物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

2018年上半期新作映画ランキング〜各部門賞の発表! 今年も激戦が続く!!

ざわざわ……

  ざわざわ……

 

えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。

 

カエル

これより、半旗に1回のお楽しみである、映画上半期部門賞の発表を始めます。

 それでは、毎度のことながら審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』

 

登壇

 

えー、本日もお暑い中でこの記事を読んでくださり、誠にありがとうございます

 

主「みなさまのご愛顧もありまして、またこの賞を開催することができました。

 ここに日頃の感謝の念をお伝えしたく存じます。

 

 えー…2018年に上半期で劇場で鑑賞した映画の本数としましては85本(Netflixや劇場未公開の映画祭作品などを足すと約90本)ほどの作品を鑑賞し、約2/3ほどの作品を記事にしていると思います。

 なお、今回も年末から年始にかけて鑑賞した『花筐』『ああ荒野』などの扱いを考えましたが、今回は除外とさせていただきます。

 2018年もいい映画がたくさんあり……(以下略)』

 

 

カエル『それではこれより、各部門賞を発表していきます。

 なお、このブログの最大の特徴はアニメ映画を中心に鑑賞している点ではありますが、アニメ、実写、ドキュメンタリー、洋画、邦画関係なく選んでいきますので、他の映画ランキングとはまた違うものになると思います。

 そちらも楽しみながら読んでいっていただければ嬉しいです。

 それでは、部門賞の発表に入ります』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最優秀音楽賞

 

こちらは映画としてのBGMを中心とした楽曲の良さ、先進性などを評価するものです

  

カエル「いつもと同じことを繰り返しますが、主はそこまで音楽に詳しくない上に、よくわかっていないので、素人選出の中でもさらに素人くさい選出になります。

 逆に言えば、この賞に選出された作品は素人でもわかる音楽性を獲得したという意味でもあります。

 では長々と言い訳をしていてもしょうがないので、亀爺から発表していただきます』

 

それではまず、ノミネート作品から発表させてもらおうかの

 

 

ノミネート作品

 

 

リズと青い鳥

(音楽が重要な意味を持つ作品として完成されていた) 

 

ミッドナイト・サン タイヨウのうた

(ベラ・ソーンのキュートな歌声が魅力的!)

 

羊と鋼の森

(邦画の音楽の力を見せつけてくれた)

 

  

これらの作品を抑えて最優秀音楽賞に輝いたのは……

 

 

 

グレイテスト・ショーマン! 

 

 

上半期最も熱中した音楽映画だった!

 

主「本作の魅力はなんといっても音楽とダンス! その融合した映画の力にグイグイと引き込まれていき、何度もサントラを聴きこんだし、応援上映にも出向いたほど!

 他のノミネート作品もとても魅力的であり、特に歌ではなくて劇伴の魅力を最大限に発揮した『リズ』と『羊と鋼の森』にはちょっと申し訳ない気持ちもあります……

 でも本作の音楽の魅力は本物です!

 あんまりこんなことを言うべきではないかもしれないけれど……劇場で観ていない方は、本当の魅力を2度と味わえないかもしれませんよ!

  

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

最優秀脚本賞 

 

こちらはこのブログでも数多く語っている部分であり、1番重要視している賞でもあります!

 

 

ノミネート作品から発表させてもらおうかの

 

 

 

ノミネート作品

 

 

パティントン2

(圧倒的な完成度に文句なし!) 

 
ぼくの名前はズッキーニ
(現代の重要な子供の問題に迫った社会派作品)
 
女は二度決断する
(社会性と娯楽性の見事な融合)
 
リズと青い鳥
(受け手側が色々な想像ができるように、あまり語らない脚本が見事)
 
君の名前で僕を呼んで
(作り込まれており、色々と受け取れる見事な客品)
 
アイ・トーニャ
(工夫に満ちており過激な問題を面白くみせている)

 

カメラを止めるな!

(個人的にはハマらない部分もあるが、この作り方は見事)

 

 

これらの作品を抑えて最優秀脚本賞に選ばれたのは……

  

 

 

スリービルボード!

 

 

文句なしの圧倒的な脚本!

 

主「今回、ノミネート作品が多数なことからもお分かりいただけるように、色々と味の違ういい脚本が山積みでした。特に『万引き家族』も入れたかったし……あっちもこっちもという状況でしたが、1番はなんといってもスリービルボードでしょう!

