読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

新川直司の最新作『さよなら私のクラマー』の2話までの感想を書いていく

漫画

 『四月は君の嘘』で一躍大ブレイクを果たした新川直司の新作が、先日月刊少年マガジンにて連載開始された。

 この作品の前日譚に当たる『さよならフットボール』も中々面白い作品だったのだが、今作も期待出来る作品に仕上がっている。

 

 1巻の発売に伴い、こちらにまとめました。

 

blog.monogatarukame.net

 

 

 

 

 

 あらすじ

 主人公、周防すみれはフットボールの才能に溢れていたが中学時代は周囲の環境が悪く、その能力を発揮できないでいた。ライバルである曽志崎緑はその才能を惜しみ、高校では同じ学校に進学し、二人で全国制覇を目指そうと弱小高校の県立蕨西南高校への

進学を勧める。

 そして二人は進学した学校において、恩田希と出会う……

 

blog.monogatarukame.net

 

 

1 登場人物紹介

 

 周防 すみれ

 本作の主人公。ポジションはFW(ウィング)。

 スピードに優れているが、中学時代は他のメンバーがその実力についてくることができずに、孤軍奮闘状態だったために無名の存在となってしまっている。曽志崎緑にライバル視されているが、本人は特にそう思っていない模様。これは実力差云々の前に、曽志崎に一度も勝ったことがないため、ライバル視することができなかった。

 そのスピードは全国制覇を果たした久乃木学園高校を驚愕させるほど

 

 曽志崎 緑

 本作の相棒。ポジションはボランチ。

 すみれをライバル視しているが、結果的には曽志崎の圧勝で中学時代を終えている。中学時代は全国3位までチームを導いたほかアンダーの代表に選ばれるほどの実力者である。すみれのことを誰よりも高く評価しており、その才能が潰れていくことが勿体ないと感じて、同じ学校へと進学する。

 

 恩田希

 前作『さよならフットボール』の主人公。ポジションはMF。

 前作において女子サッカー部がある中学に進学することができなかったため、男子とともに練習を積んでいたが、当然のように試合に出場したことはない。そのため全国的どころか、地域的にも無名の存在であるがその実力は折り紙つき。

 かつては男子とのフィジカルの違いに苦しんでいたようだが、吹っ切れた後は楽しく練習していた模様。

 

 

 他にも前作からは越前佐和がマネージャーから選手に転向(素人)し、まだ本格的な出番がないが男子連中のナメック、山田、武井も同じ高校に進学している。また、今作から登場した中でもサンデー農業漫画で見たようなお嬢様キャラの白鳥綾や、やる気のない深津監督、元日本代表の能見などの魅力的なキャラクターも多数登場する。

 

 

 



2 作品感想

 本作は四月は君の嘘の前に連載されていた『さよならフットボール』の続編となっているのだが、ようやく最近さよならフットボールを読み終えたので、恩田希が何者なのかなどがわかり、面白くなってきた。

 今はまだ序盤ということもありキャラクターを掴むのも難しいかもしれないが、前作を読み終えていれば結構わかりやすいかも。

 

 私自身はあまりフットボールに詳しくなく、そのルールも学校の授業とサカつくで覚えた程度なので、『シザーズ』とか『アウトサイドパス』というのはよく分からないし、『カウンターサッカー』はわかるものの『ポゼッションサッカー』というのはなんとなくイメージでしか掴めていないような人間でも楽しんでいる。

 このあたりのバランスというのは難しいもので、おそらく作者はフットボールが大好きで詳しいのだろうが、読者は必ずしもそうではないためにどこまで説明するか、専門的にするかというバランスは難しいものがある。

 

 これは野球などのメジャースポーツに必ず降りかかる問題であり、あまり専門的にしすぎると一部の読者しかついてこれないし、かといって説明的すぎると冗長で締まりのない作品になってしまう。

 このあたりのバランス感覚というのも注目していきたい。

 

 

 前作では『男子の中でプレーする女子』という形で描かれていたが、当時に比べると女子サッカーの知名度や認知度も大幅に向上しており、今回ははっきりと女子サッカーを描こうという意思を感じる。

 特に今作で感心したのは2話のラストであり、相手チームの全国制覇クラスの一年生のシュートの力強さというものが、しっかりと紙面に載っていた。中々面白い描き方をするなぁ、と感心した。

 

 それから新川節ともいうか、独特のセリフなども健在であり、1話における「ボールは丸いんだよ」というのはキラリと光るものを感じる。『四月は君の嘘』では切なさを描ききった作者だけあって、熱い物語の中にも情緒を感じさせてくれる物語になるのではないだろうか。

 

 

 個人的に門外漢のためにあまり取っ付きにくいサッカー漫画であるが、今作には大きな期待を寄せている。滑り出しは面白いので、このままRinが終わってしまった喪失感を埋めて欲しいものである。

  • (ちなみに余談だが川原正敏の龍師の翼もめっちゃ面白くて、看板作品が終わりを告げているが月マガはしばらく安泰なのではないだろうか)

 

 

blog.monogatarukame.net