読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画『BLAME!』感想 音響に拘った、映画館で見るべき作品! 

カエルくん(以下カエル)

「では今回は弐瓶勉原作の新作アニメ映画『BLAME』の感想記事と行きますか!」

 

ブログ主(以下主)

「やる気に満ち満ちているねぇ」

 

カエル「今週はいい映画……というか興味深い映画が多かったけれど、この作品もその1つで……音響監督の岩浪さんが全国の音響にこだわる映画館を回って、とんでもない音質の映画を目指していて!

主「最近は『極上音響』やら『爆音上映』やらの音響にこだわる映画館が増えているけれど、特にアニメの分野においては岩浪さんこだわりがすごいよねぇ。『劇場版ガールズアンドパンツァー』だったり『ソードアートオンライン』などはその音響の力も発揮していたからこそ高評価を得る作品になった。

 前にも語ったけれど、いい音質を持った劇場で公開される作品がアニメだったりハリウッド大作ばかりだというのが本当にもったいなくて……如何に邦画が音響、音楽に対するこだわりを持たずに製作されているか、ということの証明にもなっている

 

カエル「主題歌を演奏しているアーティストが豪華などの話は聞くけれど、音響にどれだけこだわりました、という話はほとんど聞かないもんねぇ」

主「確かにお客さんを呼ぶのは主演しているキャストがアイドル並みの人気があるとか、主題歌が人気アーティストでファンがその新曲を聴くために劇場へ、ということもあるかもしれない。

 だけど『映画館で見る意味』を考えた場合でっかいスクリーンと圧倒的な音響という利点は映画館でしか味わえないものであって、それは家庭でDVDなどで見るのとはわけが違う。

 アニメ映画が好調な理由の一端がこの『こだわり抜いた音響』にあるのは間違い無くて……そこを実写邦画も見習ってほしいね」

 

カエル「というわけで、今回は岩浪さんが調整して認定証を発行した映画館の極上の音響で鑑賞してきました!

 もちろん映画館で見た方が楽しめるし、ちょっと遠出する価値はあると思います!

 気になる方は是非劇場で! 絶対もったいないから!」

主「というわけで感想記事のスタート」

 

  • 1 他の邦画CGアニメーションと比べて
    • 完結した物語
  • 2 CG向きの作品
    • 一方で気になった箇所
    • 『映画』にするということ
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』感想 エンツォ、君こそが鋼鉄ジーグだ!

カエルくん(以下カエル)

「ここでまさかの鋼鉄ジーグが海外で映画のモチーフになるとは……1年前に言われても『そんな馬鹿な話があるか!』っていうレベルじゃない?」

 

亀爺(以下亀)

「1年前にはすでにイタリアで完成して上映もされておるが、にわかには信じられなかったであろうな」

 

カエル「ジーグって日本だとそんなに人気がないよね?

 日本で人気のロボットアニメというと近年のものは除くとしても、やっぱり『マジンガーZ』とか『ガンダム』などになってくるわけで、あの年代のロボットアニメの中でも特別目だった作品ではないし……

 じゃあ永井豪作品としては? と言われても代表作とも言えないし……

亀「そうじゃの。永井豪作品と言えば『キューティーハニー』やら『ハレンチ学園』『デビルマン』などもある中で、ジーグが代表作と呼ばれることはない。スーパーロボット大戦の中でも何回かは出ているはずではあるが、しかし人気タイトルで目玉の作品、ということはない印象じゃの」

 

カエル「ビックリだよねぇ。日本のアニメが海外では大人気という例がたくさんあるけれどジーグほどに日本と海外(一部地域とはいえ)の評価が乖離している作品ってそんなにないかもしれない。

 海外人気も高い作品というと『アルプスの少女ハイジ』とか『ドラえもん』なども人気ではあると聞くけれど、これらは日本でも人気のある作品だしね」

亀「海外で何が流行るかは全くわからないという好例じゃろうな。

 それではそんなジーグをモチーフとした本作の感想記事を始めるとするかの」

 

  • 1 ざっくりとした感想
    • アクションについて
  • 以下作中に言及あり
  • 2 ヒーローとは何か?
    • 永井豪の戦略
    • 最後に

 

 

 

続きを読む

映画『夜明け告げるルーのうた』感想、考察、批評 誰よりも『優しい』湯浅作品がここに誕生!

カエルくん(以下カエル)

「そして今週公開作品ではヴィルヌーヴに続き、大好きな監督の新作公開第2弾のお話をするよ!」

 

ブログ主(以下主)

「湯浅政明ワールド全開だ! 注目のアニメが来たぞぉ!!」

 

カエル「いやー、これだけ好きな監督の新作が連続で公開されると嬉しいけれど大変だよね。特に今週は見たい映画が多いし……」

主「鋼鉄ジーグなどもあるからね。あ、先に言っておくと『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』も結構面白かったよ! 一見の価値あり!

