • サッカーというテーマを取り扱いながら、キャラクター間の濃厚な関係性と感情を描いている。この作品はキャラクターの魅力が優れており、サッカーに興味がない視聴者でも楽しめる要素が豊富に含まれている。
  • アニメはキャラクターの感情表現や関係性に焦点を当てている。映画版では、特に凪の感情とその周囲との関係性にスポットを当てており、その魅力を最大限に引き出すために映像技術を駆使している。

 

 

続きを読む

<激辛!>映画『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』ネタバレ感想&評価! コナンシリーズの悪いところが出尽くした作品なのかなぁ

今回は『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』の感想記事となります……

 

毎年恒例のコナン映画ですね!

 

小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 100万ドルの五稜星 劇場版 名探偵コナン

 

カエルくん(以下カエル)

うちはコナン映画に対して辛口な傾向があるのですが、今回は”超辛口”記事になります

 

ある意味では、単純な罵詈雑言よりも酷いと感じる人がいるかもしれないね

 

 

カエル「なので、この記事はある程度許容できる人のみが読んだ方いいと思います」

 

主「一応言っておくとコナンシリーズは原作を50巻くらいで止まっていて、毎年映画を観ているけれど、そこまで積極的に追っていないタイプです。

 なので基本的な設定などは知っているけれど、アニメ映画好きであって、コナン好きではないオタクの意見だと受け止めてください。

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
    • 永岡智佳監督について
  • コナン映画の特徴と課題
    • コナン映画を構成する3要素
    • コナン映画の変化
    • 作劇の難易度が上昇している
    • 変化することも難しいコナン映画
    • 青山剛昌ユニバース

 

続きを読む

<辛口>『デデデデ 前章』紹介&感想 アニメで原作の魅力を発揮するのは難しいか…?

4月15日に有料部分を解除しました

 

 

今回は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章』の紹介記事になります!

 

長くて噛みそうなタイトルじゃな

 

(C)浅野いにお/小学館/DeDeDeDe Committee

 

カエルくん(以下カエル)

今回は試写会で鑑賞しましたが、登壇された方たちも、よく噛まないでいけるなぁ……と感動するよね

 

亀爺(以下亀)

さすがプロじゃのう…わしならば、デデデ大王と同じイントネーションで喋ってしまうかもしれん

 

カエル「今回は紹介を中心とした記事となります。

 なお、後半には感想を載せています」

 

亀「公開前に執筆したので、紹介が中心となっておる。

 感想は後半になるぞ」

 

それでは、紹介記事のスタートです!

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 紹介マンガ
  • X(旧Twitter)の短評
  • 詳しい紹介
    • 浅野いにおについて
    • 『デデデデ』について
    • スタッフについて
    • キャストについて
  • 以下感想パート
    • 感想に入る前に
  • 感想
    • 『デデデデ』という作品の魅せ方と構造
    • 原作と比較して
    • 世界観の表現の難しさ
    • どんな思想を語るのかが不在なのでは?
    • 映像表現と演技について
    • 最後に

 

 

 

続きを読む

<絶賛>『ブルーロック』原作11巻までの感想 王道と邪道の融合とキャラクター設定の魅力を探る

 

今回は『映画:劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の公開に備えて、原作を読んでいるのでその感想を語っていきましょう

 

まずはキリがいいところでTVアニメ1期分(11巻ほど)までの感想としましょう

 

 

ブルーロック(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

カエルくん(以下カエル)

原作を読んでみて、ここまで面白かったんだ! ってびっくりしたね

 

TVアニメも全話見てハマっていたけれど、もっとハマった気分だよ

 

カエル「それでは、感想記事をスタートします!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
    • 11巻までのうまさ
  • 王道と邪道
    • 邪道を王道・正道に変えていく
  • 具体的な計算された上手さ
    • 『全ての読者がサッカーファンではない』という前提
    • キャラクター設定のわかりやすさ
    • 各試合の意味
    • 最後に

 

 

続きを読む

<辛口>映画『オッペンハイマー』感想&解説 長い!濃い!やりすぎ!

