物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』ネタバレ感想&評価! ポケモンシリーズを代表する名作をリメイクする意義はあったと信じたい……

 

今回は、みんなが注目する大ヒット映画のリメイク版である”ミュウツーの逆襲 エヴォリューション”の感想記事になります!

 

 

 

 

 

今回はどんな作品になっているか、非常に楽しみじゃの

 

 

カエルくん(以下カエル)

「特に2019年は5月に『名探偵ピカチュウ』が公開され、誰もが知るポケモンシリーズを代表する大傑作である本作をリメイクすることで、ポケモン熱が一気に高まってほしいね!

 

亀爺(以下亀)

「少し疑問があるのは脚本では前作同様、首藤剛志さんのクレジットのみというところじゃな。

 一応、構成には監督の名前が入っておるが……」

 これはリメイク前の脚本を務めておるだけだけに当然ではあるが、すでに2010年に亡くなれている首藤剛志さんの脚本をそのままリメイクするのか、それとも手を加えているがノンクレジットなのかが気になるの……

 

カエル「大きく変えると監督などがクレジットされるはずだから、全く同じなのかな?

 そのあたりも含めて色々と注目していきたい作品だよね」

亀「今回はポケモンシリーズ初の3DCG化も話題となっておる。

 手法の変更がどのような変化を生んだのかということも含めて、感想を語っていきたいの。

 それでは、記事のスタートじゃ」

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • CGのクオリティは高いものの、欠点も浮き彫りに
    • 声優について
  • ミュウツーの逆襲の魅力とは?
    • ① 特殊な事情のもと誕生した作品
    • ② 自己の存在理由の探求というテーマ
    • ③ ポケモンのテーマを否定する物語?
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • リメイクで変更されない脚本は有りか無しか
    • 3DCGで作られる意義があったのか?
  • まとめ

 

続きを読む

映画『トイ・ストーリー4』ネタバレ感想&評価! ピクサーらしく悪くはないが、それまでの物語があるからこそ賛否両論間違いない作品に!?

さあ、みんな大好きなシリーズ『トイストーリー』の新作が公開したよ!

 

 

 

 

思い入れが強い人も多いのではないかな?

 

 

カエルくん(以下カエル)

「いよいよ夏の大作映画三昧がスタート!

 その先陣を切るのはみんな大好き、ピクサーを代表するトイ・ストーリーの新作です!

 

「劇場も大ヒットを見越して1日10回上映などの特別待遇だし、同日公開のポケモン、そしてその後の『天気の子』やワンピースの新作などで大盛り上がりしそうだな」

 

 

カエル「ちなみに、うちは残念ながらそこまでトイ・ストーリー自体には思い入れはありません……実はちゃんと観たのも大人になってからという始末です」

主「世代的にはドストライクなんだけれど、特に理由もなく観てこなかったからなぁ……友達の家だったり、それこそテレビで何度かちょっとずつは観ていたけれど、ちゃんと1作丸々を鑑賞したのは20歳を超えてから。それこそ、3が公開した後かもしれない。

 だから多くのファンの方がいうほどの感動とか思い入れもないので、その目線で語っていこうと思います

 

カエル「では、早速記事のスタートです!」

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 映像技術は大絶賛!
  • トイ・ストーリーの魅力と工夫の数々
    • ① CGだからこそ伝わるオモチャのアニメーション
    • ② 物語を進行するのに適度なハードル
    • ③ 同時代性を生きる物語
    • ④ あの映画との繋がり
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • キャラクターの変化
    • 物語の動かし方の雑さ
    • 大激論必死!? この映画のラストはありか、なしか!?
  • まとめ

 

 

続きを読む

映画『凪待ち』ネタバレ感想&評価! 香取慎吾と白石和彌のタッグは、これ以上ない”人間”を描き出した2019年を代表するヒューマンドラマを生み出した!

今回は香取慎吾が主演を務めたことでも話題を集めている映画『凪待ち』の紹介です

 

 

 

 

実は、自分はこの映画にちょっとだけ思い入れがあるんですよ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「あれ? もちろん香取慎吾は国民的スターだから色々と思うところや思い出はあるだろうけれど、白石和彌監督は……もちろん卓越した技量をもつ監督だと評価しているけれど、特別ファンってわけではなかったよね?」

 

「そういう見方ではなくて、単なる偶然だけれど……この映画の舞台は川崎と石巻なんだよね

 

 

カエル「川崎は冒頭を中心に少しだけ、後の物語の多くは石巻を中心に展開していく物語だね」

主「自分は今でも川崎のチネチッタを中心に映画館巡りをしているけれど、昔川崎に住んでいたことがあってさ。競輪場周辺とかよく行ったなぁ……野球を見に行ったりもしたし。

