物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

祝!KADOKAWAより書籍発売が決定しました! その他、重大発表がいくつかあります!

 

今回は重大発表がいくつかあります!

 

どれも大事な話です!

 

カエルくん

「それでは、早速ですが記事のスタートです!」

 

  • 重大発表① 書籍を発売します!
  • 重大発表② アニメ限定のオフ会を開催します!
  • 重大発表③ 動画配信をはじめました!

 

続きを読む

映画『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』ネタバレ感想&評価! IGのゴーストと向き合い対決した姿勢が感じられた

 

今回はテレビシリーズも3期目を迎え、ノイタミナを代表する作品である『PSYCHO-PASS』の感想記事になります!

 

 

意外と期間限定公開みたいだね

 

カエルくん(以下カエル)

「もっと大々的に公開するのかな? と思いきや、2週間の限定公開って話だよね?

 まあ、コロナ関連で劇場があきまくりだから、延長の可能性もあるとは思うけれど……

 ちょっと意外だったかなぁ……この作品に向けて、近年はテレビシリーズやOVA形式の作品も発表したように感じられたし

 

「劇場版と銘をうった作品はこれで2作品目であり、今や日本を代表するアニメ放送の……枠とでも言えばいいのかな? であるノイタミナの代表作でもある。ノイタミナムービー作品としても威信を賭けたものになるのだろうと思っていたから、意外かも」

 

カエル「その代わり? と言っていいのか分からないけれど、Amazonプライムで独占配信もあるらしいし、この劇場で限定公開→ウェブですぐに配信という流れは、多くなるのかもねぇ。特にIGは配信に力を入れているし」

主「……いよいよ本格的な配信時代の到来って印象だな。

 というわけで……記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • テレビシリーズ版について
    • テレビシリーズの感想〜問題点① 設定を語ることに終始した物語〜
    • 問題点② キャラクターの入れ替え
    • 問題点③ 過去作のゴースト
  • 以下ネタバレあり
  • 劇場版に思うこと
    • 全員を活躍させる、優れたサスペンス映画に
    • 押井守のゴーストへの挑戦
    • PSYCHO-PASSが向き合ったゴーストと、その結論
  • まとめ

 

続きを読む

テレビアニメ『映像研には手を出すな!』全12話感想&評価! ”アニメを作る覚悟と思いと狂気”を描きかった湯浅節のこもった傑作!

 

今回は2020年の1月から始まったテレビアニメ『映像研には手を出すな!』のアニメ版の感想記事になります!

 

 

すんごい高い人気を誇る作品だな

 

カエルくん(以下カエル)

「これほどまでに話題になるとは……さすがは湯浅政明監督だよね!」

 

2010年代を代表する監督なのは間違いないし……作品の質・量ともに突出しているものがある監督でもある。

 そういえばこちらも現代を代表する同年代の名匠・水島努監督もしんちゃんに関わっていたし……あの時代のシンエイ動画やしんちゃんに、何かあるのかねぇ」

 

カエル「しかも、2020年だけで『日本沈没』も監督して、さらに2021年には『犬王』の監督もして……映画だけでも2年に1作ペース、そこにテレビアニメスケールの作品を何作も挟むんだから……超人としか言いようがない……」

主「どうか、お体にお気をつけください、としか言いようがないです……

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 4話、8話、12話の衝撃
  • アニメの歴史を語る映像研
    • 宮崎駿・庵野秀明などの衝撃
    • 9話以降の現代的なアニメ制作
    • 湯浅政明作品として
    • 狂気に満ちた映像研の世界
    • 世界と繋がるアニメへ
    •  最後に

 

 

続きを読む

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ネタバレ感想&評価! スースクよりもだいぶ良くなったものの、やっぱり悪党を描くのは難しいか?

今回は久々の洋画大作! アメコミ映画の『ハーレイクインの華麗なる覚醒』の感想記事です!