 それは後々記事にするとして……今回は湯浅政明作品のお話だよ!」

カエル「つい先月に『夜は短し歩けよ乙女』があって、その次の月にこの作品だからね。湯浅監督も相当力を入れてきているなぁ。

 しかもオリジナルは初らしいし」

主「『湯浅マジック』は定期的に見たいから、これだけコンスタントにやってくれるのは非常に嬉しいねぇ」

カエル「じゃあ、今回も長くなりそうなので前説はここまでとして、感想記事を始めるよ!

 ちなみに今回はここまでの流れで分かるとおり、湯浅政明監督ファンの意見になりますのでよろしくお願いします!

 

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • 『ピンポン』から考える湯浅作品の特徴
    • 湯浅作品の特徴
  • 2 脚本家、吉田玲子の存在
    • 技術的な部分について
  • 以下ネタバレあり
  • 3 序盤について
    • OPに至る『間』
  • 4 人魚とは何か?
    • それぞれの人魚に対する立ち位置
    • 影の中に暮らす人魚
    • 夢破れし者への救済
  • 5 底抜けに優しい物語
    • 犬と人魚
  • 6 東日本大震災と本作
    • 歌うたいのバラッド
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『メッセージ』感想と解説、批評 ヴィルヌーヴらしさに溢れた『言語のSF』登場! 

カエルくん(以下カエル)

「えー、今回は語ることが多いので、記事前のコントはほとんど省略します」

 

ブログ主(以下主)

「ヴィルヌーヴの新作だからね! 仕方ないよね!」

 

カエル「ちなみに原作未読、ヴィルヌーヴ作品は『静かなる叫び』以降は全て見ているくらいにはヴィルヌーヴファンであり、今最も注目すべき映画監督と位置付けているファンの感想記事になります」

主「まあ、はまったのは『静かなる叫び』を見た後だから、ここ3ヶ月ちょっと? くらいだけど、逆に言えば1番熱がある時なので、それだけ熱い感想があるかも。

 本当は過去作全て見たいけれど『渦』などはともかくとして短編は日本で手に入るのかもわからないしなぁ……」

カエル「でも今最も注目を集める監督の1人というのは多分映画ファンの共通認識じゃないかな?

 

主「自分が監督名だけで映画館に初日に走ろうと思うのは『ラ・ラ・ランド』などのデミアン・チャゼルとヴィルヌーヴくらいかな。アニメ監督だったら山田尚子などを始めとしてたくさんいるけれど……

 というわけで今回は『メッセージ』の感想だけでなく、過去のヴィルヌーヴの作品などとも比較しながら語る記事になります。

 長いです

カエル「あとは原作は未読なのでその視点からは語らないです。

 これで原作からの視点もあったらもしかしたら過去最高の長さになったかも……」

主「じゃあ、早々に感想スタート!」

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • SF苦手な人間として
  • 2 ヴィルヌーヴについて
    • カナダ出身というバックボーン
    • 過去作のつながり
  • 3 言語について〜基礎的な知識〜
    • 表意文字と表音文字
    • ちょっと余談 日本語の特性
    • 時制について
  • 以下ネタバレあり
  • 4 『言語』のSF
    • 受け手に依存する『文字』
  • 5 アメリカと中国
    • 時制と『メッセージ』
  • 6 未来と受け繋がれること
    • SFと家族
    • 最後に

 

続きを読む

映画『複製された男』感想と解説 恐ろしくも哀しいクモの意味

カエルくん(以下カエル)

「いよいよ楽しみにしている『メッセージ』の公開だね!」

 

ブログ主(以下主)

「それに向けて少しばかりヴィルヌーヴの記事について厚くしようと思っていたんだけど……」

 

カエル「今週は『灼熱の魂』『複製された男』『ブリズナーズ』について語ってヴィルヌーヴ週間にしよう! と息巻いていたはずだけど……どうして公開日になって1つ目の記事を書いているのかな?

 やっぱり忙しいとか?」

主「いや、単なる怠惰。

 別に仕事が忙しいとか、プライベートが充実しているとか一切ないよ」

カエル「……え? なんか、小説を書いていたとか、映画をたくさん見ていたとか勉強していたとか……」

 

主「一切ない。元々5月ってやる気がないんだよね。4月で締め切りの小説新人賞も多くて、ブログもGWを終えるとしばらくの間アクセス数が稼げない時期だし、そもそも最近アクセス数が減っていく一方だし(笑)

 しかもFEヒーローズってスマホゲーがさ、めちゃくちゃ面白くて……元々FEシリーズ大好きなんだけれど、今回イベントで30分に1回しかできない戦闘のイベントが始まったんだよ! それをやるじゃん? そのままTwitterやゲームをやるじゃん? 30分すぎるじゃん? でまたイベント消化して……ってやっていたら、ブログなんて手につかないよね(笑)」

カエル「(笑) じゃねーんだよ!! 

