物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画『世界は今日から君のもの』『彼女の人生は間違いじゃない』感想 

ブログ主(以下主)

「……なんかさ、今月めっちゃ忙しんだよね」

 

亀爺(以下亀)

「まあ、夏休みシーズンじゃからな。いい映画がたくさん公開するのは当たり前じゃろう」

 

主「それもそうなんだけれどさ、アニメ映画がめちゃくちゃ多いからさ……

 最近アニメ映画しか語ってない気がする。まあ、それはそれでいいんだけれど、邦画なども見に行っているよ! ということでこう言う記事を書いてアピールしないと!

亀「誰にアピールするのかよくわからんがの……」

主「今年は邦画があまり話題にならなくて、アニメ映画すらもほとんどいい映画はオタクむけ映画ばかりという印象があるけれど、決していい邦画がないってわけではないんだよね。

 ただ、そのほとんどが小規模公開映画であって……どうしても話題になりにくい状況がある。『心が叫びたがってるんだ』の記事でも書いたけれどさ、今の邦画には『分かりやすいことが大事』という悪癖があって、説明的すぎるくらいに不自然なナレーションや説明台詞の連呼、余計な回想、ありきたりで教育的な着地点などで映画の魅力や味を損なっている印象がある。

 コクソン見てみろよ!

 あんなわけわからん映画でもメチャクチャ面白いから!

 だけど、小規模公開映画は作家性が発揮されるからそういう映画はあまりないんだよね

 

亀「その分、博打みたいなところもあるがの。見に行ったら予想と全く違うとか、予想すら出来ない映画などザラにあるしの」

主「でもそういう映画を探す楽しみもあるよね。

 というわけでは今回紹介するのは小規模で少し注目度は落ちるかもしれないけれど、良作だな、と思った2作。もしかしたら女性の方が受けるかもしれないね」

亀「地方の方などはなかなか見るのが難しいかもしれんが、名前だけでも覚えてDVD化された時になど是非鑑賞してほしいの」

主「では感想記事を始めます」

 

  • 世界は今日から君のもの
    • 作品紹介
    • 感想
    • 引きこもりと才能論
  • 彼女の人生は間違いじゃない
    • 作品紹介
    • 感想
    • ちょっとだけ違和感
    • 人生と苦悩
  • 2作品に共通するもの
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』と『劇場版 生徒会役員共』感想 どちらもファンなら満足できるでしょう!

カエルくん(以下カエル)

えー、今回の記事は2作レビューになります

 

亀爺(以下亀)

この2作は少し特殊な作品じゃからな。

 単体で語るのは……結構難しい作品じゃの」

 

カエル「まず『魔法少女リリカルなのは Reflection』の方は人気を集めたアニメの最新作を劇場公開した作品であって、なのはシリーズは……まあ、色々な複雑な経緯があるので説明は省くけれど、初期主人公の高町なのはを再び主人公に再びスポットを浴びせた最新作となっています

亀「派生作品も多く、魔法少女ものとして伝説的な作品でもあるが……正直、今から追うとなると大変なシリーズでもあるの。

 何せなのはのテレビシリーズだけでも5期放送されており、しかも主人公も代替わりしておるわけじゃしの

 

カエル「実際、なのはシリーズって全く見たことなかったしねぇ。

 この劇場版公開が公開することを聞いて、過去の劇場版は見たけれど、その先まで追うとなるとなかなかハードルが高いし……」

亀「しかし、今回の劇場版は過去作で3作目の『StrikerS』の前のお話じゃから、その劇場版2つを見ておけば良しというのはわかりやすくてよかったの」

 

カエル「そしてもう1作が『劇場版 生徒会役員共』だけど……まあ、これは特別語ることもないといえばないわけで……」

亀「なぜ劇場で公開した!? と誰もが突っ込むパターンじゃからな。邦画でいうところの……そうじゃな、昨年公開だと『セトウツミ』などのようなポジションになるかもしれん」

カエル「というわけで単体では記事が成立しづらいので、この2作をセットで感想記事を書くことにします!

