読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画『一週間フレンズ(2017 実写版)』感想 う〜ん、この映画の何を語ればいいんだ…… 

邦画 映画

カエルくん(以下カエル)

「くわ〜いさ〜つ〜の〜前〜 ツナァグツェ〜とテェ〜♪」

 

亀爺(以下亀)

「おや、カエル。上機嫌じゃの。下手な歌がよく響き渡っているわい」

 

カエル「わざと下手に歌っているの! あんまり上手すぎるとどこかかから怒られちゃうかもしれないでしょ!?」

亀「色々とうるさい時代じゃからの。名曲を思いおこすだけで怒られてしまうような世の中じゃ」

カエル「さて、今作はアニメ化もされた漫画原作映画である『一週間フレンズ』の感想記事だよ! 松竹の恋愛映画って久しぶりだね」

亀「あまり見に行かんジャンルじゃからの。

 漫画原作の実写恋愛映画というだけで言われることもあるし、作品自体はそこまで突飛な話ではないが、やはり原作や漫画を知る者としては色々と思うところもあるのも事実じゃ

 

カエル「……でもさ! 『ちはやふる 上の句』のように漫画原作の実写化作品でも名作ってあるし!」

亀「……主演が同じ山崎賢人でいうと『四月は君の嘘』もあるがの」

カエル「う……確かに恋愛映画としては似たような部分を感じるのは四月の方かもしれないけれど、でもさ! 見ないとわからないから!

 ほら、この直前に見た『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の記事の時も食わず嫌いはダメだ! と主は語っているし!」

亀「……その主が今回来ていなようじゃが」

カエル「僕と亀爺に任せてくれたんだよ! ほら、じゃあ記事を始めるよ!」

 

 

 

 

映画ノベライズ 一週間フレンズ。

 

 


「一週間フレンズ。」予告編

 

1 ネタバレなしの感想

 

カエル「それじゃあ、ザックリとした感想だけど……う〜ん、まああんなことを言いながらも、どのように言えばいいのかわからないっていうのが本音なんだけど」

亀「擁護したくても擁護出来ん作品じゃの

カエル「亀爺! もっとオブラートに包んで!」

 

亀「わしは原作も少しは読んでおるし、アニメ版もあまり記憶はないが観ておった。多分全話鑑賞はしておらんと思うが、あの切ない世界観とEDの雨宮天が歌う『奏』に少しはウルっときておった気がするが……

 この作品はあまりいい具合にできておらんの

カエル「原作知っていると逆効果かもねぇ。俳優のファン以外は見に行く価値とかあまりないって気もしてくるし」

亀「なんというか、予告で松竹制作の少女漫画原作映画がたくさん宣伝されていたせいもあるのじゃろうが……この手の作品の差別化というがあまりうまくいっておらん印象もある。

 なんというか、全部一緒のように見える。それはファーストカットから始まっていて『ああ……またこの手の映画に終始するのかぁ』という肩すかし感もあったの」

 

カエル「この手の映画って?」

亀「なんというのじゃろうな? 光が強めの画面構成や、キャラクターでもなければ人物でもない半端な登場人物設定、綺麗すぎる制服に、セットのような舞台、同じような俳優……

 キラキラ感を出したいのかもしれんが、あまりにもこの手の恋愛映画は工夫がなさすぎるようにも思うの」

 

カエル「川口春奈と山崎賢人という組み合わせも、いかにも若い女性向けの俳優って感じだしねぇ」

亀「とにかく脚本もつまらんし、演出も冗長、音楽も特に語ることもないという作品になっておるな」

 

 

山崎賢人原作というとこちらもあるけれど……う〜ん…… 

blog.monogatarukame.net

 

 

役者について

 

カエル「ここはいつも語るけれど、若手役者は演技力云々以前に『若いこと』『美しいこと』が優先されるから、あんまり演技力については期待していないということもあるけれど……それにしてもねぇ」

亀「じゃがの、正直今回は山崎賢人に同情した面もある。

 原作の長谷は童貞臭のする、草食っぽい大人しい男の子じゃったはずじゃ。これは『四月は君の嘘』でも同じことを思ったが、原作のキャラクターと山崎賢人の役者としての個性が一致しているとは思わん。

 この役はそれこそ神木隆之介のようなタイプが似合うものじゃ」

 

