読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画『たかが世界の終わり』感想と批評 この映画が描き出した『日常』の姿……

映画 洋画

亀爺(以下亀)

「それでは、今回は天才とも称されるグザヴィエ・ドランの新作の感想記事になるが……」

 

ブログ主(以下主)

「自分、ドランって初めて名前聞いたんだよね」

 

亀「主はこういうブログをやっているとは思えないほど映画について無知だし、監督やスタッフ、役者についても理解が浅いからの」

主「基本的にはアニメ専門の観客だったからね。このブログを初めて『映画ってこんなに面白いんだ!』って思っているような人間だし。

 演出論やその監督がどのような意図を持ってその作品を作ったのかを調べて、過去作も全てとまでは言わないけれど、主要作品なども調べてから語るというのが本来の批評なんだろうけれど……」

亀「この似非批評家が! 恥を知れ!

 

主「うるさい!

 まあ、演出論とかは少し勉強したり、アニメが好きだから……アニメって偶然が入り込まない映像表現なのね。例えばそこに花が描かれていれば、誰かが意図を持って描いたわけだ。実写ならば偶然咲いていました、というものかもしれないけれど、アニメは全てレイアウトから何から作り込まれている。

 そういう経験が少しは生きているなぁって印象」

亀「今回このような話からスタートしたのは、一言で語れば『ドランって何者?』という状態からのスタートということを伝えたかったということじゃの」

主「初ドランで、天才と呼ばれているから楽しみにして行ったけれど……さて、その感想は? と言うと……

 

亀「ちなみに主にとっての『現役天才監督』とは誰じゃと思う?」

主「う〜ん……パッと思い浮かぶのは、やっぱり『セッション』や『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル。あとはやっぱりアニメ業界だと『聲の形』などの山田尚子かな?

 この辺りは若いながらも実績があるし、天才だなぁって感心する部分もある。物語に愛される人っているんだよね。悔しいけれど」

亀「……よくわからん若干の恨み節も交えながらのスタートじゃな」

 

  • 登場人物紹介
  • 1 ネタバレなしの感想
    • 見終えた後に『残る作品』
  • 2 不親切な脚本
    • 語る演出
  • 以下ネタバレあり
  • 3 演出が語りかけるもの
    • 顔のアップ
  • 4 それぞれのキャラクターの思い
    • 本作におけるルイの立ち位置
    • シュザンヌとマルティーヌ
    • アントワーヌの思い
    • カトリーヌについて
  • 5 兄の葛藤
    • 鳩時計
    • 最後に

 

 

映画チラシ たかが世界の終わり ギャスパー・ウリエル

 

 

続きを読む

映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年 押井守監督)』感想など この未来、案外近いかも?

アニメ映画 映画

カエルくん(以下カエル)

「今回は約20年前に公開になって、今でもアニメ史に残る大傑作と評判の押井守版攻殻機動隊だね。

 ちょうど実写映画も公開されるし、押井さんの一番弟子とも称される神山健治監督の最新作も公開間近だから、ちょうどいいタイミングなんじゃない?」

 

ブログ主(以下主

アニメの押井作品は初めて記事にするなぁ。一時期激的にハマったことがあって、その時に書いていれば相当濃密な記事になったと思うけれど……

 今回はその時の記憶も思い返しながら書いていくことにするよ」

 

カエル「押井作品って人気度は高いし、アニメ史的にもすごく重要な立ち位置にいるのに、オタク人気に反比例するように一般的に人気も知名度少し落ちるよね。オタク人口が増えたから知名度も上がったみたいな……」

主「ジブリとか細田作品のように誰にでもオススメできるアニメではないしね。

 だけど『アニメ』『映画』にしたのは押井守だと思う。確かに宮崎駿なども素晴らしい技術をもって作品を書き上げたけれど、それはやっぱり昔から続くアニメは子供向け、の延長線上にある。

 そんなアニメを大人も鑑賞できる『アニメ映画』にしたのは間違いなく押井守……だと思うよ。それが海外の芸術性の高い『アニメーション映画』とも違う、日本特有の文化を生み出したというのが個人的評価」

