物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

発売中!『現実で勇者になれないぼくらは異世界の夢を見る』の内容などを一部ご紹介します!

 

今回は少し遅くなりましたが1000記事記念として、重大発表があります!

 

ついに、以前から紹介していた書籍の発売日などの詳細が決まったぞ!

 

 

カエルくん(以下カエル)

「長らくお待たせしましたが、告知をさせていただきます」

 

亀爺(以下亀)

「色々と書籍についても紹介したいと思うので、みなさま、是非たくさん買っていただきたいところじゃな」

 

カエル「それでは、紹介記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介
    • 本の内容について
    • 本のもくじ
  • 書き終わっての作者感想
    • 達成したこと
    • 反省点(しょうがない点も含めて)
    • 人生で1つの目標として

 

続きを読む

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ネタバレ感想&評価 大味な物語が目に付くがキャラクターの魅力などはしっかりと伝わるコナン映画に!

 

それでは、今回は『名探偵コナン 緋色の弾丸』の感想記事になります!

 

 

 

赤井一家大集結! ということでも話題になっておるの

 

カエルくん(以下カエル)

「ちなみに、赤井一家って名前は知っているけれど、詳しくはないくらいの、原作は途中でドロップアウトして映画だけ見ている者の感想となります」

 

亀爺(以下亀)

『名探偵コナン 緋色の不在証明』で、ある程度おさらいしたからの。

 ……まあ、作品としては褒められたものではなかったが」

 

カエル「ひ、緋色の不在証明はほぼほぼ総集編の特別作品だから……映画とはちょっと違うしね?

 それでも22億円以上もヒットさせるんだから、コナン人気は凄まじいねぇ」

 

亀「それだけ熱いファンが多いのは納得じゃが、少しその人気にあぐらをかいているように見えてしまう面もあるかの。

 まあ、いいわ。そこはファンの方がどう思うかじゃしの」

 

カエル「それでは、記事のスタートです」

 

  • 感想
    • コナン映画に何を求めるのか?
    • 作るのが難しい物語
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 素晴らしきアバン
    • 大味を大味でカバー? する
    • 本作が語った”正義”の形
    • 最後に

 

続きを読む

映画『ARIA The CREPUSCOLO』ネタバレ感想&評価! 変わりゆくARIAと、変わらない魅力を両立させたシリーズに

 

それでは、今回は『ARIA The CREPUSCOLO』の感想記事になります!

 

 

 

 

公開1ヶ月以上過ぎてからの記事、遅くて申し訳ありません……

 

カエルくん(以下カエル)

公開初日に見に行ったのにも関わらず、記事にするのがだいぶ遅れてしまったねぇ。

 実は記事自体は半分くらい書いていて、ずっとその先が書けずに眠っていた作品でもあるんだよねぇ」

 

「遅れても記事にしたい作品でもある、ということでご容赦願います」

 

カエル「同じ週に公開されたエヴァに話題を取られてしまった感もありますが、こちらも癒し系アニメの金字塔として、高く評価され注目される作品です!

 それでは、遅くなりましたが感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 60分、特別料金1800円作品の是非
    • 今作を支えたレイアウト&演出
    • 声優の演技と”変わるものと変わらないもの”

 

 

続きを読む

映画『BLUE ブルー』ネタバレ感想&評価 この登場人物からは”敗者の美学”を感じうるのだろうか?

 

今回はボクシング映画『BLUE ブルー』の感想記事になります!

 

 

 

 

こちらは試写会で鑑賞させてもらったの

 

カエルくん(以下カエル)

「知り合いのTwitterでの映画好きや、映画ブロガーもたくさんいたねぇ」

 

亀爺(以下亀)

「緊急事態宣言ということで、よほどの映画好き以外はなかなか応募しづらかったのかもしれんの」

 

カエル「そんな個人的にはアットホームな雰囲気の中で行われた、本作の試写会での映画を見た感想をあげていきましょう!」

 

  • 感想
    • ボクシングというジャンルについて
    • 個人的なモヤモヤも

 

続きを読む

テレビアニメ『ホリミヤ』感想&作品解説 作画ではなく、演出や色使いで"日常"を表現した傑作テレビアニメ

 

今回はテレビアニメ『ホリミヤ』の感想記事になります!

