物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

映画『劇場版幼女戦記』感想&評価! ターニャの悪どい魅力が100パーセント詰まっており、圧巻のアクション描写が魅力の戦争エンタメ作品!

 

今回はテレビアニメも好評だった『劇場版幼女戦記』の話をしていきましょう!

 

 

 

ずっと気になっている作品ではあったんだよねぇ

 

カエルくん(以下カエル)

なんか、最近はこの発言が恒例化してきた感もありますが、テレビシリーズも原作も手に取っていません!

 とは言っても、設定自体は知っているレベルではありますが」

 

「別に”興味ない”とかではなくて、幼女戦記はめっちゃ興味津々だけれど、見る時間がないので後回しにしているうちに溜まってしまった作品だね。

 ちなみに、うちのトルネにはまだ残っているのでいつでも鑑賞することができるのだけれど……」

 

カエル「原作もアニメ化前から話題になっていて、興味はあったけれどライトノベルらしくすごく長いから、手を出すのをやめてしまったんだよね」

主「なろう系ではないけれど、インターネット小説サイトから誕生した作品でさ。自分も”なろう系”なんて言って半分馬鹿にするような言説になってしまう時もあるけれど、でも2010年以降のアニメ、ラノベ文化はネットから生まれる作品を抜きにして語れない。

 もちろん玉石混交ではあるけれど、中にはとても面白い作品もあって……幼女戦記もネット小説とか、ラノベだからといって馬鹿にできない作品だと思っている。

 まあ、と言っても原作もアニメもほぼ未見で設定などをかじった程度だけれど、この劇場版を観て、その評価を強くしたね」

 

カエル「では、そのあたりも含めながら語っていきましょうか。

 幼女戦記の感想記事のスタートです!」

 

 

 

 

作品紹介・あらすじ

 

 作者のカルロ・ゼンが2011年からインターネットの小説投稿サイトで連載を開始し、2013年からKADOKAWAにて書籍化され連載され、2017年にはテレビアニメも放映された『幼女戦記』の劇場アニメ化作品。

 監督は上村秦、脚本は猪原健太、キャラクターデザイン・総作画監督に細越裕治などテレビシリーズでも力を発揮したスタッフが手がける。

 キャストは悠木碧、早見沙織、三木眞一郎、大塚芳忠、玄田哲章などの実力派声優がテレビシリーズと変わらずに好演。その他、戸松遥、チョーなどが新キャラクターに声を当てる。

 

 日本においてサラリーマンだった男が死んだ結果、その記憶を持ちながら存在Xの手によって転生し、金髪碧眼の9歳の少女ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐として成長していた。

 彼女が率いる帝国第203航空魔導大隊は、南方大陸での共和国軍残党との戦いに勝利し、待望の凱旋休暇を楽しみにしていたがターニャが所属する帝国と対峙するルーシー連邦国境付近にて不審な点が確認され、新たなる任務に赴くことになる……

 


「劇場版 幼女戦記」本予告

 

 

 

 

感想

 

では、Twitterの短評からスタートです!

 

 

これはアニメファン必見! 楽しめるアクション映画でした!

 

カエル「いや〜、本当に面白い作品だよね!

 ほとんどここまでの流れは知らないけれど、でもこの作品の魅力はすごく伝わってくるような内容で!

主「基本的には世界大戦中のヨーロッパを参考にしているから、とてもわかりやすい物語でもある。というのも、多くの漫画やアニメ、ゲームではこの時代を参考にしたものも多く制作されているし、架空の戦記とはいえお話自体もこれらの作品に馴染みがあればついていきやすい。

 これが完全にファンタジーな世界を舞台にしたものだったら、ついていくのがきつかったかもしれないな」

 

カエル「それに、今作が繰り広げる大迫力の戦闘シーンや爆発シーンなどが本当にすごくって!

 この戦闘シーンを目的に劇場に向かってほしいくらいです!」

主「最近アニメ映画を見慣れているからか、今回の爆発シーンなどのエフェクトがあまりにもすごくてれ、もしかした橋本敬史が作画監督みたいなことしているんじゃ?』ともったら、案の定エフェクトディレクターで参加されていました。

 やはりエフェクトに関しては当代随一の迫力を持って描ける人であり、今作も爆発などの細かい描写が非常に迫力があります。

 それに今作では空戦描写が非常に多く、その動きも素晴らしい! 

 劇場で観ることをオススメしたい作品になっています!」

 

カエル「そして今回は川崎にあるチネチッタで鑑賞しましたが、音響監督の岩浪美和が特別に音響調整しただけあって迫力が満点!

