物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

小規模公開映画

映画『シークレット・オブ・モンスター』感想と考察 パズルが組み合わさった時見えてくるものとは?

亀爺(以下亀) 「それでは、今日も映画の感想記事を始めるかの」 ブログ主(以下主) 「……なんか、最近さ、見たい映画がどんどん増えてくることに戸惑いすら覚えるんだよね」 亀「確かに、物語評論ブログであったはずなのに、いつの間にか映画感想ブログに…

映画『世界の果てまでヒャッハー』感想 お馬鹿たちの珍道中に抱腹絶倒! 笑いが止まらないコメディーが登場!

カエルくん(以下カエル) 「題名だけ見ると、どんな映画か全くわからないよね、この映画」 ブログ主(以下主) 「明らかにふざけているダメな邦題の典型みたいなタイトルだもんな。奇抜な名前で目立ってなんぼ、みたいな精神が見えてくるというか」 カエル…

映画『手紙は憶えている』感想 アウシュビッツの苦悩は、果たしてユダヤ人だけのものか? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回はナチスドイツの戦争犯罪を扱った映画じゃの。このブログでは比較的に登場する回数が多いナチスものじゃが、あまりハズレがない印象があるの」 ブログ主(以下主) 「……もうさ、こういうブログで映画や物語評論やっていると、痛感する…

映画『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』感想と評論 なんか騙されている気がする?

亀爺(以下亀) 「さて、今回は現在公開中のアウシュビッツと歴史教育を描いた映画『奇跡の教室』を扱うが……」 ブログ主(以下主) 「まずはじめに言っておくけれど、今回は酷評します。 だからこの映画が大好きとか、どんなレビューがあるんだろう? って人…

映画『ケンとカズ』感想 すごく応援したくなる作品だなぁ

亀爺(以下亀) 「今日は渋谷へと行ってきたんじゃな。彼の地は苦手と言っておったようじゃが……」 ブログ主(以下主) 「できれば行きたくないよ、怖いし、騒々しいし、迷うし。今回ようやくハチ公口から出て、109を抜けてユーロスペースまで行く道を迷わず…

映画『シング・ストリート 未来へのうた』感想 『初期衝動』のスッキリ青春ロック映画! 

亀爺(以下亀) 「このブログもこの記事で200記事目か。ちょうど半年と、いい節目になったの」 カエルくん(以下カエル) 「これも皆様の日頃のご愛好の賜物です。一見さんも常連さんも、ありがとうございます」 亀「記念すべき200記事目だから少し変わった…

映画『FAKE』(森達也監督)感想 佐村河内守という男の『真実』の考察

亀爺(以下亀) 「今週も見たい映画がたくさんある中で、あえてこの映画を選択したんじゃな」 ブログ主(以下主) 「まあね。本当は渋谷なんて一歩も足を踏み入れたくなかったんだけど、一番近い劇場が渋谷だったから、仕方なくね」 亀「渋谷か……確かに大都…

映画『帰ってきたヒトラー』感想 毒の強いコメディー映画! ※途中からネタバレあり

ここ最近に限った話ではないものの、ナチスドイツを扱った映画がまた多くなってきているように思っている。おそらくこれは世界情勢の不安定化と、『我が闘争』がドイツ国内で著作権が切れた関係により、出版されたことでまた注目を集めているのだろう。 数あ…

映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』感想 実写の押井作品登場!

『GARMWARS ガルム・ウォーズ』が日本語吹き替えされて公開された。 鑑賞してきたので、その感想を少し書いていきたい。 どうやら本来は2000年に公開する予定だったのだが、プロジェクト凍結をした後、2013年から撮影開始、鈴木敏夫や虚淵玄が加入し、本作が…

映画『マジカル・ガール』 感想 オタク的見地から考察してみる

今週はバットマン VSスーパーマンや岩井俊二の最新作などもあったのだが、いかんせん上映時間が非常に長かったために敢え無く断念。岩井俊二の作品なんて180分だよ!? 私が鑑賞した映画館での最長上映時間が大脱走の160分くらいで、あれほどの大名作でアク…

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』感想 あなたはこの映画のメッセージに気がつきましたか?

うん、この映画は大好き! なんて突然の告白から今回の感想記事はスタート。元々モーガン・フリーマンが大好きなため、結構前からチェックはしていたのだが、何かと見に行くチャンスがなかったため今回鑑賞した。 それではまずは恒例の一言感想から。 大好き…