 

今回は『オッペンハイマー』の感想記事になります!

 

久々の洋画じゃな

 

ポスター画像

 

カエルくん(以下カエル)

……もしかして、1年ぶりの洋画じゃない?

 

亀爺(以下亀)

昨年はメンタルダウンしていたからの

 

カエル「アニメが中心とはいえ、びっくりするねぇ。

 ちなみに、うちはノーランに対しては……世間ほど熱狂していないです…」

 

亀「相性が良くない監督かもしれんの。

 その意味では、今回も冷静な視点になる気がするかの。

 それでは、さっそく記事を始めていくかの」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
    • 物語について
  • 原子力の研究開発の描写について
    • 原爆描写は妥当だったのか?
    • アメリカだからできる原爆研究の描写
    • 具体で描くことによる恐怖感の減退
  • 作品解説
  • オッペンハイマーが描いた赤狩りと、その背景について
    • 『紳士協定』が描き出した当時のマルクス主義の進歩性
    • マルクス主義は科学の信奉と宗教の否定
    • 赤を排斥しなければいけなかったアメリカ
    • トリニティ実験の名前の由来とオッペンハイマーの思想
    • アメリカの核開発とその被害者であるネイティブアメリカン
    • 多くのことは描写されているが……
    • 最後に

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

オリジナル漫画一覧(映画紹介漫画)

 

こちらは『物語る亀』が制作した漫画が一覧となったページとなります

 

筆者の井中カエルはプロデュース及び作品選定、脚本を担当しています

 

  • 最新作紹介
    • 「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒よ」
  • この記事の紹介
    • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章』
    • 『映画ドラえもん のび太の地球交響曲』
    • 映画『哭声 コクソン』
  • 過去に配信した漫画
    • 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』
    • 映画『秒速5センチメートル』

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

<良作>『映画おしりたんてい さらば愛しき相棒よ』感想&評価‼️ ミステリー&探偵作品として面白かった‼️

 

今回は2024年3月20日公開『映画おしりたんてい さらば愛しき相棒(おしり)よ』の紹介・感想記事になります!

 

試写会で鑑賞した作品じゃな

 

ポスター画像

(C)トロル・ポプラ社/2024「映画おしりたんてい」製作委員会

 

 

カエルくん(以下カエル)

2010年代に誕生した児童文学シリーズとしては、とても人気のあるシリーズだよね

 

亀爺(以下亀)

TVアニメなどをみているわけではないから、こういう形で新しい作品を知れるのは、とても嬉しいの

 

カエル「特に近年、児童・幼児向け作品が固定化する中で、今作のようなおしりという馬鹿馬鹿しい子どもが好きな下ネタとミステリーを加えた作品は、とても面白い試みですね。

 多分、このシリーズを記事にするのは初めてかな?

 それでは、紹介記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、はてなブックマークをお願いします!

 

 

  • 紹介マンガ
  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • おしりたんていの挑戦
  • 詳細な作品評価
    • 魅力① 相棒キャラクターのスイセン
    • 魅力② 物語について
    • 映像表現について

 

 

ChatGPTによるこの記事のまとめ

  • 『映画おしりたんてい』は予想以上の掘り出し物で、友愛やドラマ要素が含まれており、大人の視聴者にも魅力的な作品として評価されています。
  • 過去の作品と比較して明確な進化が見られ、フォーマットの更新を志向し、新しい挑戦を行った結果として、より深みのある内容になったことを示しています。
  • ゲストキャラクターのスイセンの存在と、子どもだけでなく大人も楽しめるレベルのミステリー要素が魅力。映像表現は児童・幼児向けに適切で、物語のテンポが速い点は意見が分かれるかもしれませんが、飽きさせない工夫がされている。

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む