 興味がある人はどちらも鑑賞してね!」

 

  • 1 魔法少女リリカルなのは Reflection
    • 作品紹介
    • 長期シリーズゆえの長所と短所
  • 2 生徒会役員共の感想
    • 作品紹介
    • 最後に

 

 

続きを読む

実写映画『心が叫びたがってるんだ(ここさけ)』感想 アニメ版と比べなければ、まあ……

亀爺(以下亀)

「ここさけの実写版が公開されたの」

 

ブログ主(以下主)

「まあ、確かに題材は実写向きというか、やりやすそうなところではあるけれどね。変なファンタジー要素やSF要素もないしさ」

 

亀「漫画からの実写化が定着して久しいが、アニメからとなると意外と少ないかもしれんな」

主「しかも人気を博したのがたった2年前でしょ?

 それで早くも実写化して、夏に公開するわけだから……かなり攻めているよね。まだ感動も残っているだろうし、熱が完全には冷めないうちに実写化して話題を作りたかったのかな?」

亀「それに成功しているのかは……よくわからんの。

 初日だというのに、そんなに大きくない劇場を割り当てられておったわい。まあ、この夏もまた注目の映画が目白押しでそちらに大きな劇場を取られてしまったのもわかるがの。

 舞台挨拶などの特別興行もあるじゃろうが……」

 

主「朝一の回で、舞台挨拶のライブビューイング付きの回に行ったけれど、そんなに人は入っていなかったかなぁ。

 同じくライブビューイングが付いている『リリカルなのは』の新作はチケットが取りづらい状況になっていたけれど、これもファン層の違いかね?」

亀「宣伝もそんなにしておらんのかもしれんの。

 ちなみに当ブログではアニメ版の『心が叫びたがってるんだ』なども記事を書いておるから、そちらもぜひ参考にしてい欲しい。

 約1年前くらいの記事じゃから、今見直すとまた違うものがあるかもしれんがな」

主「一応本作の印象を少しでもクリアにするために、アニメ版を見返したりするようなことはしなかったけれど……それでも印象には残っているからねぇ。

 それじゃ、記事を始めるよ」

 

  • 1 感想
    • 『心が叫びたがってるんだ』とはどういう作品か?
    • 『ここさけ』は誰の物語か?
    • キャストについて
  • 以下ネタバレあり
  • 2 序盤について
    • ミュージカルシーンについて
  • 3 アニメ版との違い
    • 最後に

 

 

blog.monogatarukame.net

 

続きを読む

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』感想 グルーシリーズらしい1作! ミニオンは変わらず可愛い!

 

カエルくん(以下カエル)

「さて、ディズニーに並ぶ勢いのあるアニメ会社として噂のイルミネーション・エンターテイメントの代表シリーズの新作がいよいよ公開だね!」

 

ブログ主(以下主)

「多分多くの人は『イルミネーションってなに?』って感じなんだろうな。

 昨年公開した『ペット』や今年公開してヒットした『SING』などもピクサーやディズニーの映画じゃないからね? 細かいことを言うようだけど、アメリカのCGアニメが全てディズニー、ピクサーなわけじゃないから」

 

カエル「そこまで興味を持つ人もそんなに多くないだろうけれど……

 実際どれくらい違うの?」

主「そうだなぁ……ananとcancanくらいの違いじゃない?」

カエル「……う〜ん……僕にはよく違いがわからないけれど……」

主「じゃあ早見沙織と能登麻美子くらいの違い」

カエル「うん、見事にオタクにしかわからないやつだね」

主「じゃあ、ヒットエンドランとランエンドヒットくらいの違いじゃない?

 あとは……野球とクリケットとか、ゲートボールとパターゴルフくらいの違い」

カエル「……もうなんでもよくなってきたでしょ?

 要は興味がないとほとんど同じに見えるけれど、知っている人が見ると全然ちがうものってことだね

 

主「その通り。

 確かにパッと見は同じだけれど、その内容は全然ちがう。多分、CGなどの技術のクオリティも専門家が見たらはっきりとわかるレベルで違うだろうし、素人である自分が見てもわかるのは、やっぱり脚本の違いかな。

 何も言われずにハリウッドのCGアニメを見せられても、それがディズニーやピクサーの新作か、それともイルミネーションの新作かの違いくらいはすぐにわかるくらいには脚本にも癖がある。

 新興の会社だけれど、今や日本においてはアメリカのアニメ映画ではディズニーの次に人気の地位にいるかもしれない

カエル「他にも『レゴシリーズ』で有名なワーナー・アニメーション・グループや、2018年に新作が公開することが決まったドリームワークス・アニメーションなどもあるから、1度勉強し直さないといけないねぇ。

 ではそのイルミネーションの新作がどうなったのか、その感想記事のスタートです!

