物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

オリジナル漫画一覧(映画紹介漫画)

 

こちらは『物語る亀』が制作した漫画が一覧となったページとなります

 

筆者の井中カエルはプロデュース及び作品選定、脚本を担当しています

 

  • 最新作紹介
    • 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』
    • 映画『秒速5センチメートル』
    • この記事の紹介
    • 過去に配信した漫画一覧(現在はありません)

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

2024年3月1週目のエンタメ遅報! 映画・アニメ・ゲームなどの話題をまとめ!

 

毎週月曜日恒例にしたい『亀の歩みより遅い⁉️エンタメ遅報』のコーナーです‼️

 

3月1週目のエンタメ遅報になるの

 

 

カエルくん(以下カエル)

ついに1ヶ月は持ったね……このまま、まずは1週1週をしっかりとこなしていこうか

 

亀爺(以下亀)

……この企画は依存症脱出教室か何かか? いや、でも確かに主は糖質とスマホの依存症を治さないといけないのは確かかもしれんの

 

カエル「今回はニュースの数そのものは抑えめになります。

 それでは、早速記事を始めましょう!」

 

 

先週のエンタメ遅報はこちら

 

blog.monogatarukame.net

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 映画関連
    • 新幹線大爆破がNetflixでリメイク
  • アニメ・漫画関連
    • クランチロール・アニメアワード2024が開催、大賞は『呪術廻戦 第2期』
    • 中国国営テレビ AI制作のアニメーションを放映
    • 『ハニーレモンソーダ』がテレビアニメ化決定
    • 第2回『あかね噺の会』が開催決定
  • ゲーム・IT関連
    • 任天堂、switchの後継機情報が流れるも……
    • アイマスシリーズ新ブランド発表会が間近
    • Open AIへの裁判が多数発生、日本では著作権とAIについて議論も
  • 音楽関連・Vtuber関連
  • その他
    • お台場に新施設『イマーシブ・フォート東京 』がオープン
    • 最後に

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

<絶賛‼️>『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』感想&評価! 映像と音の融合が見事!

 

今回は『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)』の感想になります!

 

今年もドラ映画の季節がやってきたの

 

ポスター画像

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

 

カエルくん(以下カエル)

今年のドラちゃんは交響楽団ということもあって、音楽面でも注目度も高い作品だね!

 

亀爺(以下亀)

2映像表現だけでなく、どのような音楽を響かせてくれるのかも楽しみじゃな

 

カエル「まずは速報的にネタバレなしの評価を書いていきます!

 そのあとは追記しますので、少しだけお待ちください!」

 

亀「それでは、記事のスタートじゃ」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 音楽との融合の重要性
    • 物語について
    • キャラクター・声優について
  • 以下ネタバレあり
  • 映像表現の良さと物語表現の欠点
    • スタートの映像表現の魅力
    • 音楽シーンの面白さ
  • 以下有料パート
    • 物語上の難しさ・欠点
  • 欠点を補ってあまりあるメッセージ&テーマ
    • 音楽が生まれた時を想像してアニメーション化
    • 原初の音を大切にするメッセージ〜音を”鳴らす”と”奏でる”の違い〜
    • 最後に

 

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

ChatGPTによるこの記事のまとめ

  • 予想を超える映像美と音楽表現が融合した、突き抜けた面白さを持つ作品と評されています。今井一暁監督のもと、音楽と映像の素晴らしさが際立ち、感動を呼ぶ作品に仕上がっているとのことです
  • 物語のシンプルさと映像表現の複雑さが交錯し、音楽とアニメーションの組み合わせが観客に新たな体験を提供します。

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

<2024年3月22日公開>『デデデデ 前章』紹介&感想‼️

 

今回は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章』の紹介記事になります!