 石巻も親戚が住んでいて、震災半年前にも行ったんだよ。

 だから、ちょっとだけ思い入れがあるんだよね」

 

カエル「……え、川崎に野球を見にいくってあなた今何歳……」

主「懐かしいなぁ…狭い球場だったけれど、落合が三冠王をとってさ…」

カエル「どこまで嘘か本当かわからないので、さっさと映画感想の記事をスタートさせましょう!」

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 人間の”業”の肯定
    • 役者について
    • 他の役者について
  • 以下ネタバレあり
  • 作品考察
    • 人間の複雑な内面に迫る
    • 事件とは関わることができない郁男
    • 複雑な犯人の思いとは?
    • 自責の念と暴走
    • 震災以降の映画として
    • 最後に

 

 

続きを読む

映画『新聞記者』に対する強い憤りと非難の意見表明

 

『新聞記者』の映画が好きな人は読まないでください。

 

また『新聞記者』を見ないで反感を抱いている人も絶対に読まないでください。

 

 特定の政治団体のサポーターもお断りです。

 ただの映画の愚痴の記事です。

 政治信条や個人の主張そのものを批判するつもりはありません。

 

 

 

 

 

今回は話題の政権批判の映画『新聞記者』の記事になりますが……かなり大荒れの記事になります

 

 

はい、どうも〜ネトウヨです

 

 

カエルくん(以下カエル)

「いや、うちは物語る亀ですから!

 名前だけでも覚えて帰ってください!」

 

自民党をぶっ壊せ!

 共産党万歳!

 

 

カエル「これから政治映画ネタだからって、こんなことを話すんじゃない!

 だいたい、なんでネトウヨなのになんで自民党をぶっ壊して共産党を褒め称えるんだ!」

主「好きな芸人は爆笑問題!

 好きな映画監督は是枝裕和!

 どうも、ネトウヨです!

 

カエル「……とりあえずリベラルな芸能人や文化人を挙げておけばいいと思うなんて、浅はかですなぁ」

主「いやー、一部では『この映画を公開しない劇場(特にTOHOシネマズ)はそういう映画館なんだろうな』とか言われているようですが、すごいイチャモンもされているようで。

 TOHOしか上映しない映画がどれだけあるかって話ですよ。

 それが許されるならばこっちだって全国300館クラスで公開して欲しい映画なんて腐るほどあるんですけれどね」

 

カエル「特に地方の方は上映されていなくて観ることのできない映画ってたくさんありますからね。この時期は大作も多いので、どこの映画館も大変なんです」

主「あれだけ勧めたのに『スモールフット』に客が入らないで忘れ去られそうになっていますから。

 あと、是非とも多くの方に見て欲しいのは『FFⅩⅣ 光のお父さん』を見に行って欲しいものですね。

 名作だから!

 

 

カエル「うん、なぜか違う映画の宣伝を挟むんだね。

 というわけで、この記事は最初に比べると趣旨は変わらないものの書き方が大きく変わっていますので、ご了承ください。」

主「あくまでも映画の話ですから。

 右派の思想も左派の思想も、なんだかんだというつもりはありませんので、ご了承ください。

 だから”映画としてダメだった”とか書くけれど『このネトウヨが!!』『どうせ自民党サポーターなんでしょ』とか怒られがちですけれど、違いますからね」 

 

カエル「まぁ、政治ネタをするとどうしても言われがちなんですよ」

主「俺はサポーターは膝にする!」

カエル「うん、そのボケはつまらないからやめようね」

 

主「えー、ということで今回の記事は『新聞記者』が大好きな人は絶対に読まないほうがいいと思います。

 あと『新聞記者』を見ないで反感を持っている人も読まないでいいです。

 ”ただの映画好きが大好きな前作を撮っていた監督をずっと追いかけていきたいと思っていたのに、プロパガンダ映画を卓越した技術力で撮影し絶望し、映画文化そのものが嫌いになっていく姿”を楽しみたい人のためのコンテンツとなっています」

 

カエル「……えらい限定的な話になりましたが、今回はこのノリでやっていきます。

 では、記事のスタートです!」

 

  • 感想〜よくできた映画だからこそ〜
    • 政権批判の映画そのものは肯定
  • 作品に対して批判する理由
    • 手法とメッセージの不一致
    • 卓越した演出力を持つ映画だからこそ、注意しなければいけないメッセージ
    • 役者の座組と演技による誘導
  • 根本的に大きな問題を抱える作品
    • 今作で問題となる”イメージの演出”
    • 都合のいいリアリティライン〜ノンフィクションとフィクション〜
    • 右派がこの描き方をしても許せるのか?
  • 自分だったらどのような政権批判映画を撮るか?
    • コメディとして
  •  余談〜個人的なお話〜
    • 自分が高く評価してきた映画たち
    • 藤井道人監督へ

 

続きを読む

2019年上半期映画ランキングの発表! オススメしたい傑作揃いです

 

 

それでは! 2019年の上半期映画ランキング発表です!

