物語る亀

ネタバレありの物語批評

物語論

ズートピアと響けユーフォニアムから見る、日米のアニメの現状と未来

今週はズートピアと響けユーフォニアという年間ランキング(アニメ部門、映画部門の両方)でも屈指の作品が同時公開された。いい機会なので日米のアニメ分野における現状とこれからについて、考えていきたい。 当然のことながらバリバリの私感なので、突っ込…

物語の作り方〜漫画のメリット、デメリット〜

物語の作り方シリーズの更新。 今回は漫画のメリット、デメリットについて考えていく。 1 漫画のメリット 2 デメリット 3 これからの漫画 前回の小説の記事はこちら。 blog.monogatarukame.net

物語の作り方〜小説のメリット、デメリットと電子書籍〜

物語の作り方、今回は小説というものについて考えていきたい。 この媒体による物語形態のメリット、デメリットって非常に重要なことなので、これから各媒体に関するものを書いていこうと思っている。 前回の記事はこちら blog.monogatarukame.net

物語の作り方〜言葉の本質とは何か?〜

物語の作り方、この記事で当ブログ記事は100を超える結果になりました。 日頃の皆さまの御愛好に深く感謝いたします。 今回は、物語の作り方の中でも大切な、小説や漫画、映画など多くの表現に活用できる『言葉の本質とは何か?』ということを書いていく。 …

物語の作り方〜なぜ漫画原作の映画やドラマは嫌われるのか?〜

毎週木曜日の物語の作り方講座。 今回は作り方とは少し外れて番外編のような内容になると思うが、これから先語っていくためにも重要なことを書いていきたいと思っている。 1 そもそもなぜ『原作モノ』が多いのか? 2 小説原作と漫画原作の違い 情報量は想…

物語の作り方シリーズのまとめ

こちらは私の書いている『物語の作り方』シリーズをまとめた記事なっています。 ここに書いているのは私なりの作り方なので、参考にするもよし、批判するもよし、笑うのもよしです。 無料で読めるブログに書かれている内容と笑うか、一理あると思うかはその…

ちはやふるはなぜ面白いのか? その研究と考察

今週ついに映画が公開する大人気漫画、ちはやふる。 もちろん私もわざわざブログの題材にするのだから、大好きに決まっている。だが、なぜちはやふるという作品はこれほどまでに我々の心を掴んで離さないのだろうか? 今回はその謎について考えてみた。 最新…

物語の作り方〜上手い、下手より大切な事〜

毎週木曜日恒例の物語の作り方シリーズ。 今回は上手い下手だけでは語れない、誰もがわかっている重要な要素について書いていきたい。 1 うまい=いい作品? 2 上手いよりも大切な事 3 好かれるためにやるべき事 先週の記事はこちら。 結構な力作だと私自…

物語の作り方〜面白いってなんだろう?〜

面白い物語を作りたい、というのは誰もが同じことを思っているはずだ。そのための方法論も書店やネット上ではたくさんある。 だが、少し待ってほしい。 そもそも面白い物語とはなんなのだろうか? 今回はそこを考えていきたい。 (トンデモ記事かもしれない…

物語の作り方〜何を書けばいいの?〜

毎週木曜の物語の作り方。 今週は『何を書けばいいの?』をテーマに書いていきたい。 ちなみに先週の記事はこちら。 一つ謝罪をさせていただきます。 先週書いた記事ですが、こちらの不手際によりスター、ブックマークを誤って消してしまいました。わざわざ…

物語の作り方〜人の言うことは(あまり)聞くな〜

前回において物語の勉強法を学び、ではこれからいよいよ物語を書き上げたとする。 monogatarukame.hatenablog.com

『ドラマがつまらない』と思う人におくる、面白くなりづらい構造的問題

過去二回にわたりドラマがなぜ面白くないか、ということを列挙してきた。元々アニメが好きな人間はドラマを見ない、などと言われているが、それは決して二次元にしか興味がないからというわかりやすい話ではなく(それならば声優にも興味がないということに…

物語の作り方 物語を作るための勉強法

前回で、まず本や映画を見るのをやめようということ言った。 ではそれならば、一体何を持って勉強すればいいのだ、という言葉が飛んできそうなので、今回は小説の勉強法について考えたい。 monogatarukame.hatenablog.com

少年Aの表現の自由について考える。

今更ながら少年 Aがブログを始めた時に思ったことをアップします。 なお、私はこの事件のことは幼かったので後の報道などでの知識しかない世代の人間ですので、当時のことを知る方とは感覚が違うかもしれません。

少年Aが週刊文春に掲載される〜表現の自由と私刑〜

今回書く内容はタイトルの通りで、個人的に表現の自由に関する問題は非常に重要なことなので書かせてもらいます。 少年Aがブログを始めた時に考えたことはこちら monogatarukame.hatenablog.com 私が現代社会において最も重要視する自由は表現の自由である。…

ドラマにおける『役者の演技』の嘘臭さ

昨日に続き、ドラマの悪口を言うだけのブログになっております。 感想は個人差があるので悪しからず……という予防線を張っておいて、ではスタート。なお、今回の話は一般的な全体に対する話であり、特定の個人を誹謗するものではないと先に明記させていただこ…

私がドラマを見ない三つの理由

ドラマカテゴリーを作ったにも関わらず、ドラマを見ないと公言しているのが私である。アニメはこのブログでたくさん書いているし、漫画も読めば映画も東西を問わずに見ている。落語も好きだし、あまり鑑賞の機会がないが演劇も好きだ。 基本的に物語と呼ばれ…

物語を作りたい人が始めにやるべきこと

個人的物語論 今回は小説が上手くなるためにやるべきことについて語っていこう。 いきなりだが、ある当たり前のような常識を覆すような言葉から言わせてもらう。 「物語を作りたければ、まずその手にある本や映画を見てはいけない」

小説を書くならば考えなければならない他媒体との違い 下

monogatarukame.hatenablog.com 3 小説の可能性 なぜライトノベルやケータイ小説がそこまで文章力にこだわらない文体の作品が多いのか、考えたことがあるだろうか? 確かにそれは現実的にはそこまで文才がない人物や、経験のない人物が書いているからだとす…

小説を書くならば考えなければならない他媒体との違いと小説の未来 上

今回は小説について考えていくことにする。 なお、個人でグダグダと考えたことなので、学術的に正しいことを知りたい方は、即刻このブログを閉じることをお勧めする。 (情報化社会とは調べるだけでなく、その情報の真偽すらも判断する能力が問われる社会で…

まどかマギカのシナリオがどのように作られているか解析してみる

まどかマギカのテレビ版、映画版についてシナリオ解析の内容を書いていきます。 まどかマギカという作品を考える際に、その魅力は多岐に及んでいるために複合されすぎていて考察が難しいものになりがちなように思います。作画、演出、キャラクター、演技、音…