 

長くて噛みそうなタイトルじゃな

 

(C)浅野いにお/小学館/DeDeDeDe Committee

 

カエルくん(以下カエル)

今回は試写会で鑑賞しましたが、登壇された方たちも、よく噛まないでいけるなぁ……と感動するよね

 

亀爺(以下亀)

さすがプロじゃのう…わしならば、デデデ大王と同じイントネーションで喋ってしまうかもしれん

 

カエル「今回は紹介を中心とした記事となります。

 なお、後半には感想を載せていますので、そちらは有料となります」

 

亀「公開前なので感想に関しては早バレということで課金要素にしておる。

 感想パートの一般公開は4月2日を予定しているぞ

 

それでは、紹介記事のスタートです!

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • X(旧Twitter)の短評
  • 詳しい紹介
    • 浅野いにおについて
    • 『デデデデ』について
    • スタッフについて
    • キャストについて
  • 以下有料パート
    • 感想に入る前に
  • 感想
    • 『デデデデ』という作品の魅せ方と構造
    • 原作と比較して
    • 映像表現と演技について
    • 最後に

 

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

2024年2月4週目のエンタメ遅報! 映画・アニメ・ゲーム・Vtuber関連の話題をまとめ

 

毎週月曜日恒例にしたい『亀の歩みより遅い⁉️エンタメ遅報』のコーナーです‼️

 

4周目にもなれば、とりあえず三日坊主は脱出したと言っていいじゃろう

 

 

カエルくん(以下カエル)

決算シーズンは終わって、今週からは通常営業ってところなのかな?

 

亀爺(以下亀)

まだ4回目で何が通常なのかもわからんが……まあ、それはいい歳するかの

 

カエル「それでは、早速記事を始めましょう!」

 

 

先週のエンタメ遅報はこちら

 

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 映画関連
    • 『忍たま乱太郎』の新作アニメ映画が12月に公開決定!早くも盛り上がりを見せる
    • ロック様、リック・フレアーの伝記映画を制作へ!
    • 『化け猫あんずちゃん』アニメ映画化、監督は山下敦弘と久野遥子
  • アニメ・漫画関連
    • 週刊少年ジャンプで休載中だった『ルリドラゴン』が連載再開
    • 京セラ、新作アニメーションMVを発表
  • ゲーム・IT関連
    • 任天堂ダイレクトが放映、注目作が目白押し
    • 『テイルズ オブ アライズ』販売本数300万本突破
    • 桃鉄を通して小学生がプレゼンも、大人たちがガチ指導
  • 音楽関連
    • YOASOBI、アメリカ公演が30分で完売
  • Vtuber関連
    • 星街すいせい、デレステとコラボ
    • 猫又おかゆ、新曲MVを発表
    • 最後に

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

<紹介!>『漫才協会 THE MOVIE 舞台の上の懲りない面々』感想&評価 知られざる舞台芸人の世界へようこそ

 

今回は試写会で鑑賞させていただいた、2024年3月1日公開の『漫才協会 THE MOVIE 舞台の上の懲りない面々』紹介・感想記事になります!

 

漫才協会を扱ったドキュメンタリー映画じゃな

 

(C)「漫才協会 THE MOVIE 舞台の上の懲りない面々」製作委員会

 

カエルくん(以下カエル)

ナイツの塙宣之が初監督を務めるドキュメンタリー作品です!

 

亀爺(以下亀)

2お笑い芸人として、とても大きいことをしようとしている人じゃな

 

カエル「今回は試写会で鑑賞したのですが……物語があるタイプの映画ではないので、ネタバレのようなものは気にしなくていいと思います。

 どのような作品か、簡単に紹介していきましょう!

