物語る亀

ネタバレありの物語批評

開幕記念、今季のパ・リーグ順位予想するよ〜

 普段は物語の感想を書いているブログだが、開幕直前ということもあって野球の話題を少し。

 なお、私は西武ファンなので悪しからず。別に他球団に悪意はないけれど、そろそろ西の球団からペナントを取り返さないと野球がつまらないよね、とは言っておく。

 

  ではいきなりながら順位予想を公開していく。

 

 1位 埼玉西武ライオンズ

 2位 福岡ソフトバンクホークス

 3位 千葉ロッテマリーンズ

 4位 北海道日本ハムファイターズ

 5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

 6位 オリックスバッファローズ

 

 ではこの順位予想の理由を書いていく

 

 1位 埼玉西武ライオンズ

 当然ながら贔屓目込み!!

 でも今年はいける気がするのは事実で、まずは何と言っても打線の破壊力がとんでもない!

 日本1のホームランバッター中村剛也を筆頭に、メヒア、浅村などのタイトルホルダー、さらに最多安打秋山、栗山などのタレント揃いの打線であったが、さらに坂田、山川の期待の大砲二枚が順調に成長したこともあり、打線の破壊力は12球団でも屈指のものとなった。

 さらに代打には森がいるなど、打撃面に関する不安点は少ない。

 捕手も日本代表捕手であり、守備では日本一とも称される炭谷がいることを考えても、なかなかの布陣であるといえよう。

 三振? 小技? 盗塁? そんなもん知るか! とにかくふりまわせ!

 

 そんな冗談は置いといても、やはりこの一発がどこからでも出てくる打線というのは恐怖感が強い。

 

 また投手陣を見ても先発は菊池、岸、十亀は二桁確実だろう。むしろ二桁いかなかったら非常に困る。

 野上も順調、バンヘッケンも実際に投球を見たが、大きく崩れることもなさそうで戦力として十分に期待していいのではないだろうか。

 さらに牧田、高橋と昨年も実績を作った面々に、多和田なども下にいるなど、近年では稀に見る先発陣。 

 

 課題のリリーフもCCリーの加入により、増田、高橋、武隈に加えて非常に心強い選手と言えるだろう。昨年からの勤続疲労が気になるが、それを言い出したら他球団もみんな同じ。高橋、CCリーは実際見たが、えげつない球を投げていたので問題がないと考える。

 

 確かに層という面と、ショートに不安はあるものの、ここまで戦力が整っているのは近年ないぐらいであり、今年は期待していいのではないかと考えている。

 

 

 

 2位 ソフトバンク

 まあ、普通に考えたら確かに1位という前評価も納得。むしろ1位以外で予想する方が勇気がいるし、Bクラスなんて言い出したら野球を知らないと言われるだろう。

 確かに打線も穴がないし、松田の残留もあって非常に戦力的には充実しているのも事実である。一発は西武には劣るが、打線のつながりや小技、守備、走塁などを考えても総合的にはソフトバンクに軍配が上がるだろう。

 

 投手陣も攝津、武田を擁する先発陣が若干不安と言われているが、それでも層は段違い。ちなみに私は和田は微妙だと思っている。メジャーであまり投げられなかった選手が、日本に帰ってきても一流だった例はそんなに多くないので。

 やはり投手のレベルは日本とメジャーであればあまり変わらないと私は考えている。怪我はあれども日本で一流選手はアメリカでも一流である場合が非常に多い。逆もまた然り、アメリカで微妙だったら、日本に帰ってきても微妙な選手が多いように感じている。ただ、五十嵐などの例外もいるのでなんとも言えないところではあるが、年齢を考えてもピークは過ぎただろう。

 

 3位 ロッテ

 正直一番予想が難しいのがロッテで、Bクラスがオリックス、楽天と予想したので余った日ハムとロッテを比べた場合、勝ち上がる可能性があるのがロッテなのかなという印象。

 まず涌井がまさかの復活を遂げて、さらにスタンリッジの加入など投手陣は相当整備された感がある。石川も安定した投球を続けており、この3人で40勝は計算していいのではないだろうか。他にもイ・デウンなどもいるので、安定感はあると思う。

 

 野手は正直あまり予想ができない。清田は今年も安定してやってくれるとは思っているが、ナバーロ、デスパイネ、そして井上がどこまでやってくれるかにかかっていると思う。特に井上は本来ならばロッテの主砲にならなければいけない存在だと思っているので、西武ではあるが同期入団の山川も出てきたタイミングでやってくれるのではないかと思っている。

 

blog.monogatarukame.net

 

 

 4位 日ハム

 ここも予想が難しいチームだと思う。

 まず絶対的エース大谷はやはり攻略が難しいが、いつまで二刀流にこだわり続けるかという問題がある。私は二刀流に反対派であり、先発投手ならば規定投球回、野手ならば規定打席数はいるのがレギュラーの最低条件だと思うが、今の状況ではその両方を達成するのは難しい。

 また基本DHで出場することになるので、選手起用も限定されてしまうし、できれば早々に投手1本にして200回投げて欲しい。

 ここも増井、石井、白村など後ろは中々強力な選手が多い為勝ち星を順調に積んでいることになるだろう。

 

 野手は中田を始め中島、西川などバラエティに富んだ選手が多くおり、様々なバリエションの攻撃をすることできる点において、非常に厄介なチームになると思う。

 だが私が懸念するのは、選手層が若すぎる気がすることだ。ここ数年稲葉や、ほぼコーチではあったが中嶋などが抜け、ベテランというと飯山や田中賢介くらいしか一軍帯同の選手はいないように思えるのだ気になるポイントとしてあげさせてもらった。

 

 

 5位 楽天

 う〜ん………正直梨田監督でも難しいんじゃないかなぁ。

 エースは確かに則本がいるものの、その後が少し物足りない。二桁計算できる選手があまりいないのが痛い。森、安楽、塩見などが本来ならばある程度計算できなければいけないが、この辺りがくすぶるようだと厳しい。

 野手も40を超えた松井稼頭央に頼っているようでは本来はダメで、「松井さんは引退してください」と引導を渡す選手がいないといけないのに、第一線で活躍しているような状況では厳しいように思う。

 オコエは……まあ高卒1年めの野手なのであまり期待しすぎないほうがいいだろう。本来1軍にいるのも大変なことなので。

 

 6位 オリックス

 一番読めないチームでもあるが、選手運用が一番難しいチームではないだろうか。

 確かに面子はすごいのだが、糸井、中島、小谷野、ブランコなどはピークを過ぎた感もあって ここからもう一つというのは酷なように感じる。

 投手も金子千尋が怪我明けでどれだけやってくれるか未知数な部分もあり、本来は活躍しなければならない吉田などもどうにもパッとしない。

 ただ西や東明、ディクソンなどもいるので、もう一つ二つ出てきてくれればAクラスに入る余地はあると思う。しかし野手がなぁ……

 

 

 というわけで開幕直前予想はこうなった。

 これが当たるとは思わないが、どの選手も怪我だけは気をつけてプレーしてもらいたい。

 

 ちなみにセ・リーグは順位予想だけ。

 1位 阪神

 2位 ヤクルト

 3位 巨人

 4位 広島

 5位 中日

 6位 横浜

 

 正直セ・リーグは難しい……

 

このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!

このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!