 

怪盗グルーのミニオン大脱走

でかい顔しているけれど、お前主役じゃないからな

 

  • 1 感想
    • イルミネーションの特徴
    • ミニオンというキャラクターの勝利
    • 声優問題について
  • 以下ネタバレあり
  • 2 相変わらずのイルミネーション作品
    • アニメーションの楽しさが詰まった作品
  • 3 ダイヤとユニコーン
    • 本作のテーマ
    • 最後に

  

続きを読む

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(ノゲノラ)』感想 さあ、ゲームをはじめよう

カエルくん(以下カエル)

「……あー、またラノベ原作のアニメ映画の感想記事かぁ

 色々言われやすいんだよなぁ。

 少し苦言を呈するとファンから怒られるし、褒めると『あんな作品を?』と言い出す人もいるし……普通の映画とはまた違う緊張感があるんだよなぁ」

 

ブログ主(以下主)

言いたい人には言わせとけばいい。

 そういう人は『ソードアート・オンライン』の豪華さ、今年のアニメ映画だけでなくて、洋画を含めてもトップクラスの音楽と絵の融合などを見逃していくんだよ。

『君の名は。』に負けないほどの派手で意欲的な大傑作だったよ。

 他にも『同級生』の持つ繊細さや『黒執事』のエンタメ性なども知らずに損するだけだけだから」

 

カエル「いや、でも原作かアニメ版を全部見てから行けという至極まっとうな意見もあるわけだけど……」

主「自分はそうは思わないんだよね。

 例えば、これが上下編とか第1章などだったら確かにその通り。2本で1作だから、下から見始めたら意味ないじゃんって。

 だけど、基本的に映画はその1作で完結していることが重要なわけで、予習必須というのはお客さんを限定してしまうからね。

 しかも、劇場版ってその作品への入門編としてはうってつけじゃない。自分は先の『ソードアート・オンライン』も原作、アニメ両方とも見ていなかったし、他にも『響け! ユーフォニアム』『Free!』や、あとは古いところだと『ラーゼフォン』なども劇場版から入ったけれど、面白かったよ。

 そこから入門して過去作を見たりしたし」

 

カエル「入り口としての1作ねぇ」

主「総集編とかはまさしくうってつけだよね。これ1作で大体分かるよっていうのはありがたい。全部で13話、26話もある物語をこれから見ようというのは難しいところがあるしさ。

 ファン以外が楽しめないならDVD購入特典でいいじゃない。OVAとかさ。それを劇場で公開するんだから、特別な意義があると考えるのは、少数派なのかねぇ」

カエル「これ以上語ると色々問題がありそうなので、さっさと感想記事へと入りましょう」

 

  • 1 感想
    • ファン向けなストーリー
    • 本作の魅力
  • 以下ネタバレあり
  • 2 前半について
    • 圧倒的な後半のカタルシス
  • 3 本作の魅力
    • 平和のための戦い
    • テーマ曲について
    • 最後に

 

続きを読む

映画『カーズ クロスロード(カーズ3)』感想 最ッッ高の物語になれるはずだったのに……

カエルくん(以下カエル)

「さて、ではここでピクサーが手がけるカーズの新作映画だけど……」

 

ブログ主(以下主)

「来たねー、ピクサーの新作! やっぱりこれがあるのとないのとでは全然違うから! ディズニーとピクサーで年2作は観ることができるって、中々贅沢な状況だよ?」

 

カエル「いつもはディズニーとピクサーは技術的には完璧に近い素晴らしい作品だと語るけれど、実は好きか嫌いかで言われると、そんなに好きではない作品が多いんだよね」

主「でもカーズは別!

