物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

ゾンビランド・サガ 最終話(12話)ネタバレ感想&考察! ゾンビ×佐賀だからこそできた、王道のアイドルアニメ作品!

 

もうだいぶ前の作品にはなりますが『ゾンビランド・サガ』の感想といきましょうか

 

 

 

最終話終了直後に書ければよかったなぁ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「こちらはTwitter経由でお勧めされて鑑賞した作品になります」

 

『宇宙よりも遠い場所』などもそうだし、こういった作品をリアルタイムで追いかけていきたい気持ちはあるんだけれどね」

 

カエル「いつも語るけれどテレビアニメも増加の一歩を辿る中でどれだけ追いかけることができるかが問題だよね……

 間違いなく隠れた名作は見逃しているわけだし

主「時間がない! は社会人に共通の悩みだよねぇ。

 というわけで、今回はだいぶ遅くなりましたが『ゾンビランド・サガ』について軽く語っていきましょう!」

 

  • 感想
    • 一気に引き込まれた2話
    • 弱者の作品として
  • 本作の見どころ
    • ギャグの中にあるシリアス
    • 本作が描いた”因果応報”
    • メンバーのバランスについて
  • まとめ

 

続きを読む

映画『クリード2 炎の宿敵』ネタバレ感想&評価 主役の交代が意味するアメリカの歴史の大きな変換と冷戦の終焉について考える

 

いよいよ世界的な名作であるロッキーの続編である、クリードも2が登場です!

 

 

 

ここから長いシリーズが再始動するんでしょうね

 

カエルくん(以下カエル)

「ロッキーについては前回も語っているけれど、実は全てのシリーズを通して鑑賞したのはつい最近のことだよね」

 

「公開前の1週間で慌てて見直したからなぁ」

 

カエル「ちなみに、クリード1もロッキーの続編と知らずに観るという、ある意味では暴挙を犯しています

主「公開当時はブログもTwitterもやっていなかったから、映画情報には疎かった部分もある。あと、もともとアニメの方が好きな人間だしね。

 宇多丸のラジオ番組でも年間チャンピオンにも選ばれていたりして、異様に評判がいいボクシング映画がある! というだけでDVDを借りて、再生して初めてロッキーの続編と知るというね。

 その時はロッキ−1は見ていたけれど、遠い昔すぎて『アポロって誰?』状態だったから、そこまで楽しめる訳でもなく……」

 

カエル「クリード単体でもOKだけれど、ロッキーを知っていた方がもっともっと楽しめる内容だしね」

主「今回、改めてクリード1をロッキーシリーズを全て見てから再見したけれど、やっぱ印象が全く違うわ

 ただ、それがいいのか悪いのかも含めて語っていきましょう」

カエル「たぶんクリードやロッキーの語り口としては異色のものになるのかな?

 それでは、記事を始めましょう!」

 

 

  •  感想
    • 本作の欠点① 長い
    • 本作の欠点② ”仕切り直しの2作目問題” 
    • ロッキー4について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • ロッキーからクリードで変化したもの
    • 注目したワンシーン
    • アメリカVSソ連の勝者は誰?
    • 継承された思い
    • 運命に抗う物語
    • まとめ

 

 

続きを読む

『劇場版Fate/stay night HF 第2章』 ネタバレ感想&評価 アニメ映画の1つの完成形! 動と静のコントラストに胸が踊る!

 

今年の作品でも注目度の高い『劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly.』の感想記事です!