 

カエル「詳しい人に言わせれば『〇〇さんの功績は?』とか言われそうだけどね」

主「でもやっぱり押井守……あとはテレビアニメでいうと富野由悠季か。この2人が今の『アニメ』に残した功績って素晴らしいものがある。子供向けアニメからの脱却を図ったというか、人間を描いたというか……

 日本には元々手塚治虫がいたり、漫画やアニメを子供だけのオモチャにしないというクリエイターの下地があるとはいえ、文学的要素などを加味した功績などはもっと評価されるべきだ。

 海外だとそういうことがよく見えるのかな? 押井さん、海外ではよく表彰されるしね」

カエル「それじゃとりあえず攻殻機動隊の話に入っていくよ。

 あと20年以上前の作品なのでネタバレありです」

 

  • 1 十年過ぎて理解される押井守
    • SF作品として
  • 2 作品テーマについて
    • 素子の悩み
  • 3 人間の必要性
  • 4 ゴーストの存在
    • ゴーストの存在
    • ゴーストを獲得した情報体
    • 最後に

 

 

続きを読む

ネタバレなし 映画『愚行録』感想と演出の見所紹介

映画 邦画

亀爺(以下亀)

「今回は愚行録の感想を書いていくことにするか。『愚考録』とならんように気をつけんとな」

 

ブログ主(以下主)

「やっぱり映画をたくさん観ることができるっていいね! 今週末は4作品と少し少なめだったけれど、個人的には大満足な作品が続いたよ!

 

亀「世間的には4作品は十分多い部類に入るがの。

 今週観たのはすでに感想記事をあげた絶賛記事をあげた『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』に、酷評になってしまった『一週間フレンズ。』じゃが……」

主「あとは2回目の鑑賞となった『この世界の片隅に』と、本作だね。この世界の片隅に、は1回目よりも2回目の方が楽しめる作品だったよ。恐ろしい存在だよねぇ……

 完成度は頭1つも2つも抜けている。アニメだけでなく、邦画も含めてとんでもない作品になっていると感じたね」

 

亀「ふむ……その話は後々書くかもしれん批評同人誌で書くとして、今回は愚行録じゃな」

主「結構バラエティに富んだ作品になったなぁ……全部邦画になったのは偶然だけど、色々なものが観れて結構楽しかったよ。

 自分がアニメが好きだから、というのはあるけれど、アニメ映画は1つ飛び抜けてるね。結局昨年はアニメばかりが叫ばれた1年だったけれど、その意味を実写邦画は考えないと。

 まあ、いい実写邦画も多かったけれどね」

 

亀「世界規模で見れば邦画興行収入を塗り替えたりと、アニメばかりが話題になったからの」

主「まあ、それもまた別の機会で語るとして……それじゃあ、愚行録についての感想記事を始めるよ」

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • 貫井徳郎と石川監督について
    • 役者について
  • 以下(若干)ネタバレあり
  • 2 三つの物語
    • 過去と現実を行ったり来たり
  • 3 卓越した演出能力
    • カメラワークの妙
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『一週間フレンズ(2017 実写版)』感想 う〜ん、この映画の何を語ればいいんだ…… 

邦画 映画

カエルくん(以下カエル)

「くわ〜いさ〜つ〜の〜前〜 ツナァグツェ〜とテェ〜♪」

 

亀爺(以下亀)

「おや、カエル。上機嫌じゃの。下手な歌がよく響き渡っているわい」

 

カエル「わざと下手に歌っているの! あんまり上手すぎるとどこかかから怒られちゃうかもしれないでしょ!?」

亀「色々とうるさい時代じゃからの。名曲を思いおこすだけで怒られてしまうような世の中じゃ」

カエル「さて、今作はアニメ化もされた漫画原作映画である『一週間フレンズ』の感想記事だよ! 松竹の恋愛映画って久しぶりだね」

亀「あまり見に行かんジャンルじゃからの。

 漫画原作の実写恋愛映画というだけで言われることもあるし、作品自体はそこまで突飛な話ではないが、やはり原作や漫画を知る者としては色々と思うところもあるのも事実じゃ

 

カエル「……でもさ! 『ちはやふる 上の句』のように漫画原作の実写化作品でも名作ってあるし!」

亀「……主演が同じ山崎賢人でいうと『四月は君の嘘』もあるがの」

カエル「う……確かに恋愛映画としては似たような部分を感じるのは四月の方かもしれないけれど、でもさ! 見ないとわからないから!

