読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画『おおかみこどもの雨と雪』感想と考察 細田守の新境地!? 

カエルくん(以下カエル)

「では、ここで細田守作品の代表作の一つである『おおかみこどもの雨と雪』を扱うけれど……細田作品の感想を書くのはこれで2作目だよね」

 

ブログ主(以下主)

「いつかは必ず語らなければいけない作品だし、テレビ放映も兼ねたこのタイミングで語るのはベストタイミングなのかな」

 

カエル「細田監督ってちょっと前まではポスト宮崎駿の筆頭だったよね。主はその表現自体が嫌いだけど、でも世間的には注目度の高いアニメ監督で、ここ10年くらいに映画を公開したアニメ監督の中では、一気に有名になった印象があるよ」

主「もともと有名な人だったけれどね。それこそ、アニメシリーズの演出でも神回がたくさんあるし……

 あとは『デジモン』の映画版とか、テレビアニメも神回の演出をしていたりするし

カエル「でもさ、あんまり注目しないじゃない。テレビシリーズの演出はまだ名前が出るからいいけれど、アニメーターって作画した画面に『この人が作りましたよ』ってクレジットされているわけじゃないし……

 お気に入りのシーンを見つけても、誰が作ったのか結構調べないと出てこないというのはねぇ」

 

主「アニメーターの個性を見つけるのって、ある意味では美術品の審美眼に近い部分もあるからなぁ。

 ここの線の個性はこの人だ! とかさ、この顔の描き方はこの人だ! とか……自分がわかるのは梅津泰臣くらい個性があるとわかりやすいけれど、結局は知識勝負になってくるし……」

 

カエル「コアな見方だよねぇ」

主「しかも脚本や演出は大体1人、2人の少人数で作るからいいけれど、アニメーターは基本的に10人は軽くいるしね。そりゃわからんよ……」

カエル「こんな話から始めた理由は当然、この映画を語る際は細田守の他の作品にも少しだけ言及するからです。

 他作品のネタバレはありません!

 雨と雪のネタバレはあります!

 では感想記事スタート!」

 

 

 

 

 

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

 

 

1 ざっくりとした感想

 

カエル「じゃあ、まずはざっくりとした感想からだけど……世間評価では賛否が分かれる内容なのかな? 大まかには好評だけどね」

主「細田作品の1つの特徴として、脚本の粗さが挙げられる。

 『時をかける少女』を例に挙げると、あの作品は青春劇としてみるかSFとしてみるかによって作品の印象が全くかわってしまう。

 まあ、はっきり言ってしまうと御都合主義のパラダイスであって、SFとしては評価が難しい作品なのよ。それは『サマーウォーズ』にしろ、本作にしろ……というか、過去の細田守作品を含めても全てご都合に見えてくる

 

カエル「それも悪いこととは言いづらいところもあるけれどねぇ……宮崎駿も脚本という意味ではペケがつくところもあるけれど、めっちゃくちゃ面白くて人気もあるし」

主「整合性のある脚本=面白いではないから、仕方ない面ではあるけれど……

 それは本作にしても同じで、やっぱり細かい部分がすごく気になる。

 子供2人を育てるのに田舎に行くけれど、あんなに怒らない母親で居られることができるのか?

 車がなくて生活できるのか?

 そもそも生計はどうやって立てているのか? 

 ラストだって、あれって大問題に発展しそうだけどそうならないし……法律的にどうなっているのか、そういう細かいところを考え始めるとキリがない。だからこの作品を評価しないという人の気持ちは分かる

 

カエル「結構そこはこのブログでも厳しく言及していて、と言っても過去に語ったのは『バケモノの子』だけではあるけれど、きつい口調になったもんね」

主「その脚本の整合性に関してはドンドン悪くなっていってさ……1番売れたのは『バケモノの子』かもしれないけれど、脚本だけで言えば全く評価できない。いや、その裏にあるテーマとかメッセージとか小ネタはいいんだけど、基本的に崩壊している。

 それは今作でも同じと言えば同じなんだけれど……」

カエル「じゃあ、やっぱり厳しい評価なの?」

主「いや、個人的には1番好きな細田作品だよ

 

f:id:monogatarukam:20170323193053j:image

親子3人の表情などが印象的。このシーンは作中屈指の名場面でしょう。

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

 

好きなポイント

 

カエル「え? あれだけ脚本の整合性がないって言っていたのに?」

主「物語って結構雰囲気でなんとかなっちゃうところもあるからねぇ。完璧な脚本があれば面白いものが作れるというわけでもないし。

 特に映像表現に関して文句なしに素晴らしいから!

