物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

発売中!『現実で勇者になれないぼくらは異世界の夢を見る』の内容などを一部ご紹介します!

 

今回は少し遅くなりましたが1000記事記念として、重大発表があります!

 

ついに、以前から紹介していた書籍の発売日などの詳細が決まったぞ!

 

 

カエルくん(以下カエル)

「長らくお待たせしましたが、告知をさせていただきます」

 

亀爺(以下亀)

「色々と書籍についても紹介したいと思うので、みなさま、是非たくさん買っていただきたいところじゃな」

 

カエル「それでは、紹介記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介
    • 本の内容について
    • 本のもくじ
  • 書き終わっての作者感想
    • 達成したこと
    • 反省点(しょうがない点も含めて)
    • 人生で1つの目標として

 

続きを読む

テレビアニメ『Vivy』全話ネタバレ感想 映像表現は一級品だがテーマやSF描写が迷子になってしまった印象も

 

今回はオリジナルテレビアニメ『Vivy -Fluorite Eye's Song-』の感想記事になります!

 

 

 

どちらかというと文句が多い記事になるので、そこは注意してほしい

 

 

カエルくん(以下カエル)

「制作がWITスタジオということもあるし、特にオリジナルテレビアニメだからこそ、楽しみにして見ていました!」

 

亀爺(以下亀)

「一応スマホで見るようなこともせず、綺麗が画質で最終話まで楽しませてもらったの」

 

カエル「それでは、早速記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • SF表現の曖昧さ
    • 過激な要素を詰め込んだ物語

 

続きを読む

映画『閃光のハサウェイ』1章ネタバレ感想&評価! ハサウェイとマフティ、複雑な2つの顔を持つ男を描き抜く作品に

 

今回は『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の感想記事になります!

 

 

 

 

公開延期を経て、ようやくといったところかの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「今回はBDの発売や、ガンプラの発売などもあって劇場も大混雑ということで、やはり人気の高さを伺えるね」

 

亀爺(以下亀)

もはや宇宙世紀は大河ドラマじゃからの。

 しかも、オールドファンが特にアニメ化を待望していた『閃光のハサウェイ』ということで、盛り上がりも期待大、といったところかの。

 どうやら初日だけで1億円越えの大ヒット、ガンダムシリーズ歴代最多の20億円超えも見えてきたということらしいし、この勢いが続くかもしれんな」

 

 

カエル「さすがはロボットアニメの金字塔、その影響力は今も健在どころか、なお増すばかりといったところだろうね。

 それでは、記事を始めましょう!」

 

  • 感想
    • 世界目線を狙いにきたガンダム?〜垣間見えるビジネス面の戦略〜
  • 作品考察
    • 社会と戦争を描くガンダムシリーズ
    • ハサウェイ・ノアの描き方
    • MS戦闘について
    • 最後に〜軽く声優について〜

 

続きを読む

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ感想&評価! 単体としては悪くないものの基になった追憶編と比較してしまうと、どうしても気になる点が多数……

 

今回は『るろうに剣心 最終章 ビギニング』 のネタバレ感想記事になります!

 

 

 

 

前作は褒めが多めじゃったが、さて今回はどうなることか

 

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 

カエルくん(以下カエル)

「ちなみに、今回の記事は今作の基となったOVAのアニメ『るろうに剣心 追憶編』と比較した記事になりますので、ご承知おきください」

 

亀爺(以下亀)

「半分くらい追憶編の話をしておるの」

 

カエル「それくらい好きな作品なので……逆に言えば、追憶編を参考にしないと何も語れない、語りづらい作品でもあるんだよね……

 それでは、記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 追憶編について
    • 追憶編と比較した場合、全く完成度に劣るBeginning
    • 役者について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 物語について
    • 演出面について
    • 最後に

 

 

続きを読む

<絶賛!> 映画『映画大好きポンポさん』ネタバレ感想&評価! 映画を愛する全ての人々に見てほしい賛歌の誕生!

 

今回は『映画大好きポンポさん』の感想&考察記事となります!

