物語る亀

ネタバレありの物語批評

新海誠関連

君の名は。が大ヒットした理由の考察と、圧倒的なエンタメ性について考えてみた

カエルくん(以下カエル) 「……今回は久々に新作映画はとりあえずほっぽり出して君の名は。について語るのね」 ブログ主(以下主) 「しょうがないじゃん。また見たらさ、それだけでも大きな発見がいくつもあったし、そんな発見があったら書きたくなるし。案…

江川、石田、井筒の君の名は。と新海誠に対する悪評に関して思うこと

カエルくん(以下カエル) 「2016年の映画界の話題の中心は、よくも悪くも新海誠だったような気がするね」 ブログ主(以下主) 「明らかに邦画、洋画を問わず、実写の映画よりも存在感を示したのがアニメ映画だったしな。シンゴジラもアニメ界に縁の深いスタ…

2016年の映画と震災〜『シンゴジラ』と『君の名は。』と『この世界の片隅に』〜

亀爺(以下亀) 「今回は2016年を代表する映画をまとめて批評するんじゃな」 ブログ主(以下主) 「やっぱりさ、今年の邦画大豊作の中でも『聲の形』も含めて、この4作品は異常だと思うんだよ。 語り方は色々あるけれど……今回は『シン・ゴジラ』と『君の名は…

『聲の形』と『君の名は。』と〜アニメ文化と映画とメディア〜

カエルくん(以下カエル) 「アニメ作品の快進撃が止まらないね! 君の名は。なんて、興収100億円がほぼ決定的、さらに成績を伸ばしてくるんでしょ!?」 ブログ主(以下主) 「……正直、ここまで伸びるとは全く思っていなかったな。しかも、聲の形も興収2位…

『シン・ゴジラ』と『君の名は。』と 〜あの日以降の日本と映画〜

カエルくん(以下カエル) 「今回はなかなか重そうなタイトルだね」 ブログ主(以下主) 「そうね。タイトルだけだとすごく重いことを語ろうとしているように思えるけれど、結局はある種の物語論だからそんなに重いものにはならないと思うよ」 カエル「そう…

映画『君の名は。』考察と評論 作品タイトルに込められたテーマとは? ※ネタバレあり!

亀爺(以下亀) 「ここからは選手交代じゃ、カエルに変わってわしが担当するぞい」 ブログ主(以下主) 「いや、この記事から読み始めた人が意味不明だから、そういう紹介やめろよ」 亀「最近、わしの出番が少ない気がするからの。こう言う評論系の記事で存…

映画『君の名は。』感想と解説 新海誠の最高傑作が登場! ※ネタバレは……ほとんどなし

カエルくん(以下カエル) 「いや〜!! 『君の名は』すっごく面白かったよね!!」 ブログ主(以下主) 「…………」 カエル「なんというかさ! これまでの新海誠の全てが詰まった、集大成みたいな作品だよね!!」 主「…………」 カエル「……あ、これシン・ゴジラ…

新海誠作品に関する記事まとめ

新海誠作品を扱った記事が多くなってきたので、ここで一度まとめます。 カテゴリーで分けるので十分かなぁ、とも思いつつ、少しだけ記事内容の解説もしておきたかったので、記事として1つにまとめてみようと思ういます。 映画の新海作品は全てレビューしてい…

『君の名は』に期待する理由と、試写会のざっくりとした感想

カエルくん(以下カエル) 「『君の名は』の公開まであと2週間を切ったね」 ブログ主(以下主) 「そうねぇ……」 カエル「これまでの全作品レビューを終えてみて、改めて聞くけれど、『君の名は』の期待度は主の中ですごく高いってことでいいんだよね」 主「…

映画『星を追う子ども』感想と評論 この作品で得たものとは?

カエルくん(以下カエル) 「新海誠を語ろうシリーズ、これがとりあえずこのブログでは最後の作品だよね」 ブログ主(以下主) 「すでに言の葉の庭は語り終えているから、これで全作品になるな……しかしまあ、語りづらい作品だよなぁ」 カエル「新海作品の中…

映画『雲のむこう、約束の場所』感想と評論 新海誠の売りってなんだろう?

カエルくん(以下カエル) 「新海誠を語ろうシリーズの続編だね」 亀爺(以下亀) 「新海作品の中でもあまり語られることのない作品じゃな。知名度も人気も、他の作品に比べれば低いような気がするの」 カエル「Yahooレビューの評価を見ても少し落ちるよね」…

映画『ほしのこえ』感想と評論 新海誠が詰まった作品!

カエルくん(以下カエル) 「新海誠の最新作の公開が間近だね!」 亀爺(以下亀) 「主は新海誠のファンじゃから、初日に観に行くのじゃろうな」 カエル「それに合わせてこれまでの新海作品の感想を書いていくんだね!」 亀「すでに秒速5センチメートルなど…

映画『言の葉の庭』感想 新海誠の十八番! ラストをどう解釈するか……?

この夏に新海誠の最新作『君の名は』が公開されるので、それに向けて少しずつレビューを書いていっている。 『君の名は』の予告編を見ると進研ゼミや大成建設のCMの影響もあったのか、王道のコメディータッチな物語が展開されそうな雰囲気が漂っており、娯楽…

彼女と彼女の猫〜Everting Flows〜 4話まとめて感想 透明な空気感と雨

彼女と彼女の猫が4話すべて放送を終えたので、その感想を書いていく。 まずはじめに、前回2話において感想記事を一度上げたのであるが、その時はかなりの辛口コメントをしてしまったが、あれは反省点だったな。 こちらの記事とは温度差が大きく異なるという…

テレビアニメ版 彼女と彼女の猫〜Everting Flows〜 2話までの感想

新海誠ファンとしては大注目の『彼女と彼女の猫』のテレビシリーズ。 前回の1話はレビューが書けなかったが、今回は2回目にして少し書いていく。 なお、今回はそれなりに辛口のことを書いているので、賞賛コメントを読みたい方はお引き取り頂くか、下の記事…

映画『秒速5センチメートル』感想と評論 圧倒的な共感性 監督新海誠

3月8日の深夜に秒速5センチメートルがBSで放送されると聞いて、その前にレビューのようなものをあげていきたい。 最近、新海誠のデビュー前の作品である『彼女と彼女の猫』がテレビアニメ化されたので、少し新海誠ブームというか、波が来ているのだろう。個…

新海誠『彼女と彼女の猫』感想(EFの記事もあり)

新海誠というのは今の日本アニメ界において非常に特殊な立ち位置にいる監督だ。 テレビアニメーションの世界に一切関与することなく、彗星の如く突如現れては、短編アニメーションを次々と作り上げていき、その圧倒的に美しい背景と世界観、詩的なセリフなど…