 作画のクオリティという意味ではケチのつけようがない。

 例えば……『ひるね姫』の時も語ったけれど、今作でいうとスーパーアニメーターが何人も関わっていて、その中でも井上俊之もいるのね。

 井上俊之って個人的にアニメーター界の横綱の1人だと思っていて、今作だと雪山で転げ回る3人とか、姉弟の喧嘩シーンを担当した人で

 

カエル「この映画の動の部分ではメインと言っても過言ではない箇所じゃない!」

主「そうだよ。

 もちろん細田守も監督、そして演出としては一級品の腕前を誇るし、スタッフも作画監督の山下高明は細田守と何度もタッグを組んできた……というか、師匠にあたる人らしいけれど、もちろん凄腕アニメーターの1人だし。

 そんなに詳しいわけではないけれど、それでも『すごいな!』と思わせる絵が多い。アニメは絵が動くということが大事な要素だから、その意味では最高の作品の1つだよね」

カエル「よく言われる『影なし作画』をずっとやっているしね」

主「簡単に言うと影を付けることで止まっていても立体感が出るという手法で……影をつけないということは、その分ずっと絵を動かなければいけないということでもある。じゃないと立体感が出にくいんだよ。

 その難しい技術にも挑戦しているのは変わらないし、あとは母と子の物語としても面白いけれど……自分が1番好きなポイントってそこではないんだよね」

 

 

 

 

2 橋本カツヨと細田守

 

主「はっきり言っちゃうと、自分は細田守よりも橋本カツヨの方が好きなんだよ

カエル「……? いきなり何言ってるの? 別の人を紹介したらこの映画を語る意味がないじゃん」

主「……いや、結構これが面倒くさい話なんだけれど……橋本カツヨって細田守と切っても切れない関係にいる人であって、細田守を語る際に非常に重要な人物というか……」

カエル「え? 名前からして女性みたいだから奥さんとか?」

 

主「……もう面倒くさいからはっきり言っちゃうけれど、細田守の別名なんだよ。テレビアニメの演出などをしている時はこちらの名前を使っている時もあってさ。

 自分はその時代前後の演出が好きなのね

カエル「具体的にいうとどんな演出をしていたの?」

主「例えば『少女革命ウテナ』の33話、衝撃の総集編と呼ばれる例のシーンの演出とか

カエル「……あ! あの伝説の回だ! あんまりにも衝撃だから、ネタバレもできないというやつで、鑑賞していた時に目が丸くなったあの瞬間だ!」

主「簡単に言えばウテナがとんでもない成長をする回なんだけど……そういう回の演出とか、あとは名義がどっちだったかは忘れたけれど『デジモンアドベンチャー』でいうと神回と言われる21話とか、アニメのOPでいうと『スパイラル〜推理の絆〜』とかが大好きで……もちろん、曲の良さもあるけれどね。

 この時代から橋本カツヨ、細田守演出は素晴らしく光っていたよ

 

カエル「それが今でも繋がっているんだ」

 

f:id:monogatarukam:20170323193138j:image

ウテナ、伝説の神回

 

 

細田守最高傑作

 

カエル「お? このサブタイトルということは、雨と雪が細田守の最高傑作なの?」

主「いや、そうじゃなくて……細田守の最高傑作って何? と問うと色々あがるだろうけれど、自分は『おジャ魔女どれみどっか〜ん』の40話『どれみと魔女をやめた魔女』をあげる」

カエル「え? 大人気シリーズの中でも最後の作品であり、しかも40話だけの演出をした作品が最高傑作なの?」

主「機会があれば是非見て欲しいけれど、この話は完璧な1話でもあって……どれみという作品が抱える『成長』『葛藤』を見事に表現してた話でもあるんだよ。変身バンクもなくて、キャラクターソングを流しながら町を歩くシーンもあったりして、30分で完成した話として、驚愕するくらいすごいレベルにある」