 すっっっっっごく好きな作品で、どうしてもポリコレに配慮してしまいがちで教育的な面が強く出て来やすいディズニー、ピクサー作品だけど、本作も教育的な面や物語を作る技術が非常に高いというのもあるんだけど、カーズという作品自体がちょっと対象年齢が高めなんだ。

 だってさ、ED曲が奥田民生だぜ!? しかもベストマッチなんだから!

 2がPerfumeだったことを考えると一気に対象年齢を上げてきたな」

カエル「そこも詳しい話は記事中で語るけれど、実はおじさん向けの映画でもあるんだよね。もちろん、メインのターゲットは子供やファミリー層であるのは当然だけど」

 

主「そのカーズの最新作にして……おそらく今作で最後になるんじゃないかな?」

カエル「実際、本作の内容どうのこうのではなくて、3まで作るとその先が惰性になってくるところもあるしね。お約束化しちゃうというか……」

主「ピクサーでは『トイ・ストーリー』が4の制作が発表されているけれど、この先どうするんだろうね?

 あのテーマをやってしまった以上、次の作品は難しいような気もするけれどなぁ」

カエル「ピクサーならうまくやってくれるんじゃない?

 じゃあ感想記事を始めるよ」

 

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • カーズ1、2の解説
  • 以下ネタバレあり
  • 2 カーズ1からカーズ3へ
    • スポンサーの商品
  • 3 特訓シーンについて
    • 中盤について
  • 4 不満点その1
    • もっとも重要な不満点
  • 5 スタッフについて
    • 最後に

 

 

続きを読む

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』感想 原点回帰な1作でオールドファンを狙い撃ち!(2017年度ポケモン映画)

亀爺(以下亀)

「今年もポケモンの季節がやってきたの」

 

ブログ主(以下主)

「毎年恒例の世界的キャラクター作品だから、注目度も高いね」

 

亀「子供たちもたくさんいたし、みんなDSを手にしているの。配信されているポケモンのマーシャード狙いの子も多いのじゃろう。

 昔からミュウだったり、セレヴィなどを配布しておったが、これもまた動員につい良い理由なのかもしれんな」

主「そう考えるとポケモンって元祖デジタルおまけ配布作品作品だよね。最近はスマホ系作品がオーブ的なものだったり、キャラクターや強力なアイテムを配布していたけれど、その元祖がポケモンだと思うと中々セット販売だ! って批判もしにくいというか……」

亀「悪いことではないしの。今作は大人の姿も多く見られたが、カップルなどもおって子供向けキャラクター映画であるのは間違いないないが、コナンなどのように大人にもファンが多い1作になっておるのじゃろうな

 

主「20年だもんね。

 当時……10歳までがポケモンをやっていたと考えても、今は30歳。お父さん、お母さんとなって小さな子供とポケモンを楽しんでいてもおかしくはない。

 そう考えてみるとポケモンもドラえもんやコナン、クレヨンしんちゃんなどのように、親子で楽しむことができるキャラクターコンテンツとして根強い人気があるんだな

亀「ふむ……ここ数年で将来的にそうなりそうなコンテンツというと……妖怪をウォッチくらいかの? そう考えてみるとあの当時はポケモン、デジモンなどのお化けキャラクターコンテンツがたくさん出ていたんじゃな」

主「おもちゃアニメが全盛の時代でもあったんだろうな。

 それでは今年は最新作の『キミにきめた!』の感想を書いていこうか」

 

亀「その前に1つだけ宣伝じゃが……昨年の『機巧のマギアナ』の記事もよろしくの。

 おそらく、マギアナに隠された2016年らしい裏のテーマに気がついておるのは、このブログだけじゃろう。

 話半分でもなかなか面白い発見があるはずの記事なので是非目を通して欲しいの」

主「マギアナも面白い映画だったし、テレビ放送はされたけれど DVDなどで見て欲しい1作だよ」

 

blog.monogatarukame.net

 

 

  • 1 原点回帰の物語
    • オールドファン歓喜の作品
  • 2 キャストについて
  • 以下作中に言及あり
  • 3 名作エピソードが登場
    • 挑戦的な姿勢
    • ポケモンで描いてきたもの
    • 最後に

 

 

続きを読む