 本作は『復讐』というのが重要なキーワードになっていますが、ミズリー州の状況なども加味しながらも、人間賛歌となっている脚本は見事の一言。一部ではミステリーとして、誰が犯人か? という考察も盛んであり、娯楽性にも富んでいます。

 正直、未だにこの作品がアカデミー脚本賞をとれなかったのは疑問に思うほど!

 それほどすばらしい作品でした」

 

blog.monogatarukame.net  

 

最優秀演出賞

 

続いては最優秀演出賞の発表です

 

 

カエル『こちらも最も優れた演出をした作品に贈られる賞ですが、素人目には簡単なようでも難しい技術などもあるために意見が分かれる作品が多くなるでしょう。

 様々な視点があると思いますが、総合的に判断させていただきます』

 

 

それでは発表するぞ

 

  

ノミネート作品

 

スリービルボード

(看板、オレンジジュースなど細かい配慮も行き届いた演出)

 

レディ・プレイヤー1

(あれだけのキャラクターが同時に存在している情報量の多さも、破綻しておらず楽しめる)

 

ちはやふる 結び

(細かい演出で高い評価を獲得した邦画の傑作)

 

万引き家族

(是枝演出の集大成。役者、構図、カメラワークなど全てがお手本)

 

 

これらの作品を抑えて受賞したのは……

 リズと青い鳥

 

 

この映画は本当にすごい!

 

 

主『アニメとなると実写よりも情報量が限られるとされる中で、ここまで静寂でありながらも意味が多様に受け止められる作品が生まれこと……

 これは1つの事件です!

 ちょっとした動き方、音楽の入れ方、声優の芝居……全てにおいて完成度が高く意味がある。自分は記事では『もう少し短くても……』なんて語ったけれど、とんでもない!

 1分たりとも削れず、足せない完成度に満ちた今作品が飛び抜けていました。

 山田尚子監督の恐ろしさを確認するような作品でした

 

 

blog.monogatarukame.net

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

 

 

最優秀助演女優賞

 

 

続きまして、最優秀助演女優賞の発表に参ります

 

カエル『主演と助演の違いや、W主演と思われる作品などもあり、選出自体が非常に難しかったのですが……最も輝いた助演女優を発表していきたいと思います』

 

 

それでは発表するぞ

 

 

ノミネート作品

 

 

ちはやふる結び 万引き家族 より

松岡茉優

(もはや常連。見事な演技力は誰もが認めるところ) 

  

ちはやふる結び 羊と鋼の森 より

上白石萌音

(決して派手な役ではないが、見ごたえのある演技を披露)

 

アイ・トーニャ より

ラヴォナ・ハーヴィング役

アリソン・ジャネイ

(ハリウッドも認めた見事な演技)

 

 

これらの候補者を抑えて受賞したのは……

 

 

f:id:monogatarukam:20180703200226j:plain

 

グレイテスト・ショーマン より

レティ・ルッツ役

キアラ・セトル!

 

 

ここも激戦区です!

 

主『もちろん、この賞の常連である松岡茉優をはじめとした多くの美女たちの名演技も強く印象に残っています。

 しかし、キアラ・セトルは決して美しいとされる容姿ではありません。役柄も髭の生えた女性です。

 そんな彼女が歌う、渾身の「This is me」の「私は私よ!」という歌詞が強く響きました。

 この映画が多くの人の心に残ったのは、彼女の決して美しいとは言えない容姿から出される力強い歌声と気高き精神、そして勇気への感動があるからでしょう。

 これはちょっと反則ですが……メイキングのThis is meを歌う彼女の姿を見た時が、この映画で最も鳥肌がたった瞬間かもしれません。グレイテスト・ショーマンは彼女の映画でもあります。

 映画は決して美女や経験豊富な役者だけのものではないと、その身をもって証明した彼女に、この賞を贈ります

 

 

最優秀助演男優賞

 

 

続きまして、最優秀助演男優賞の発表に参ります

 

 

カエル『今年も様々な形で存在感を発揮した男性陣がたくさんいましたが、候補者を選ぶだけでも一苦労するほど好演した役者が目立ったのではないでしょうか?』

 

 

それでは発表するぞ

 

 

ノミネート作品

 

 

羊の木 より

宮腰一郎役

松田龍平

(底知れない不気味さと結末に感動) 

 

スリービルボード より

ディクソン役

サム・ロックウェル

(難しい役を熱演、アカデミー賞俳優に)