 なんだよ怠惰って! 今月2日に1本も記事を書けていないんじゃないの!? ネタはあるんだろうが! さっさと書けよ!

 そんなところだけ押井守かお前は!?」

 

主「いや、でもこの文量の記事を2日に1回あげているだけで十分な気も……」

カエル「それが3日に1回になり、一週間に1回になり、やがて書かなくなるんでしょうが! それが1番わかっているんだから、さっさと書く!」

主「……はいはい。

 じゃあ、今回はヴィルヌーヴ作品ということで最も意味が分かりづらい作品であろう『複製された男』について解説と共に書いていくよ

 

  • 1 評価の芳しくない作品
    • 映画としての出来は?
  • 2 作品解説
    • 講義について
  • 3 二人の男
    • クモのモチーフ
    • 『1度目は悲劇、2度目は笑劇』
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』感想 合うか合わないかは感性によるんだろうなぁ

カエルくん(以下カエル)

「じゃあ、今週公開の邦画の中ではおそらく1番注目されてそうなこの作品について語っていくとしようか」

 

亀爺(以下亀)

「小規模公開ながら映画好きの中では注目されておる印象があるの」

 

カエル「この作品は実は試写会で見たんだけど、平日ということもあるのかもしれないけれど、若い女性が多い印象だったなぁ。ターゲットにしている層がそのあたりで作為的に選んだのか、それとも偶然なのかちょっとわからないけれど……」

亀「主役が池松壮亮じゃからの。どちらかというと女性向けということなのかもしれんな」

カエル「試写会の場所が渋谷でさ。このお話って渋谷とか東京の街が多く出てくるお話だから結構リンクしていて……まあ、多分それも狙っているんだろうけれどね。

 こういう『東京』のお話って比較的多い印象だけど、東京に1回も行ったことがないって人もそれなりに多いと思うけれど……そういう人はどんな印象を持つんだろうね?」

 

亀「ピンとこないのかもしれんの。

 例えば『田舎の町』が重要な意味を持つ物語などもあるが、それは田舎であるということが大事なのであって、その特定の場所が大事なわけではない場合が多い。じゃが、東京が出てくる場合は『東京という街』が重要な意味を持つ作品も多いからの。

 もしかしたら東京について語る……それだけで想定する観客を限定してしまうのかもしれんの

カエル「自分は福岡とか札幌ってまだ行ったことないけれど『福岡という街が……』と言われるとへぇ……としか思えないし。まあ、確かに東京という言葉と場所に特別な意味があるのかもしれないけれど……」

亀「そのあたりについても記事で考えてみようかの

 それでは感想記事のスタートじゃ」

 

  • 1 ざっくりとした感想
    • 役者について
    • 今作のMVP
  • 以下作中に言及あり
  • 2 詩を物語にするということ
    • 東京という街
    • 街中で流れる歌
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』感想など この邦題、いいじゃない!

カエルくん(以下カエル)

「えー、今回はこのブログが比較的苦手にしているタイプの映画である、マーベル系映画ですが……」

 

ブログ主(以下主)

「いやー、今回悩んだね。今月1番大きな映画であることは間違いないけれど、記事にするべきかどうか……」

 

カエル「前作は観たの?」

主「見たよ。マーベル系映画が苦手な理由って、予習しなければいけないことが沢山あることなんだよね。もちろん前作などは見ておかなければいけないし、語るんだったらマーベルコミックの方にも手を出した方がいいでしょ? 

 そうなるとどれだけ時間を取られるんだ? って話で、結構ハードルが高いわけよ」

カエル「う〜ん……それを言うとアニメ映画とかゴジラシリーズ、スターウォーズも似たようなものだけどねぇ。新規参入にはハードルが高いというのはシリーズものの欠点かも」

主「だけど本作のような数がない作品はまだついていけるじゃない? シビルウォーを理解するために見なければいけない映画はたくさんあるけれど、今作を理解するために見るべき映画は前作だけであって。

 それなら自分みたいなのでも今からついていけるから嬉しいんだよね」

 

カエル「……ちなみに前作の感想は?」

主「スターウォーズって現代風にするとこのようになるんだなぁ、くらい。いや、面白かったし、映画館で見るともっと印象が変わるんだろうけれどね。

 もしかしたら『ダークナイト』の幻影を求めすぎているかも」

カエル「う〜ん……今回も苦言が多くなるのかなぁ?

 じゃあ感想を始めようか」

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • キャラクターについて
  • 以下作中言及あり
  • 2 今作のテーマ
    • 脚本上の違和感
    • 邦題について
  • 3 懐古的SF映画?
    • SF映画の発展
    • 時代とともに変化するSF
  • 4 本作が示した『SFの新たな姿』
    • 圧倒的正義の不在
    • 最後に

 

 

 

続きを読む