 ほら、この直前に見た『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の記事の時も食わず嫌いはダメだ! と主は語っているし!」

亀「……その主が今回来ていなようじゃが」

カエル「僕と亀爺に任せてくれたんだよ! ほら、じゃあ記事を始めるよ!」

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • 役者について
  • 以下ネタバレあり
  • 2 雑な脚本
    • キャラクター造形の失敗
    • 冗長な演出
    • 最後に

 

 

続きを読む

ネタバレあり 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO)』考察と批評

アニメ映画 映画

カエルくん(以下カエル)

「じゃあ、引き続いて感想記事とは別の批評記事を書いていくことになるけれど……」

 

ブログ主(以下主)

「このやり方も久々だなぁ……ちょっと前は結構やっていた気がするけれど」

 

カエル「あんまりそれだけやる意味のある映画がなかったということなの?」

主「いや? そんなことはないよ。

 例えば『僕と世界の方程式』なんかは記事の長さも考えたら批評記事とわけても良かったよね。このブログって、基本的に文字数が多いから。

 作品によっては1万文字を大きく超えることもあるし……そういう作品はなるべく分割していかないと、ただ読みづらいだけになりそうだから

 

カエル「まあねぇ……それで今回はこういう形にしたのね」

主「これからはあんまり長くなりそうだったら、なるべく分割化していきます。そうじゃないと読み手も辛いし。

 あと、書きたいことがたくさんあるから! 

 今作もそうだけど、文字数が増える作品は込められたテーマとか、素晴らしい部分がすごく多いから!

 そういうのを逃さないようにと思ったら、やっぱりこの形式が1番なのかもしれないね」

 

カエル「文字数を誇るのはやめようってことか」

主「短くても密度のあるいいブログは多いしねぇ。このブログもそれを目指して頑張っていくよ!」

カエル「はいはい……

 で、今回はネタバレありの批評記事になるわけだ」

主「一応公開初日なんで、あんまりネタバレしすぎないようには気をつけるつもりだけど、さてどうなるか?

 ちなみにネタバレなしが読みたい方はこちらをごらんください」

 

blog.monogatarukame.net

 

カエル「じゃあ批評記事、行ってみよう!」

 

以下ネタバレあり!

 

  • 1 スタートのうまさ
    • 説明のうまさ
  • 2 映像と音楽の融合
    • SF台詞について
  • 3 キリトとエイジの関係性
    • キリトのもう一つの姿
    • 少しだけ苦言
  • 4 悠那について
    • 白い蝶について
  • 5 本作のテーマについて
    • 『ゲーム的』であるということ
    • ユーナとバーチャル
  • 6 胡蝶の夢
    • 記憶と現実
    • 最後に

 

 

 

続きを読む

初見でネタバレなしの『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(映画SAO)』感想

アニメ アニメ映画 映画

カエルくん(以下カエル)

「今回はSAOの新作映画の感想記事かぁ……こう言うのもなんだけど、主は原作も読んでいなければ、アニメも見ていないって公言しているからなぁ……

 アニメ映画はなるべく見に行く方針だから映画館に向かったらしいけれど『これはファン映画だよねぇ』とか言って炎上しないか心配だなぁ……」

 

ブログ主(以下主)

「ただいまぁ」

 

カエル「あ、帰ってきた。

 今回、主が苦手なラノベアニメだけど……なんでそんなに苦手なの?