 

グレイテスト・ショーマン より

フィリップ・カーライル役

ザック・エフロン

(本作は彼の映画でもあるでしょう)

 

アベンジャーズ インフィニティーウォー より

サノス役

ジョシュ・ブローリン

(今年の大活躍中の役者の1人。ヒーローよりも印象に残るヴィラン)

 

孤狼の血 より

日岡秀一役

松坂桃李

(本作の数々の名演技を代表してノミネート)

 

 

これらを抑えて受賞したのは……

 

 

f:id:monogatarukam:20180703200231j:plain

 

ちはやふる-結び- より

周防名人役

賀来賢人!

 

 

存在感がある演技を披露しました!

 

 

主『ここも多くの作品がしのぎを削り合う名演技合戦が見られましたが、本作の賀来賢人は、真島太一(野村周平)のライバルであり、そして師匠格としてとても強い印象を残しています。

 また、トリッキーな言動が多い周防名人を、単なる変なキャラクターにすることなく、様々な事情を抱えて苦悩する名人の姿を難しいバランスで演じきった点も賞賛に値します。

 この作品も主役、脇役を問わずに名演技揃いですが、その中でもより強く輝いていたと言えるのではないしょうか?

 

blog.monogatarukame.net

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

 

最優秀主演女優賞

 

 

それでは、いよいよ最優秀主演女優賞の発表に参ります

 

カエル『先に言っておきますが、この賞が一番難航しました!

 と言うよりも、発表する現段階でも正直決めきれていない部分もあり……あの人もこの人も良すぎて、逆に決定打がないような状況です。

 本当にみんないい意味で団子状態であり……高いレベルで競っています!』

 

 

それでは発表するぞ

 

 

ノミネート作品

 

スリー・ビルボード より

ミルドレッド役

フランシス・マグドマード

(さすがはアカデミー女優、世界が絶賛する演技)

 

ちはやふる-結び- より

綾瀬千早役

広瀬すず

(現代を代表する若手女優は今年も健在)

 

女は二度決断する より

カティヤ・シェケルジ役

ダイアン・クルーガー

(強さと弱さ、脆さを併せ持つ名演技に涙が……)

 

アイ・トーニャ より

トーニャ・ハーディング役

マーゴット・ロビー

(気難しく問題のあるスケーターを熱演)

 

万引き家族 より

柴田信代役

安藤サクラ

(特に終盤の彼女には絶賛意見多数!)

 

 

これらの女優を抑えて受賞したのは……

 

 

 

シェイプ・オブ・ウォーターなど複数作品より

サリー・ホーキンス! 

 

 

ここは今でも悩んでいます

 

 

主『特に今年は女優で魅せる映画がとても多く、ノミネート入りした全員が素晴らしく、年間チャンピオンクラスの名演技が毎月のように楽しめる年でもありました。

 ではサリー・ホーキンスにした理由は……『シェイプ・オブ・ウォーター』『しあわせの絵の具』で少し印象の異なりながらも、難しい役を熱演したこと。

  また、ノミネート入りした女優陣が『強い』印象の演技が多い中で、女性らしい柔らかさを感じさせるところもあり、そして性の意味で攻めた演技を披露しています。

 あまり若いとは言いづらい年齢ですが、とても魅力的でかわいらしい女性であり、ドキッとしてしまうこともしばしば。

 女性は若さではない! ということを象徴する女優の1人でもあります。

 主演ではないですが『パティントン2』の活躍もあり、今年を代表する女優の1人であるため、この賞に選ばせていただきました

   

blog.monogatarukame.net 

blog.monogatarukame.net

 

最優秀主演男優賞

 

 

それでは、最優秀主演男優賞の発表に参ります

 

カエル『こちらもたくさんの名男優がいましたが、その中でも特に目立ったのはこの辺りの面々ではないでしょうか?』

 

 

それでは発表するぞ

 

 

ノミネート作品

 

グレイテスト・ショーマン より

P・T・バーナム 役

ヒュー・ジャックマン

(彼の歌とダンスがあってのこの映画でしょう)

 

ロング.ロングバケーション より

ジョン・スペンサー役

ドナルド・サザーランド

(認知症を抱えながらも魅力的な夫を演じる)

 

君の名前で僕を呼んで より

エリオ役

ティモシー・シャラメ

(次世代の注目株。彼の成長が楽しみ)

 

 

 

これらの候補者を抑えて受賞したのは……

 

 

 

 

 

孤狼の血 より

大上章吾役

役所広司!