 

 

 

今年も多くの作品が世の中に出てきたの

  

上半期で鑑賞した90作品の頂点には立つのはどの作品かな?

 

 

カエル「それでは早速ですが長くなりますので記事のスタートです!」

 

 

  • ルール説明
  • 25位から13位まで
  • 12位から4位まで
    • ここまでを振り返って
  • TOP3の発表!
    • 第3位
    • 第2位
    • 第1位 
    • 総評

 

続きを読む

2019年上半期新作映画部門賞発表! この年の上半期を代表する女優や男優は一体誰なのか!?

ざわざわ……

  ざわざわ……

 

 

えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。

 

 

 

カエル

これより、2019年度上半期の新作映画年間各部門賞 通称”カメデミー賞上半期部門”の発表を始めます。

 それでは、毎度のことながら審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』

 

登壇

 

えー、本日も梅雨の大雨もありジメジメした中でこの記事を読んでくださり誠にありがとうございます

 

 

主「みなさまのご愛顧もありまして、この賞も3年目を開催することができました。

 ここに日頃の感謝の念をお伝えしたく存じます。

 

 えー…2019年上半期に劇場で鑑賞した映画・アニメのOVA作品などの本数としましては90ほどの作品を鑑賞し、約半分ほどの作品を記事にしていると思います。

 今回は2019年に公開された全作品、さらにNetflix限定作品も含めさせていただきますが、劇場公開前の映画祭出品作品は除外させていただきます。

 2019年もいい映画がたくさんあり……(以下略)』

 

 

カエル『それではこれより、各部門賞を発表していきます。

 当然のことながら独断と偏見に基づく評価となっておりますので、ご了承ください。また、どのような作品がノミネートしているのかは以下の記事をお読みください。

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 

 このブログの最大の特徴はアニメ映画を中心に鑑賞している点ではありますが、アニメ、実写、ドキュメンタリー、洋画、邦画関係なく選んでいきますので、他の映画ブログとはまた違うものになると思います。

 そちらも楽しみながら読んでいっていただければ嬉しいです。

 それでは、部門賞の発表に入ります』

 

 

  • 最優秀音楽賞
  • 最優秀脚本賞 
  • 最優秀演出賞
  • 最優秀作画賞
  • 最優秀助演女優賞
  • 最優秀助演男優賞
  • 最優秀主演女優賞
  • 最優秀主演男優賞
  • 最優秀監督賞
  • 尖っていたで賞 
  • 最優秀記事賞
    • 作品賞は……!?

 

 

続きを読む

映画『今日も嫌がらせ弁当』ネタバレ感想&評価 篠原涼子と芳根京子の美人親子と八丈島の自然の美しさを楽しめる作品!

 

今回はブログ発の映画である”今日も嫌がらせ弁当”の感想記事になります

 

 

 

 

……ブログ発の映画って最近増えているよなぁ

 

 

カエルくん(以下カエル)

「人気になればそれだけ原作としても売れている作品ということで興行収入も見込めるとか、いろいろな計算もあるんだろうね」

 

「……いつかうちも映画化する日が来たりして」

 

 

カエル「……いや、うちはただの映画やアニメなどを中心としたレビューサイトだから、それは難しような気がするんだけれど……」

主「えー、難しいの!?

 キャラクターだってカエル、亀、主と3人もいるのに!

カエル「それだけで映画は成り立たないでしょ?

 主要な物語はどうするのさ?」

 

主「……映画ブロガーたちが集まって映画を撮る、何てどうよ? 普段いろいろとこだわりがあるからこそ、全くまとまらないコメディ映画」

カエル「いや、それうちを下敷きにする必要ないじゃん!

 しかも『嫌がらせ弁当』にしろ『光のお父さん』にしろ”実話!”という部分が売りの1つでもあるのに、これじゃ完全にフィクションでしょ?」

主「……なるほど、映画を撮ってリアルにしてしまえばいける気が……」

カエル「じゃあもう自分で映画を作りなさい!

 馬鹿な話をしていないで記事のスタートです!」

 

 

  • 作品紹介・あらすじ
  • 感想
    • 演出や見せ方の工夫
    • 見えないものを可視化すること
    • 脚本の問題点
    • 役者について
    • まとめ

 

 

続きを読む