 

 

 

 

最終話まで見た、完走した感想記事、ということじゃな

 

カエルくん(以下カエル)

「……うわ、なんか寒い親父ギャグがきた」

 

亀爺(以下亀)

「昔はわしも堀京介のような大人であったのだが、懐かしいの。まるでモテモテ時代を見ておるようじゃった」

 

カエル「はい、馬鹿話を膨らませないで、さっさと感想記事をスタートさせます!」

 

  • 感想
    • 石浜演出の魅力について
    • 印象に残った話数
    • ホリミヤが描いた日常的表現

 

続きを読む

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』ネタバレ感想&評価! 世界観が広がる圧倒的なエンターテイメント!

 

今回はガルパン最終章、第3話の感想記事となります

 

 

途中ということもあって、そこまで濃い記事にはならんということは言っておこうかの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「結構、こういった続きものの記事は難しいんだよねぇ」

 

亀爺(以下亀)

「その意味では、以前と同じことを語っているかもしれんが……そこはご愛嬌として欲しいところじゃな」

 

カエル「それでは、早速ですが記事を始めましょう!」

 

  • 感想
    • 戦車をキャラクターとしたガルパン
    • "平和な戦争"を描く

 

続きを読む

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』ネタバレ考察&感想! セカイ系を脱し、社会を描きシンジ・エヴァ・庵野監督を救った今作の鍵とは?

 

それでは、シンエヴァの考察記事と参りましょう!

 

 

今回はネタバレ全開でいきましょうか

 

カエルくん(以下カエル)

「ネタバレのない記事を読みたい方は、以下の記事を参照してください!」

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 

「最初に語っておくと、エヴァンゲリオンの設定などの考察をいくらしても、無駄だと個人的には考えている。それは語るべき余地が大きすぎるし、自分がやりたいこととは違う。

 庵野監督も過去に語っていたけれど、自分にとっては『エヴァを語ることは、自分自身を語ること』なんだよ。

 なので、今回は”シンエヴァの個人的な解釈”について語っていこう」

 

カエル「設定の考察ではなく、そこに至るまでの作者……つまり、庵野監督の意図の考察、あるいは邪推ということだね。

 わりかしうちは、作中設定どうのこうのよりも、そっちをメインにしているつもりではあるのかなぁ」

 

主「……深夜に4時間かけて編集していたYouTubeチャンネル用の動画が、オシャカになった衝動で書いているから、謎テンションのまま一気に駆け抜けようと思います。

 もう、熱気バサラ並に”俺の解釈を聞け〜!!!”だから、そこんところYOROSHIKU!」

 

カエル「……はい、なかなか謎な感じで考察記事のスタートです。

 この記事が面白かったら、ブックマーク、ツイートなどの拡散をお願いします!

 

  • 今回の考察の概要
  • 社会を描いたエヴァ
    • 第三村の登場の衝撃
    • 庵野秀明と『おおきなかぶ』
    • マリの存在について
  • 運命からの解放のエヴァ
    • 運命の仕組まれた子供達
    • アスカについて
    • 永遠の大人と、成長する子供
  • リアルと虚構の付き合い方の大きな変化
    • 虚構の否定?
    • 制作手法とメッセージの融合
    • 最後に

 

続きを読む

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』ネタバレ感想&評価! 全てのエヴァンゲリオン、さようなら。庵野監督、お疲れ様でした。全てのスタッフに、ありがとう。

 

2021年の大注目作『シン・エヴァンゲリオン』のレビュー記事になります

 

 

 

終わらないコンテンツの終わり、か

 

カエルくん(以下カエル)

「この記事ではあまり極端なネタバレなどはしていませんが、情報をカットしたい方はあまり読まない方がいいかもしれません」

 

「とりあえず、簡単にまとめた速報的なレビュー記事かな。

 あとは技術的な部分に注目して語っています」

 

カエル「それでは、記事のスタートです!」

 

ネタバレ考察記事はこちらです!
blog.monogatarukame.net

 

 

  • 感想
    • 欠点について
  • 以下ネタバレあり
  • 技術的な凄みについて
    • 庵野秀明の"作家性の変化"を感じた作品に
    • 実写とアニメの境界線を壊す
    • 冒頭の描写について
    • 庵野秀明の作家性の変化
    • 最後に

 

 

続きを読む