 

カエル「このお話に出てきた未来さんという魔女はこのお話しか出てこないのに、すごく印象に残って重要な立ち位置にいる人だよね」

主「作中ではこのような演出が出てくるんだよ」

 

f:id:monogatarukam:20170323193158j:image

おジャ魔女どれみどっか〜ん、40話より

 

 

主「これは主要キャラクターたちが小学生から大人になるに連れて歩む道が変わっていってしまうということを示している。それがこの別れてしまった道であり、道路標識という形で演出されている。

 おジャ魔女どれみって魔法少女作品として王道のお話で……なんでも叶えてくれる魔法からの決別をすることで大人になるというテーマを抱えている。その中でもこのお話はキーとなるお話の1つとされているわけだ」

カエル「ふむふむ……でもそれが雨と雪にどうつながっているの?」

 

blog.monogatarukame.net

 

 

新しい表現

 

主「これは結構難しい問題でもあるんだけど……初めて『時をかける少女』を見たときに既視感があったのね。それってなんでだろう? と思ったら、やっぱり『おジャ魔女どれみ』の影響もあったのよ。

 こういうシーンがあるけれど」 

 

f:id:monogatarukam:20170323193225j:image

時をかける少女より

(C)「時をかける少女」製作委員会2006 

 

 

カエル「標識で未来と現在を分けるという意味ではおジャ魔女と同じ絵だよね

主「もちろん演出家が一緒だから、これはこれで間違っていないけれどさ……どうにもノリきれない思いもあって。それは脚本がご都合だからというのもあるかもしれないけれど、やっぱり既視感というのも大きいと思う。まあ、もともと『時をかける少女』という作品自体が過去作のリメイクであるということもあるんだろうけれど」

 

カエル「その目線で語ると『サマーウォーズ』は……」

主「完全にデジモンだよね。デジモンのモンスター描写を独特のアバターにして、そこに子供達の冒険から家族のお話に変えただけとも言えて……

 あの危機の訪れ方とかもデジモンと全く一緒のように思えてさ、もちろん劣化コピーなんかではなくて、正統進化だけど……でもやっぱりモヤモヤとした気持ちがあったのよ」

 

カエル「ここは趣味だろうねぇ。一緒に見た人は『デジモンぽくって面白い!』って語っていたし」

主「だけど『雨と雪』って初めて過去の踏襲とかではない、新しい物語になったんだよ。もちろん演出的には似ているものがあると思うけれど、過去作の影響が少ない物語になっている。

 だからこそ自分はこの作品は違和感なく見ることができたし、細田守の新境地だと思ったな

 

 

 

 

3 アニメーションが描かなかったこと

 

カエル「結構この映画って衝撃的なシーンというか……ドキドキするシーンがあるじゃない? お茶の間が凍りつくようなシーンが。

 子供向けであることは間違いないけれど、でも単なる子供向けではない描写があるよね

主「学校のあれこれとかもエゲツないけれど、花と狼男とのベットシーンがあるけれど、そこは今までアニメーションがあまり描いてこなかった部分でもあるんだよね。特に子供むけアニメが描きづらかった部分というか……」

カエル「わざわざ描く必要がなくて、ある日急に子供が生まれていました! でもいいはずだもんね

 

主「公開当初にプレイボーイで細田守が語っていたけれど『エロスにこだわった』と語っているんだよね。プレイボーイって男性誌だから、当然のようにちょっと下世話なような下ネタ風に取り上げられていて、それが若干物議を醸し出したけれど……

 でもさ、アニメーションにおける『エロス』って実はすごく大事なことで、そこを描けない子供むけアニメが多いんだよね。

 いや『萌え』は描けるよ? でも萌えとエロスって厳密には違うものだし」

カエル「つい最近TAAF(東京国際アニメフェスティバル)においてグランプリを受賞した『手を失くした少女』というフランスのアニメを見てきたけれど、それも排泄とかのシーンもきっちりと描いているんだよね」