 

亀「お笑い芸人が注目を集めて久しいが、その舞台で活動する人々を追った作品になっておる。

 関西芸人が多い中で、関東の芸人がどのような活動をしているのか、それを理解することができると思うぞ」

 

実は、うちは一時期寄席の方だけれど、舞台の芸人を見ていた時期もあるんだよね

 

2落語に興味があった時に、寄席で合間合間に行われるイロモノとして見ていたの

 

カエル「新宿の末廣亭で落語の合間にロケット団とか、ぴろきなども観ていて、すんごい世界だなぁと感じたことを思い出すね」

 

亀「だからこそ、この映画はとても気になっていたので試写会にも行ってみたわけじゃな。

 それでは、感想記事のスタートじゃ」

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 作品紹介
  • 感想
    • 漫才協会を盛り上げたいナイツ・塙
    • 舞台に立つ芸人たちのドラマが見どころ
    • 他にも感じたこと

 

 

ChatGPTによるこの記事のまとめ

  • 映画は、テレビとは異なる生活感あふれる漫才師たちの世界を浅草の東洋館で描き、お笑い文化の根幹を支える舞台の重要性と人間ドラマを強調しています。

 

  • 初監督の塙は、テレビ番組での企画などを通じて漫才協会を盛り上げる努力をしており、この映画もその一環として制作されました。映画は、舞台に立つ芸人たちの生き様や人間ドラマに焦点を当て、漫才というエンターテインメントの背後にあるリアルなストーリーを描き出しています。

 

  • この映画は教育的な要素も含み、漫才協会のアピールが強いと感じられる作品で、テンポの一貫性が間延び感を生んでいる可能性がある。しかし、はまこ・テラこのストーリーが印象的で、漫才協会や舞台芸人への理解を深める上で価値のある作品として評価されています。舞台芸人への興味がある視聴者には特にお勧めの内容となっています。

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む

ポケモンはなぜ世界一にヒットしたのか? エンタメビジネスの秘密と”ワクワク感”

 

今回はポケモンについて語るということだけれど……

 

今更といえば、今更な記事かもしれんな

 

帰ってきた 名探偵ピカチュウ -Switch

 

カエルくん(以下カエル)

もはや誰もが認める日本を代表するコンテンツだし、世界でもトップクラスの人気者だよね

 

亀爺(以下亀)

わしらもそうなってみたいものじゃな

 

カエル「……言うほどなりたいかなぁ。

 それで、今回はどんなことを語るの?」

 

亀「最近、主がよく『ワクワクしない』と語るじゃろう?

 では、逆にワクワクするエンタメビジネスとは、どういうものなのか? という話じゃな」

 

カエル「……Vtuberじゃないんだ」

 

亀「Vもワクワクするビジネスじゃが、もうしつこいくらいに語ったかもしれんから、別視点じゃな。

 むしろ、新規ビジネスではない分だけ、ポケモンの方が多くの方にわかりやすいかもしれん。

 それでは、記事を始めていくかの」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • なぜポケモンは世界的にヒットしたのか?
    • 過去のポケモンのメディアミックス
    • なぜポケモンのメディアミックスが大ヒットしたのか?
    • 権利関係がクリアされていること
  • ”ワクワク”するポケモンの展開
    • ワクワクするとは何か?
    • ① YouTube展開
    • ② Netflix展開
    • ③ アプリゲーム展開
    • ④ 新たなゲームの展開
    • 重要なのは”製品”ではなく”IP”

 

 

chatGPTによるこの記事のまとめ

  • この記事では、ポケモンのメディアミックスの成功とその背景について考察されています。ポケモンは、ゲーム、漫画、アニメ、劇場版など多岐にわたるメディアミックスで長年にわたり成功を収めてきており、同時にポケモンが他のIPと異なる大きな点は、権利関係がクリアであることです。
 
  • この記事では、ポケモンの様々な展開とそれがファンにとってどのように"ワクワク"を提供しているかについて語られています。YouTube展開、Netflix展開、アプリゲーム展開 、新たなゲームの展開を通して、ただ単に商品を売るのではなく、IPとしての魅力を最大限に活かし、ファンに新しい体験や"ワクワク"を提供し続けている。

 

  • 重要なのは、「製品」ではなく「IP」そのものの価値をいかに拡大し、多様化させるかという点です。

 

 

 

続きを読む
この続きを読むには
購入して全文を読む