物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

発売中!『現実で勇者になれないぼくらは異世界の夢を見る』の内容などを一部ご紹介します!

 

今回は少し遅くなりましたが1000記事記念として、重大発表があります!

 

ついに、以前から紹介していた書籍の発売日などの詳細が決まったぞ!

 

 

カエルくん(以下カエル)

「長らくお待たせしましたが、告知をさせていただきます」

 

亀爺(以下亀)

「色々と書籍についても紹介したいと思うので、みなさま、是非たくさん買っていただきたいところじゃな」

 

カエル「それでは、紹介記事のスタートです!」

 

  • 作品紹介
    • 本の内容について
    • 本のもくじ
  • 書き終わっての作者感想
    • 達成したこと
    • 反省点(しょうがない点も含めて)
    • 人生で1つの目標として

 

続きを読む

<良作>Netflixアニメ『サイバーパンク: エッジランナーズ』ネタバレ感想&評価! ゲームらしさとアニメらしさの融合とは?

 

今回はNetflixで配信が開始された『サイバーパンク・エッジランナーズ』の感想記事になります!

これもまた、楽しみな作品がネトフリオリジナルで公開されたものじゃな

 

 

カエルくん(以下カエル)

久々にTRIGGERが、長編のテレビサイズのシリーズものを発表したね!

 

亀爺(以下亀)

しかも今石監督じゃから、もちろんチェックする必要がある作品じゃな

 

カエル「なお、今作はゲーム作品である『サイバーパンク2077』の映像化作品となっています。

 恥ずかしながら、うちはこのタイトルの名前すら知りませんでした……

 

【PS4】サイバーパンク2077

【PS4】サイバーパンク2077

  • スパイク・チュンソフト
Amazon

 

一人称視点で行われる、サイバーパンクの都市を舞台にしたFPSみたいじゃな

 

カエル「最近はゲームもとんとやらないし、プレイしても任天堂などの和ゲーばかりで、洋ゲーはまっっっっっっっったく手を出さないからねぇ。

 Vtuberのゲーム配信動画とかは観るけれど、『フォートナイト』などに偏っちゃって、こちらの作品はノーチェックでした」

 

まあ、知っていてもわしらはプレイできないからの

 

……あれ? 確かに本作はZ指定(18歳以下はプレイができない)だけれど、ボクはともかくとして、主も亀爺も設定上は18歳はゆうに超えているんじゃ……

 

……一人称視点のゲームは酔うからできん。だからFPSはほぼ全てノーセンキューじゃ

 

カエル「……なるほど、それは由々しき問題だね。

 というわけで、原作ゲームを全く知らないアニメファンの感想記事になります!

 それでは、感想記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 専門用語の多いサイバーパンクの作品
    • TRIGGERらしい戦略に溢れた作品に?
  • 以下ネタバレあり
  • 個人的には評価が難しい作品でもある理由
    • ゲーム制作とアニメ制作のぶつかり合いが感じられる作品に?
    • アニメ的な快楽性の象徴であるレベッカ
    • 6話について
    • 最後に
  • 作品をもっと楽しむために!
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<良作>映画『夏へのトンネル、さよならの出口』ネタバレ感想&評価! 映像表現の手腕が光る作品に!

 

今回はアニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の感想記事になります!

今回の記事は紹介よりも、感想を中心とした記事になっています!

 

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

 

カエルくん(以下カエル)

前回は紹介記事となりましたので、こちらでは感想を中心とした記事になります!

 

なので、こちらの記事は内容に踏み込んで、語っていこうと思います

 

カエル「全体評価としては褒めが多くなりますし、前回の紹介記事で語ったことが嘘というわけではありません!

 紹介記事では、やはり内容に言及しづらいので、こちらでもしっかりと語っていこうと思います」

 

主「それでは、感想記事をスタートしていきましょう!!」

 

↓紹介記事はこちら↓

blog.monogatarukame.net

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 以下ネタバレあり
  • 今作の良かった点
    • 良かった点① 原作→映画に対する変化のうまさ
    • 良かった点② 積み重ねられた映像的な伏線と回収
    • 良かった点③ 『ポンポさん』などに通じるクリエイターとしての思い
  • 気になった点
    • 気になった点① 声の演技
    • 気になった点② 微妙にハマらない音楽
    • 最後に
  • 作品をもっと楽しむために!
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<良作>映画『アキラとあきら』ネタバレ感想&評価! 面白い映画に作家性は必要ないのだろうか?

 

今回は経済小説を基にした映画『アキラとアキラ』の感想記事になります!

少し公開から遅くなりましたが、語りたいことのある作品でした

 

(C)2022「アキラとあきら」製作委員会

 

カエルくん(以下カエル)

本当は公開日か、その次の日くらいに見に行ったはずですが、2週間くらい過ぎてのレビュー記事となります!

 

語りたいことは、実は色々とある作品なんですよねぇ

 

カエル「では、この作品をどのように解釈するのか?

 意外と深いような……? 話になるといいですね!