 

 

 

 

試写会が当たったので、映画館で見てきました

 

カエルくん(以下カエル)

「うちが試写会に当たると、興行的には苦戦するというジンクスもあるんですが……」

 

「単純にばら撒いた試写会の量が多くて、応募した人数が少ないから、自分みたいな運がない人でも当たるということなのかもしれない……って、それこそオカルトだけれどな」

 

 

カエル「でもさ、この作品は1週目、2週目で原作を配るとかあるし、見てもらえば評判になる! と言う思惑は伝わってくるんだよね。

 実際、結構クチコミもいい評価ばかりだし」

 

主「公開延期が相次いでアニメ映画も大渋滞だし……それこそ大変だよねぇ。

 多くの人に見てもらいたい作品だけに、しっかりと応援したいね。 

 と言うわけで、感想記事のスタートです!」

 

この記事が面白かったら、ブックマーク、ツイートなどの拡散をお願いします!

 

  • 感想
    • 嘘のない物語
    • 編集・原作からの翻訳が上手い作品に
    • 役者・声優について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察〜嘘のない物語について〜
  •  映像面について
    • ①映像演出の多様さ
    • ②編集で魅せる物語
    • ③女優で魅せる映画
  • 追加撮影シーン、オリジナルキャラクターについて
  • 平尾監督のアリア
    • 終わりに

 

続きを読む

映画『地獄の花園』ネタバレ感想&評価! 役者・アクション・コメディ…どれか1つでも特化させたものが見たかった

 

それでは、邦画の『地獄の花園』の感想記事になります!

 

 

 

 

こんな映画があったんじゃな

 

カエルくん(以下カエル)

「実は、この映画の存在を全く知らなくて、知人に『カエルくん、永野芽郁が主演のヤンキー映画っていつ公開なの?』と尋ねられて、そんなに注目されているなら行こうかなぁ……と思った作品です!」

 

 

亀爺(以下亀)

「そこまで熱があるわけではないが、緊急事態宣言が終わるまではこのような調子にならざるを得ないからの」

 

カエル「それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • コメディ映画としての評価
    • 役者映画として
  • 以下ネタバレあり
    • 今作の決定的に”冷めた”表現

 

続きを読む

映画『FGO神聖円卓領域キャメロット 後編』ネタバレ感想&評価! 前編とは打って変わって、若手アニメーターの熱さと勢いを感じられる作品に!

 

それでは、今回は『映画「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram」』の感想記事になります!

 

 

 

 

……長いタイトルじゃなぁ

 

カエルくん(以下カエル)

「前編は色々とあった作品ですが、後編はどうだったのでしょうか?」

 

亀爺(以下亀)

「不安といえば、少し不安ではあるがの」

 

 

カエル「うちはFGOのゲームは手を出していないしねぇ。

 課金ゲーとして名高いゲームだから、なかなか手を出せないよね……」

 

亀「時間も取られるしの。

 それでもこれだけファンを集めるのだから、大したものじゃな。

 では、記事を始めるとするかの」

 

  • 感想
    • 前編の評価として
    • HFとFGOの大きな方向性の違い
    • 今作の技術的な試み
    • 最後に

 

続きを読む

Netflix映画『ミッチェル家とマシンの反乱』ネタバレ感想&評価! 映像から革新と多様性への愚直なまでの信念が溢れ出る!

 

それでは、Netflixで配信されている『ミッチェル家とマシンの反乱』の感想記事になります!

 

 

 

やはり、今の時期は配信となってしまうかの

 

カエルくん(以下カエル)

「様々な映画が東京などの映画館が閉まってしまったことにより、公開延期となる中で配信業は注目度を増す一方だねぇ」

 

亀爺(以下亀)

「映画館と家庭の機器ではどうしても作品の味わいに違いが出てしまうからの」

 

カエル「まあ、僕なんかは楽でいいけれどね。映画館まで行かなくてもいいし、時間も合わせる必要もなかったし。

 主もいつも語っているけれど、このまま映画館は少しずつ寂れていって、配信文化がもっと盛り上がるんじゃないかな?」

 

亀「わしは映画館で観ることを大切にしたいがの。

 まあ、この状況では仕方があるまいが……しばらくしたら、ちゃんと映画館で観に行きたいの」

 

カエル「それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • ”完璧”ではなく、”進化”を求めるアニメーション
    • CGと手書き
  • 以下ネタバレあり
    • 作品考察
    • 本作のテーマ① ”完璧”ではなく”変人”を目指す
    • 本作のテーマ② 古いものと新しいものを否定しない
    • 本作のテーマ③ "映像表現"の力強さ
    • 最後に

 

続きを読む