 他にも立川シネマシティ、イオンシネマ幕張新都心で特別な音響調整がされており、どうしても東京周辺になってしまいますが、できればこれらの劇場で見てほしい作品です!」

主「いやぁ……砲撃シーンなどで震えたね!

 これだけの大迫力を体験できる機会なんてほとんどない!

 自分の評価もこの音響の効果もあって爆上がりですよ! 音圧で体がビリビリと震えだすほど!

 ぜひ、これらの劇場で鑑賞できる方は行ってみてください!

 

 

 

架空の戦記ものだからこそできること

 

そして戦争描写も素晴らしかったよねぇ……ターニャの悪魔のような振る舞いに震えちゃった!

 

戦争映画では描けない面白さが詰まっていたよなぁ

 

カエル「そりゃあね……日本では戦争は絶対的な悪であるし、もちろんそれは正しいし。命が失われる以上、それが娯楽であっていいはずがないというのも最もで、実写で戦争映画を製作すると、どうしても失われていく命の方に注目をしてしまうから少しくらい印象にもなってしまって……」

主「だけれど、本作はそのような湿っぽさが一切ない。

 徹底的に合理主義のリアリストのターニャが主人公だからこそ、悪党でありながらもその魅力に満ちている。特に今作は明らかにナチスドイツがモデルとなっている帝国側に所属しているけれど、このような描き方って実写ではできないじゃない?

 それをこのように描いてくれたこと……その突き抜け方が、本作の最大の魅力といえるだろうな

 

カエル「もちろん戦争はダメだけれど、銃や戦車、爆撃にワクワクしてしまうのも人の性であって……あの宮崎駿ですらも戦車や飛行機が好きで何度も作品中に出しているしね。

 これはアクション映画が好きな人にも共通するだろうけれど、なんだか何だ言ってもフィクションの中では人が倒れる場面を娯楽として楽しんでいる部分もあって……悪い奴が次々と撃たれたり斬られていく快感ってのも否定できないもんね

 

主「それでいうと、本作はそのような快感に詰まっている。一部の作品では『殺さない主義』というものもあるけれど、それとは真逆にある作品だよね。

 それに戦争描写の奥深さが大好き!

 作戦の許可のために政治的判断を仰ぐために上に確認したり『戦争は外交の手段でしかない』というセリフにもしびれた!

 このように当たり前のことを当たり前に描いている作品って、近年でもほとんどなかったような印象があるから、一気にテンションが上がりました!

 

 

 

声優について

 

本作もキャストが超豪華です!

 

碧ちゃん最ッッッッッッ高ですわ!

 

主「自分は今の日本声優界において、女性で30歳以下では悠木碧と早見沙織がTOP1、2だと思っているんだよ。じゃあ、この2人のうちどっちのほうがうまいのか? と言われるとそれはすごく難しいけれど……今作のようなハッチャけた、言ってしまえば狂人のような演技に関しては悠木碧の方に軍配があがるんじゃないかな?

 その魅力が最大限発揮されているし、今作が超絶的に面白いのは悠木碧の演技力が非常に大きいのは間違いない!

 

カエル「しかもその副官に早見沙織がいて、相手役が戸松遥だもんね……これは声優ファンにはたまらない作品になっているのでは?

 そして忘れてはいけないのが、今作はいい声をしたおじさんたちが非常に多いということです!

主「幼女戦記の名前だけを聞くと、なんだかキワモノのような印象を受けるかもしれない。まあ、それそれはそれで間違いではないんですが、本作はそれだけでは収まらない魅力が沢山あります!

 その1つが重厚なベテラン声優たちの演技であり三木眞一郎、大塚芳忠、玄田哲章、飛田展男、チョー、森川智之などのいい声のおじさんたちが非常に多い!」

 

カエル「やっていることはファンタジーもあるけれど、政治劇も含んだ戦争ドラマだよね。この可愛い女の子たちが目につくけれど、このおじさんたちがいるからこそ、女の子たちの魅力も引き立つわけで……」

主「戦争をエンタメで描く面白さがここにあるよなぁ。

 この声優陣たちの名演技もぜひぜひお楽しみください!

 

 

 

まとめ

 

では、ここで1度まとめに入ります!

 

  • 迫力満点! 最高のエンタメ戦争作品に!
  • 声優陣も熱演! 特に悠木碧の魅力が100パーセント生きています!

 

後ほどネタバレありの項目を追記します!

 

カエル「今週は観たい映画がありすぎていて……ネタバレありで語る項目は少しお待ち下さい!」