 それでは、記事のスタートです!」

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 大きなテーマと小さなテーマ
    • 今作の演技について
  • 私見〜映画としての顔が見えない作品に?〜
    • 『物語のテーマ』と『制作のテーマ』
    • 作家性を持たないことが持ち味の三木監督
    • 長所は短所・短所は長所
    • 最後に

 

続きを読む

<良作紹介>『夏へのトンネル、さよならの出口』感想 アニメとしての映像化がとてもうまい作品に!

 

今回はアニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の紹介記事になります!

 

基本的にはネタバレなしで書いていこうと思うぞ!

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

 

カエルくん(以下カエル)

今回は劇場公開前に試写会で見させていただいたので、作品紹介の記事ということになります!

 

亀爺(以下亀)

なのでネタバレはなし、褒め重視のレビュー記事となっておるぞ

 

カエル「今作も9月公開のアニメ映画で、それなりに注目している方が多いのではないでしょうか?」

 

亀「原作はガガガ文庫で新人賞を受賞した作品であり、こちらもライトノベルファンの中では話題になった作品のようじゃからな。

 夏にふさわしい、爽やかな作品じゃな。

 それでは、紹介記事をスタートしていくぞ!」

 

↓ネタバレありの感想記事はこちら↓

blog.monogatarukame.net

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 本作の見どころ!
    • 見どころ① 映像・演出
    • 見どころ② 原作を見事に再構成!
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<良作>映画『劇場版ツルネ はじまりの一射』ネタバレ感想&評価 京アニらしい1本筋の通った総集編に!

 

今回は『劇場版ツルネ はじまりの一射』の感想記事になります!

 

総集編ながらも、楽しみな作品だね

 

(C)綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

 

 

カエルくん(以下カエル)

今回は事前にテレビシリーズを観てから、劇場にいきました

 

総集編とは知っていたけれど、京アニの総集編って他の作品の総集編とは違う場合が多いからね

 

カエル「再構成とかがとてもうまいスタジオだよね。

 総集編だから1話から13話までの物語を詰め込みました! ではないというか」

 

主「何が出てくるのかはお楽しみってところもあるからね。

 今回もテレビシリーズとは違った一面が見られるといいなぁ……ということで、感想記事のスタートです!」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

  • 感想
    • 弓道を舞台としたスポーツもの(武道もの)の難しさ
    • 動きが少ないストーリーを魅せる技術
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 育成を大切にする京アニ
    • 今作が描き出した京アニらしいテーマとは?
    • 最後に
  • 関連商品紹介!
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

映画『ハウ』ネタバレ感想&評価! 田中圭とベックの感動の再会…だけではない物語!?

 

今回は『ハウ』の紹介記事になります!

 

タイトルが短すぎて、検索するのが大変な作品じゃな

 

ハウ (朝日文庫)

 

カエルくん(以下カエル)

色々と画像とか調べようとすると『ハウス〜〜とかが出てきて、肝心のハウが出てこないという……

 

亀爺(以下亀)

しかもハウ以外で検索するのが監督名や、役者の名前になるので、それはそれでめんどくさいというの

 

カエル「最近の長文になっているタイトルもどうかと思ったけれど、逆にカタカナ2文字というシンプルイズベストでも、こんな弊害があるんだねぇ」

 

亀「まあ、それはこちら側の問題じゃし『ハウ〜1000キロmの旅路〜』みたいな副題であれば、ダサいと思う人もいるから、これはこれでいいのかもしれん。

 あくまでもネット上の検索の問題じゃな。

 それでは、早速じゃが感想記事をスタートするかの」

 

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
  • 良かった点
    • 名役者・ハウ!
  • 以下ネタバレあり
  • より深く入り込む作品感想
    • 犬を用いたことの意味が感じられる作品に
    • 今作が描きたかった"思い"
    • 最後に
  • 関連商品紹介!
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む

<考察>『天使のたまご』ネタバレ感想&解釈 押井守の難解作に込められた意味を独自解釈で読み解く

 

今回は旧作の『天使のたまご』の感想&考察・解釈披露の記事になります!

 

いやー、久々に観たけれと、語りたいことが大いにある作品だったね!

 

天使のたまご

 

カエルくん(以下カエル)

押井監督が好きだから、かなり昔に鑑賞したけれど、その当時は『???』という印象しかなかったような気がするかなぁ

 

やっぱり、映画やアニメをたくさん語ってきたことで、色々と読み解く力が出てきたのかもしれないな

 

カエル「色々と難解な作品だけれど、明確な答えが見つかったの?」

 

主「そうだね。

 ただし、これから語るけれど、今回の解釈を”正解だ!”と豪語するつまりはありません。

 あくまでも解釈の1つだとして、捉えてください」

 

カエル「それでは、記事のスタートです!」

 

 

この記事が面白かったり、感想があればTweet、ブックマークをお願いします!

 

 

  • 感想
    • 『物語を語る』ということが持つ意味〜ストーリーは果たして重要なのだろうか?〜
    • 本作を楽しむために重要な姿勢
  • 作品の解釈について
    • 今作に用いられた宗教的モチーフ
    • 処女懐胎と救世主の誕生を夢見る少女
    • なぜ青年はあのような行動に出たのか?
    • 本作が問いかけた『神話の終わり』
    • 最後に
  • 本作が好きな人にオススメしたい作品・記事はこちら

 

続きを読む