 

 

 

アメコミ映画音痴だけれど、悪党を描いているから受け入れられる…と信じておるぞ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「自他ともに認めるアメコミ苦手人間がどんな反応になるんだろうね?」

 

亀爺(以下亀)

「あのゲキエロなハーレイ様が見れるならば、映画館に一目散で向かうかの」

 

カエル「……そんな視点で観に行く奴は、ハーレイに滅ぼされちまえ!

 というわけで、早速ですが記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 本作の難しさ①  悪役が主役の物語の作りづらさ
    • 本作の難しさ② 成長できないキャラクター
  • 本作の問題点〜凝りすぎた物語とキャラクターの変化〜
    • 女性が主人公の映画として

 

続きを読む

『100日後に死ぬワニ』は現代に蘇った、死を安易に消費する携帯小説なのではないだろうか?

 

今回は、もはや社会現象といってもいい話題を呼んでいるネット漫画『100日後に死ぬワニ』の感想記事です!

 

 

これほどまでに流行るとはなぁ

 

カエルくん(以下カエル)

「もしかしたら、ネットコンテンツとして漫画のあり方を変えるかもしれないくらいの大事件だよねぇ」

 

「今後出版社や編集がいらなくなるのかもしれない。

 ただ、この作品が実はかなり周到に、多くの人の手が入っている可能性もあるから、なんともいえない部分もあるけれど」

 

カエル「それでは、早速ですが記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • マーケティングの巧さで勝負した作品
    • ストーリーの構成について
    • 現代に蘇った”携帯小説”のフォーマット

 

続きを読む

2020年2月度の新作映画ランキング! 混戦必死の中でも、あの映画たちがやっぱり強かった!

 

2020年2月の月間ランキング記事です

 

 

 

2020年はきちんと書いていきたい……といいながら、もう半分が終わったの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「……これは毎月書けるのか? と疑問に思うんだけれど」

 

亀爺(以下亀)

「まあ、何はともあれ、続けていくことが大事なんじゃな。

 特にコロナ関連で映画館に期待の新作が流れない今だからこそ、2月公開の映画にも頑張ってもらねば!」

 

カエル「というわけで、ランキング記事のスタートです!」

 

  • ノミネート作品
  • 第5位
    • 作品紹介・あらすじ
  • 第4位
    • 作品紹介・あらすじ
  • 第3位
    • 作品紹介・あらすじ
  • 同率1位
    • 作品紹介・あらすじ
  • 同率1位
    • 作品紹介・あらすじ
  • 総評
    • 2月の注目作品について

 

続きを読む

物語る亀(井中カエル)寄稿記事一覧

※3/13更新

 

フリーライター、井中カエルとして寄稿した記事はこちらにまとめています!

 

 

 

ライターとして興味がある方は以下のアドレスから連絡をお待ちしています

 

monogatarukame※gmail.com
※→@

 

  • 映画系 
    • リアルサウンド 映画部
    • シネマズPLUS
    • 現代ビジネス
    • フィルマガ
  • 漫画系
    • Comee mag

 

 

続きを読む

映画『仮面病棟』ネタバレ感想&評価! ダメ邦画の要素はいっぱい! だけれど、本当にダメな映画とは思えない!

 

今回は公開から1週間過ぎてからの記事となりますが『仮面病棟』の感想記事になります!

 

 

ミステリーは書きづらいんだよなぁ……

 

カエルくん(以下カエル)

「直接的に犯人やトリックを語ることは憚られるしね。

 とは言っても、いつもネタバレありの記事を書いている身からすると、今更ミステリーだけで何を言っているの? という意見もありそうですが……」

 

「これはこれ、それはそれってね!

 今回の記事も直接的な犯人を告げたり、あるいはトリックを明かすような真似はしませんが……やっぱり、言外から感じてしまうものがあるかもしれません。

 特にネタバレありの項目については、ドラマについて色々と語っているので、ご承知おきください」

 

カエル「それでは、記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 木村ひさし映画に関して思うこと
    • 役者について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • ミステリーとして
    • 本作が描いた”覚悟”
    • 木村ひさしの作家性
 

 

 

続きを読む