 

 

 

 

タイトルが長い! そして前作から約1年待ったなぁ

 

カエルくん(以下カエル)

「あれだけ圧倒的な作画で魅了して、お預けというのは辛いものがあるね」

 

それでもずっと待ち続けますがね。

 それだけの大傑作なので!」

 

カエル「ちなみに、うちはFateシリーズは好きだけれど、アニメしか鑑賞していません。HFに関しては映画で物語を知ろうということで、まあ大まかなあらすじは知っているけれど、細かい描写についてはほとんど知りません」

主「本当は”ここが原作から改変されてうまいよ”ということも語るべきなんだろうけれど、こればっかりは譲れません。

 なので、”Fateシリーズをアニメシリーズやプリヤ、スピンオフも読むくらいには好きだけれど、HFの物語は知らない人の感想”ということで受け止めてください」

 

カエル「その意味では他にあまり類がない記事になるかもね」

主「ただ、多分自分が世界で1番楽しんだという自負があるんよ。

 というのもさ、原作を知っていると展開を知っていることもあるけれど、どこか採点するように見てしまう。

 ”あ、ここはこう改変するのか”とかね。でも、何も知らないとフラットに見られるし、でもちゃんとFateは好きという意味でも、かなり奇特かもしれないけれど、1番この映画を楽しめる状況にあるんじゃないかな?」

カエル「この意見に賛否もあると思いますが、とりあえず感想を始めましょう!

 ……心を強く持ってください!

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 過激な描写が多い作品
    • キャストについて
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 静と動の見せ方
    • 顔の表現や食卓
    • 食事の持つ残酷さ
    • 慎二の物語
  • 士郎と桜の恋愛話として
    • 軽々と境界を乗り越える
    • 花の唄~AImerの音楽性~
    • 男になる物語
    • まとめ

 

続きを読む

映画『ロッキー』ネタバレ考察&解説 クリードにつながる、アメリカとイタリア系の歴史を象徴するような作品!

 

今回は『グリード2』の上映もありますので、アメリカを代表するボクシング映画『ロッキー』のお話をしていきましょう

 

 

 

 

改めて見直してみるとすごい映画だよねぇ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「ロッキーシリーズは詳しいの?」

 

「全く。

 1は遠い昔に見たことあるけれど、やっぱり時代が違うとういうこともあるのかそこまで熱中しなかった。それにさ、シリーズが6作あったから、正直言って観るのが辛いところがあるし」

 

カエル「全6本観て、さらにグリードもあるって考えると今から追うのは難しいところがあるよねぇ。

 スターウォーズやアベンジャーズもそうだし、人気のシリーズゆえの悩みかなぁ」

主「でもさ、昔とは見方が変わったから、改めて鑑賞すると『ここまで政治的で象徴的な映画だったのか……』と驚きがあった。

 もちろん、多くの論評があり、公開されて40年以上過ぎてそのあとの時代を知っているけれど、アメリカの歴史を語る上でも欠かせない映画だということを改めて痛感した。

 そしてロッキーを語ることは今のハリウッド映画界、さらには全く関係ないようだけれど、実は巨匠イーストウッドを語る際でも重要な作品なんだよ。

 今回はそのような目線でロッキーを語っていこうかな」

 

カエル「それでは、ロッキーの考察記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • ロッキーを語る上で重要な3つの視点
    • 当時のアメリカの状況とロッキー1
    • 白人と黒人の微妙な関係
    • 驚異に対する反応として
    • しかし現実は過酷なもので……
  • イタリア系アメリカ人の映画
    • なぜロッキー3でハルク・ホーガンが登場したのか?
    • イタリア系アメリカ人のイメージ
    • イタリア系が勝ち上がる物語
  •  キリスト教とロッキー
    • 敬虔なカトリックであるロッキー
    • もっとも政治的な映画”ロッキー4”
  • まとめ

 

続きを読む

『2018年の新作映画を緩〜く語るオフ会』のご報告&4年目を迎えるにあたって

 

皆様、あけましておめでとうございます

 

……え、もうお正月も終わりなんですけれど

 

「うちのお正月は1月10日と決まっていますので、これでも挨拶には早いんだよ」

 

カエルくん(以下カエル)

「……え? それ、僕も初耳なんだけれどいつ決まったの?」

 

