物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

Netflix『攻殻機動隊SAC2045』ネタバレ感想&評価! 初3DCGの違和感はあるものの、後半はしっかりと攻殻機動隊!

 

今回は攻殻機動隊の新作、SAC2045についてのお話です!

 

 

……攻殻シリーズ、どこまで観たっけなぁ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「シリーズが色々とたくさんありすぎて、しかも結構時系列とかも関係なかったりするからねぇ」

 

「映画版もOVAもあるし、アライズやら何やらも色々とあるから……多分、全部は観ていないけれど、8割くらい観ているはずなんだよなぁ」

 

カエル「結構複雑なストーリーでもあるから、似たような人も多いのではないでしょうか?

 では、早速ですが感想記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 本来、最もCGに向いているアニメシリーズ作品?
    • 映像表現の難しさ
    • 声優について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 前半と後半の物語の違い
    • 『ライ麦畑でつかまえて』と感傷的な物語

 

 

続きを読む

テレビアニメ『イエスタデイをうたって』3話までの感想&解説 緻密に練られた日常表現が物語を魅力的なものにする!

 

 

 

今回はテレビアニメ『イエスタデイをうたって』の感想記事になります!

 

 

この春のアニメでも期待している作品です!

 

カエルくん(以下カエル)

「ちなみに原作既読の意見となりますが……3話以降のネタバレは致しません」

 

「……ネタバレしたくても、結構改変されているから、予想ができないというのが正確かもね」

 

カエル「それでは、早速ですが記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 日常的な表現
    • 原作改変能力の高さ
  • 映像表現について
    • 1話について
    • 子供以上・大人未満の関係性
  • 第2話の演出について

 

続きを読む

藤原啓治さんについて

 自分のようなアドセンスやアフィリエイトを貼るようなブログの場合、あまり人の死などの内容には触れない方がいいのかもしれない。初期の頃は、いくつか亡くなられた方の記事も書いていたが、今ではすっかり触れないようにしていた。

 

 だけれど、やはりこの方については、触れなければいけないのではないか、という思いが強い。

 なので、ブログ共通のアドセンスは外せないけれど、この記事自体にはアドセンスを張らないことで、ご容赦願いたい。

 それだけ、藤原啓治さんの死には大きな衝撃を受けてしまった。

 

 

続きを読む

amazarashiと『青の帰り道』と藤井道人監督

 今回の記事は映画の感想文とはちょっと違う。

 いつも以上に個人の感情が乗っただけの、文章の羅列になることだろう。

 それもまた一興、ということで、ご容赦願いたい。

 

 amazarashiと『青の帰り道』という映画、そして私が藤井道人という監督に寄せる気持ちに対する、取り止めのない文章だ。

 

  • amazarashiについて 
    • 音楽の原体験
    • amazarashiとの出会い
    • 寺山修司の革命
    • 歌詞で革命を果たす者たち
  • 『青の帰り道』
    • 残る者と、出ていく者
    • amazarashiの映画
    • 人生において、価値も負けもない
  • 藤井監督について
    • 映画とは同時代的なものである
    • 同時代に、同世代で生きる者との出会い
    • 同時代の作家がいることの奇跡

 

 

続きを読む

物語る亀(井中カエル)寄稿記事一覧

※3/13更新

 

フリーライター、井中カエルとして寄稿した記事はこちらにまとめています!

 

 

 

ライターとして興味がある方は以下のアドレスから連絡をお待ちしています

 

monogatarukame※gmail.com
※→@

 

  • 映画系 
    • リアルサウンド 映画部
    • シネマズPLUS
    • 現代ビジネス
    • フィルマガ
  • 漫画系
    • Comee mag

 

 

続きを読む

テレビアニメ『BNA』ネタバレ感想&6話までの評価 TRIGGGERらしさは感じるものの、世界展開に向けた視点が強すぎる気も……

 

テ今回はテレビアニメ『BNA』の感想記事になります!

 

 

Netflixで先行配信を見ました!

 

カエルくん(以下カエル)

「この記事を書いている時点では1話がテレビ公開なので、この記事では

 

  • 1話の印象
  • ネタバレありで6話までの話

 

をしていきます!」

 

「色々と注目度の高い作品だし、やっていこうか」

 

カエル「というわけで……早速ですが記事のスタートです!」

 

  • 感想
    • 世界を狙いにきたTRIGGERと、個人的な懸念
    • 声優について
  • 以下6話までのネタバレあり
  • 作品考察
    • 1~3話の主張
    • 5話の圧倒的な面白さ

 

続きを読む

映画『AKIRA』感想&評価! 予言的とも言える本作を支えた大友克洋などの若い力と時代の熱さを感じられる一作!

 

今回はIMAXで上映も始まった『AKIRA』の感想記事になります!

 

 

……映画館が閉まってしまったから、ネタがないと嘆くしかないの

 

カエルくん(以下カエル)

「より正確にいうならば、ネタはいくらでもあるんだけれど、書きたいと思える作品・あるいは集客力のある作品がない、というのが正解なのかな?」

 

亀爺(以下亀)

「しばらくはテレビアニメ・旧作レビューといくが……この現状ではテレビアニメもいつまで保つかわからんしの」

 

カエル「コロナショックは甚大だね……特に映画・アニメ界などのエンタメ業界は泣くしかないのかな……」

亀「しばらく耐える日々が続くの。5月から再開してくれればいいが……そうもなりそうもない、のが現状かの。

 もう、2020年はなくなって、全部2021年に延期になった、くらいに考えた方がいいかも知れん」

 

カエル「ネガティブなことも言いたくなるけれど、それでも頑張って記事を書いていきましょう!

 旧作や過去記事を手直すチャンスでもあるしね!

 というわけで、AKIRAの記事のスタートです!

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • ほぼフルアニメーションの作画に圧倒される
    • 伝説的なクリエイターが若い頃の熱さが詰まった作品
  • 作品考察
    • 『AKIRA』も予言できなかった現代
    • AKIRAとは何者なのか?
    • ガイナックスとの共通点と繋がり
    • まとめ

 

続きを読む