カエル「草食系ぽさが0だもんね。あれだとナンパまではしないけれど、リア充生活を送っている男が新しい女の子に目をつけました、っていう印象になるし」

亀「イケメンじゃから実際にモテるじゃろうし、草食系のような雰囲気を出せというのも難しいのじゃろうが……だからこそ神木隆之介があれだけ需要があるのじゃろうが、役と全く合っておらん。

 このお話が全て『リア充男子が新しい女を取り合う物語』に終始しておる。わしのような爺いからすれば、勝手にやっておればいいと言いたくなるの

 

カエル「川口春奈はすごく可愛いよね!」

亀「いや、それでいうと山崎賢人もかっこ悪いわけではないぞ? まあ、キャラクター設定が不自然じゃから色々とヤバい奴に見えてくるが、それは役者が悪いわけではないしの。

 川口春奈も可愛いが……では演技が上手いかというと、決してそんなことはない。役には合っていたかもしれんがの」

 

カエル「今回は本当に役者泣かせだよねぇ」

亀「例えば親友である山岸役の高橋香織のあの不自然なリボンは何じゃ? よりコスプレ感を増してどうする? もっと色々なリアルな女子高生がするようなリボンがあるはずなのに、なぜあんなものをつけさせてしまったのかの。

 原作通りです、というなら、誰もが望むのはそこではないじゃろ? そこは原作通りにせんでもいいから、もっと重要なことを原作通りにして欲しいの」

カエル「アニメや原作通りにいかないのはわかるけれど、その改変方法も他にやり方があると思うけれどね」

 

亀「基本的に雑じゃの。

 あとは親友の桐生役の松尾太陽は単純にヤバい奴になっておった。アニメ版は細谷が声優を務めたが、細谷の場合はぶっきらぼう中にも朴訥とした魅力のある声じゃ。決してヤンキーというわけでもない。

 じゃが、中途半端に原作通りにしたせいもあるのか、ところどころで情緒の安定しないヤバい奴にしか見えんかったの。

 ……松尾太陽の演技もあまりにも、ということもあるのじゃろうが、あまりこの役に向いた役者ではなかったのかもしれんな」

カエル「今回は役者に関しては誰も彼もがそんなに良くないよねぇ」

 

f:id:monogatarukam:20170219093546j:image 

単純に演技の問題だけとも思えない……結構難しい役だよね、桐生くん

 ©2017 葉月抹茶 / スクウェア・エニックス「一週間フレンズ。」製作委員会

 

以下ネタバレあり

 

 

 

2 雑な脚本

 

カエル「もう直接的にいちゃったね」

亀「まず、お話が圧倒的につまらん。セリフもつまらんし、特に見るところがない。ばっさりと切るがの、脚本もひどいものじゃよ」

カエル「結構ここまでばっさりと言い切りのも久々かも……」

 

亀「いつも語るが、現代の恋愛作品というのは恋の障害が少ない。だからまずそれをどう設定するのか、というのが重要な問題になるのじゃが、その設定方法が雑なようにも感じたの。

 詳しくはこちらを見て欲しい。

 

blog.monogatarukame.net

 

 簡単に言えば『恋の障害で病気は便利』ということかの。病気だと誰もが納得するし、分かりやすく感情移入しやすいからの。

 本作では最大の障害は記憶喪失じゃが……これはいい

カエル「じゃあ、何がいけないの?」

 

亀「記憶喪失以外の障害があまりないことかの。

 この映画の最終目標は『2人がくっつくこと、友達になること』である。それはいいとしても、そこまでに至るまでのドラマが非常に単調で単調で……これを2時間魅せるというのは無理があるの」

カエル「三角関係の話もあったけれど、あの流れも正直どうかと思ったしねぇ……」

 

亀「例えば恋愛作品ではないが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を例に挙げると、この作品の最終目標は元の時代に戻ることじゃ。

 しかし、それまでに母親になる人と恋仲になり掛けたり、ビフに追いかけ回されたりといったような、様々なトラブルがある。そのトラブルを乗り越えた先に、大目標である元の時代に帰る、というものがある。

 古典的名作映画の『ローマの休日』もそうじゃろう? 出会いからデートもあれば、サスペンスなどもたくさんある。追いかけ回されたりもする。色々なトラブルから生じるドラマがたくさんあるんじゃ。

 じゃがな、今作は『記憶障害』という1点のみしかない。それで2時間もたせようというのは難しいの。90分だったらまた話は変わるのじゃが……」

 

 

 

キャラクター造形の失敗

 

カエル「ここは原作から思うことでもあるんだよねぇ……なんというか、長谷って結構ヤバいやつだよね?