主「え? 急な話だなぁ……

 結局は趣味と時代という話になるんじゃないかな? なんというか、馬が合わないっていうか……」

カエル「じゃあ、最初はそこについて話しておこうか」

 

主「元々自分が好きなアニメ……というか作品のジャンルって『ハードボイルド』とでもいうのかな? 何をおいても守り抜きたい大切なものを、すべてを捨ててでも守る抜くために戦うという作品が好きなのね。

 アニメでいうと『スクライド』とか『ガングレイブ』とか『グレンラガン』とか。今あげた作品ってどれも『男の意地を通す』作品じゃない?」

カエル「熱血系といえるかもしれないけれど、かわいい女の子がたくさん出てきてモテモテで……という作品ではないかもね」

主「さらに自分にとってのライトノベルって『キノの旅』とか『バッカーノ!』とかで……なんだか最近の、ハーレム作品はちょっと馬が合わないんだよねぇ」

 

カエル「……まあ、実写映画でも『レスラー』を絶賛しているような人だからねぇ」

主「偏見だって言われたらその通り。100パーセント偏見だよ。だけど、やっぱり毎期50本以上新作アニメが始まっている中で、どれを視聴するか選ぶときに事前情報を見た上での選択ってどうしても必要なわけで……」

カエル「それを一言で表すと『馬が合わないから優先順位が低くなる』ということになるのね」

主「だから、今回はファン映画かもしれないけれど、1作の映画としての感想記事になります。でも、逆にこの映画の評としては貴重でしょ?

 あとは、今回『ネタバレなしの感想記事』『ネタバレありの批評記事』は別にします。この意味は……まとめると相当長くなるよ」

カエル「お! 『この世界の片隅に』以来の分割記事だ!」

主「というわけで、とりあえずネタバレなしの感想記事、スタート!!」

 

  • 1 ザックリとした初見の感想
    • 初見でも大丈夫?
  • 2 圧倒的な映像描写
    • 現実の場所の描きかた
  • 3 音響映画として
    • 今回のゲスト声優について
  • 4 脚本、テーマについて
  • 5 特典情報
    • 来場者特典は8種類!
    • 気になる2週目の特典は?
    • 舞台挨拶情報!
    • 最後に

 

 

blog.monogatarukame.net

 

続きを読む

映画『同級生』感想 この『型』って万能だなぁ

映画 アニメ映画

カエルくん(以下カエル)

「今回はちょうど1年前くらいに公開された、アニメ映画の『同級生』について語っていくけれど……こう言う作品を語るのって、少し珍しいかもね」

 

ブログ主(以下主)

「明らかに女性向け……というかBL作品だったから劇場公開時にためらった部分もあるんだよね。今だったら間違い無く見に行くけれど、当時はそこまで映画記事に力を入れていない頃だし」

 

カエル「でもキャロルみたいな女性同士の同性愛ものだったら、特に躊躇せずに観に行くわけでしょ? それはそれで不思議な話だけど……」

主「これは自分が何となく思うことだけど『異性同士はOKだけど、同性はNG』って意見が多い気がする。もちろん、百合好き女子や薔薇好き男子もいるから何とも言えない部分はあるけれどさ

カエル「それこそ女性だけ演じる宝塚歌劇団とか、あとは『マリア様が見てる』などの本も女性向けだし……歌舞伎における女形なんかも男性が女性を演じているけれど、特に嫌悪感を持たないよね?

 時代を遡ればお稚児なんて言われる……今では結構タブーだけど、少年愛のような文化があったわけだし」

 

主「やっぱり明治以降のキリスト教を始めとした西洋の価値観って、100年以上も過ぎれば常識になるんだなぁ……

 現代ではだいぶ偏見もなくなってきたとはいえ、心情的なハードルってあるような気がする。多分、それも1度超えてしまうとなんてことなくなるんだろうけれどね」

カエル「じゃあ、感想記事を始めましょうか」

 

  • 1 丁寧に紡がれた作品
    • 『型』のしっかりとした物語
  • 2 同性愛という『恋愛の形』
    • タブーゆえの純粋性
    • 最後に

 

 

続きを読む