 

主「そう。アニメーションってその意味は『命を吹き込む』ということなんだけれど、子供向けという配慮から、最も生々しく生を感じる『性』についてはちょっとおざなりになってしまっている部分があった。

 それを考えると、本作はそこから逃げずにしっかりと描いている。

 プレイボーイの中では『人妻もの』なんて言って笑っているけれど、母、そして家族をテーマにして、性を描こうとしたというのは高く評価するべきでしょう

カエル「それにしては花が幼すぎる印象もあるけれどね」

主「それがより背徳感が増すんじゃない? いや、知らんけれど」

 

f:id:monogatarukam:20170323193250j:image

2人の喧嘩のシーンはそれぞれの成長もあって印象深い……

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

 

『ポスト宮崎駿』の筆頭?

 

カエル「一応、ここについても語っておこうか」

主「だいたいさ! ポスト宮崎駿なんていうんじゃねぇよ! って思いもあるけれど、細田守にそれを望むのは理解はできるんだよ。むしろ新海誠などよりもふさわしいのは間違いない」

カエル「宮崎駿との確執……とまでは言わないけれど、色々な噂もあるしね」

主「それもそうだけれど……

 細田守って東映アニメーション出身でそこからスタジオジブリに出向した経歴を持っている。で、宮崎駿も東映アニメーション(当時は東映動画)からキャリアをスタートさせている。

 東映アニメーションって今でも『プリキュア』とか、最近だと大ゴケしたけれど『ポッピンQ』などを製作していて……基本は子供向けであるわけだ。

 その経歴なども考慮して『ポスト宮崎駿』って言ってくれたらまだわかるけれどね」

 

カエル「単純に『アニメ映画のヒットメーカー=宮崎駿』じゃないんだぞ! ってことだね」

主「その通り。

 だけど、この東映アニメーション出身というのは結構大きいと思っているんだよね」

 

f:id:monogatarukam:20170323193017j:image

美しい自然描写も見どころの1つ

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

 

細田守が映したいもの

 

カエル「以前、主が語っていたけれど『アニメとアニメーションは違う』という話につながってくるの?」

主「そう。今のアニメ作家ってその多くが『アニメ』を見て業界に入りたいと思っている。もちろん、それはそれでいいと思うけれど……宮崎駿とかは全然違うはずなんだよ。

 宮崎駿や高畑勲は『アニメーション』を作りたくても『アニメ』を作りたかった訳ではない。この2つの違いについては下記の記事を読んでね」

 

blog.monogatarukame.net

 

主「この違いって実は大きい。

 例えば押井守は『映画』を撮りたいわけであって『アニメ映画』を撮りたいわけではない。アニメというのはあくまでも手法でしかなくて、目的は映画を撮ること、映画の本質追究の旅なんだよ」

カエル「この意識の違いが作品世界観の違いにつながってくると」

主「根本から違うから。

 それいうと、細田守もまた特殊なアニメ観を持っていると思う。氷川竜介が語っていたけれど『絵画を動かしたいのではないか?』というのは鋭い指摘だな、と思ったね。

 だからこそ細田守作品って他作品と別モノのような扱いを受けているのではないか? という印象。まあ、絵画について詳しくないからなんとも言えない部分もあるけれど」

カエル「本来は絵を動かすというのがアニメの本質だしね」

 

 

 

最後に

 

カエル「今回は雨と雪の感想というよりも、細田守論みたいになったね

主「でもこの作品は変換点として非常に大きい作品だと思うし、後々に注目を集める作品になったんじゃないかな?」

カエル「こればっかりは後世の評価を待たないといけないけれど、その分脚本が荒くなってきているのも気になるね……」

主「テーマとかメタファーという意味ではよくできた脚本ではあるけれどさ、その流れが犠牲になっているから、それがノイズになってしまっているんだよなぁ。

 次の作品が『バケモノの子』だから、進化してるんだからしていないんだか、よくわからんけれど……」

カエル「こういう時演出論とか勉強しているといいかもしれないね。日々勉強だよ!」

 

blog.monogatarukame.net

 

 

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

 

 

劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック

劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック

 

 

アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)

アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)