亀「ああいう性格でもなければ友達になれない、物語が動かないというのもあるんじゃろうがな。

 漫画やアニメでも少し気になったが、これを実写映画として見た場合にはかなり常識のないヤバいやつに見えたの」

カエル「あれだけ拒絶されているのに何度もアタックするとかね。

 確かに劇中でも『空気を読むよりも行動を〜』みたいなことを言っているけれど、あれじゃただのマイルドなストーカーにしか見えないし……」

 

亀「きわめつけは父親に『もう近づかないでくれ』と言われておる。それは父親の身になれば当然の判断じゃが、それを気もしないで10秒後には家まで行って交換日記再開じゃ。

 それ以降父親は出てこんが、これをヤバい奴と言わずになんという

カエル「描写の1つ1つが薄いんだろうね。だけどダラダラとドラマをやっているから、全然お話が膨らまないというか……」

亀「それは特に男性陣がそうじゃの。桐生もあそこまでいくとまた別な病気のように見えたの。もっと演技バランスやキャラクター造形を考えたほうがよかったかもしれん。

 もしかしたら、役者も結構悩んでおるのかもしれんの。明確なプランニングがあってのこれじゃったら、どういう意図なのか聞いてみたいもんじゃ」

 

f:id:monogatarukam:20170219093534j:image

若干ストーカー気味の長谷。でもこれぐらいじゃないとモテないのかもね

©2017 葉月抹茶 / スクウェア・エニックス「一週間フレンズ。」製作委員会

 

 

冗長な演出

 

カエル「演出もなぁ……惜しいと思う部分もある一方で、ほとんど擁護できないというか……」

亀「口を悪く言わせてもらえば、この作り手側が健忘症なのではないか? と疑うほどじゃ。

 何度も何度も同じシーンを見せられる身にもなってほしいの。親切設計のつもりじゃろうが、お話がその都度巻き戻り、流れがリセットされてしまう。

 特にそれが一番もったいなかったのはあのあのラストのパラパラ漫画じゃの」

 

カエル「あれは面白い部分ではあるんだけど、その魅せ方がねぇ……」

亀「あのパラパラ漫画だけでここまでの物語の全てが説明されておるはずなのに、さらに回想シーンとして同じシーンを見せられるのものぉ……

 どうにもこの作品に入っていけないのは、このような演出の1つ1つがあまり良くないということもある。黒板アートなどは素晴らしいが、それ以外が実に……褒められん」

 

カエル「ラスト付近で少しは持ち直したかなぁ? と思ったけれど、そんなこともなかったしね」

亀「あまり監督などの意図が見えてこなかった作品じゃの」

 

 

 

 

最後に

 

カエル「う〜ん……期待せずに見に行ったSAOが素晴らしい作品だったから、ハードルが上がっちゃったこともあるのかなぁ」

亀「できればいいところも見つけて褒めたいが、奏という名曲が素晴らしい以外の何も褒めるところがないというの……

『リア充のデートムービーとしてはこれでいいのではないか?』 とでもいうような思いが透けて見えてしまう作品となっておるの」

 

カエル「結局イケメンと美女の恋愛劇だし、お好きにどうぞ、という言葉しか出てこないよねぇ」

亀「男子高校生はモブすらほとんど出てこんからの。わしらのような人種には辛い映画であったの」

カエル「……やっぱりさ、レイトショーで見に行ったのが間違いだったんじゃないの? 明るい時間に、デートで見に行くべきだと思うけれど……」

亀「ふむ。そうか、じゃあわしも今日は若い雌亀を連れて行こうかの」

カエル「あ、やっぱダメ! 亀爺がいうとなんか犯罪の香りがし始めたから今のなしね!」

 

 

 このタイミングでアニメのブルーレイボックスも発売!

一週間フレンズ。 Blu-ray BOX

一週間フレンズ。 Blu-ray BOX

 

 

映画ノベライズ 一週間フレンズ。

映画ノベライズ 一週間フレンズ。

  • 作者: きりしま志帆,葉月抹茶,泉澤陽子
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2017/01/21
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 
一週間フレンズ。 コミック 全7巻完結セット (ガンガンコミックスJOKER)

一週間フレンズ。 コミック 全7巻完結セット (ガンガンコミックスJOKER)

 
一週間フレンズ。7+1 友達ブック。 (ガンガンコミックスJOKER)

一週間フレンズ。7+1 友達ブック。 (ガンガンコミックスJOKER)