 

 

由々しき事態ですよ!

 

 

主『役所広司が圧倒的すぎる!

 本当に彼は殿堂入りさせないと、もう何年連続で賞レースを勝ち抜くんだ? というほどの絶賛する演技を毎度披露しますが、今作でも圧倒的でした。本当にハンデが必要かも……うますぎて非難される存在?

 冗談ぬきで話せば、やはり大上という人物のハチャメチャさと、ある種の正義が混在する強いエネルギーを持つ人間というのは伝わってくる演技でした。間違いなく、本作の役者を引っ張ったのは主演である役所広司の演技力でしょう。

 終盤の自分が傷つく場面の汚れ方といい、文句のつけようがない見事な演技でした』

 

 

 

 

最優秀監督賞

 

 

それでは、最優秀監督賞の発表ですが……今回はノミネートもなく受賞者のみの発表です

 

 

受賞者は……

 

 

文藝別冊 是枝裕和 (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 

 

是枝裕和!

 

 

 

やっぱり、今年を代表する監督といえば是枝監督でしょう

 

主「もちろん、賞レースを勝ち抜いたということもあるし、それだけの素晴らしい作品を撮ったということもあります。

 ただ、あれだけ日本中で激論が巻き起こるほどの社会性を強く持った話題作であったことは間違いなく、映画の枠を超えた作品でした。

 その現象自体に対してのそれぞれのスタンスなどもあるでしょう。私も全てを歓迎したわけではありませんが……

 2018年上半期最も話題になった監督を選べ、と言われたら……やはり是枝裕和監督になるのではないでしょうか?

 

 

blog.monogatarukame.net

  

 

尖っていたで賞 

 

次は尖っていたで賞の発表です

 

カエル『こちらはエンタメだけではなく、映画の先進性や、メッセージ性など、映像表現として飛び抜けた魅力のあった作品に贈られる賞です』

 

 

それでは発表するぞ

 

 

 

ノミネート作品

 

RAW 少女のめざめ

(超過激で正直気分を害したが、この表現でないとできないテーマがある)

 

15時17分、パリ行き

(イーストウッドの前代未聞の挑戦が生きた作品)

 

フロリダ・プロジェクト

(万引き家族と並ぶ、貧困に対してどう捉えるかリトマス試験紙のような作品)

 

生きのびるために

(Netflix限定。閉ざされた超男尊女卑社会で生活する女性を描く社会派意欲作)

 

ニンジャバットマン

(圧倒的でバカバカしくもある表現も多々あるが、ここまでいけばあっぱれ!!)

 

焼肉ドラゴン

(差別や偏見と真っ向から戦い、放送禁止用語も入れるなど強い覚悟のある作品) 

 

 

これらの作品を抑えて受賞したのは……

 

f:id:monogatarukam:20180627122117j:plain

 

 

カメラを止めるな!

 

 

色々言ったけれど、高く評価されるのも納得です

 

 

主『勘違いして欲しくないのは、自分はこの映画を「嫌いだ」と発言したことは1度もないわけで……ただ、合わなかったけれど、この映画が持つ力強さや計算されたうまさ、ハプニングをうまく笑いに変換する力などは絶賛に値します。

 また、映画愛にも満ちているという指摘も納得。

 記事では感想だったので好きなことを言いましたが、この映画を褒めようと思えばいくらでも褒められる、低予算であることを逆手にとったうまい作品だったでしょう。

 今年1番のダークホースなのは間違い無し。

 「0点か200点を目指した」という上田監督の発言にも納得の、見事に尖って成功した作品でした』

  

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

作品賞は……!?

 

カエル『えーでは、お待ちかねの作品賞は……』

亀『文字数もだいぶ多くなってきたし、ここで終了にしようかの』

カエル『……まあ、そうなると思っていたけれどさ。今年は大混戦だったね

 あ、あと、この記事もフォーマット自体は過去のランキング記事を流用しています」

亀「しかし、かけた時間はむしろこちらの方が長いかもしれんの……

 1から書いた方が楽だったか?」

 

カエル「……ちなみに、この次の作品賞はベスト30を発表していきますので、楽しみにしていてください!

 

 

 

blog.monogatarukame.net

blog.monogatarukame.net

blog.monogatarukame.net