主「ちょうど今日、たった今決まった」

カエル「……あ、思いつきなのね」

 

主「物語る亀は2016年1月10日に運営を開始して、今年で丸3年を経過しようとしています。

 多くのブログが半年ももたずに消えていき、1年で30パーセント、2年で10パーセントしか残らないと言われる中で3年間続けてこれたのも、ひとえに皆さんが読んでくださり、コメント欄やTwitterなどで反応をいただけることが大きいです。

 

 皆様の日頃のご愛好、またご協力に感謝いたします。

 

 時にはキツイ言葉をもらう時もあります。

 このような映画作品に好き勝手言っている身としてはしょうがないかな、と思いますが、それ以上に暖かいお言葉をもらえることが多いので、励みになります」

 

カエル「今回は4年目に突入するにあたり思うことと、1月5日に映画オフ会を主宰させていただきましたので、そのご報告をさせていただきます!

 では、早速記事のスタート!」

 

  • 2018年の新作映画を語るオフ会について
    • 開催動機
    • オフ会にちょうどいい? くらいのサイズ
    • 当日の流れ
  • みなさんの映画ランキングベスト10 or 10選の集計結果の発表!
    • 今回の反省点
    • 今後、オフ会を開催するにあたって
  • 4年目を迎えるにあたって
    • 最後に

 

 

続きを読む

劇場版『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』ネタバレ感想&評価 音楽とダンスの作画が見所!

 

今年の初っ端から、ここまで大注目の作品が来るというのがすごいよねぇ

 

 

 

多くの映画ファンは”観るものが少ない1月”というけれど、アニメ好きだといきなり大忙しになるな

 

カエルくん(以下カエル)

「今週はラブライブで、来週はFateでしょ? これはアニメファンは大忙しだし、案外真っ向勝負ぶつかり合うのを興行側はお客さんを取り合っちゃうから嫌がっていたりして」

 

「普通に考えればある程度のヒットは間違いない作品だしねぇ。

 オタク層以外は全く見向きもしない作品だし、客層はどっかぶりだしな」

 

カエル「ちなみに、今回は全作のラブライブもサンシャインも未見の状態で映画に臨みます。

 テレビアニメは1話も見ていないの?」

主「う〜ん……実は、どちらも1話は見ているんだよ。で、合わないと思って視聴をやめた。

 その理由についても後々話すけれど、単なる相性の問題かなぁ。

 別に、ラブライブ自体が嫌いということはないです

カエル「熱心なファンが多い作品だけでに、あまり作品の否定はしないように。

 では、感想記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 一方で欠点も……
    • キャラクターについて
    • アイドル映画と声優の関係性
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 基本的な物語が近い映画作品
    • 展開の欠点
    • 最も上がったシーン
    • まとめ

 

 

続きを読む

2019年公開の注目アニメ映画&漫画原作映画25作品(+a)紹介!! 大人気シリーズを始め注目作がたくさん公開予定!

 

 

2019年公開のアニメ映画作品の中でも、注目している作品について語っていきましょう

 

 

 

 

今年もアニメ映画はたくさん作られていきそうだな

 

 

カエルくん(以下カエル)

「なお、この記事では主にテレビアニメが好きなひと……いわゆるオタク層をメイン読者層に想定しているため、海外のアニメーションの中でもアートアニメーションなどはあまり取り上げていません。

 ご了承ください」

 

「この手の作品が好きなひとが注目するであろう漫画原作の実写作品も一部紹介しているから、ぜひチェックしてみてほしい。

 注目度もつけているけれど個人的な視点によるものなので、あまり気にしないでください

 

カエル「2019年はどんな傑作が登場するのか?

 それでは、早速記事のスタートです!」

 

  • 1月公開作品
  • 2月公開作品
  • 3月公開作品 
  • 4月公開作品
  • 5月以降で公開日が決定している作品
  • 公開日未定の作品
  • 最後に

 

続きを読む