物語る亀

ネタバレありの物語批評

漫画『血界戦線 Back 2 Back』2巻感想と、原作ファンのアニメ版に寄せる思い

カエルくん(以下カエル)

「今回はいよいよ最新刊が発売した血界戦線の最新刊の話だよ!」

 

ブログ主(以下主)

「……おう」

 

カエル「主は血界戦線が大好きというよりも、内藤泰弘作品が大好きだもんね! 『トライガン』もそうだし、キャラクターデザインを務めた『ガングレイヴ』も大好きだし!」

主「……まあな」

カエル「……何でそんなにテンションが低いのさ? 楽しみにしていた内藤作品の最新刊でしょ? もっと喜ばなくちゃ」

主「いや、とうとうこの時が訪れたんだなぁって思ってさ」

カエル「この時?」

主「血界戦線のアニメがいかに原作ファンの神経を逆なでしたか、語る時が……

カエル「……あくまでも個人の感想だからね。お手柔らかに頼むよ」

 

 

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 1 原作ファンから見たアニメの評価

 

カエル「……じゃあ、まずは原作ファンから見たアニメの評価を、簡単に書いていってね。あ、お手柔らかにね」

主「今は言うほど憤りもないよ。

 当時はもう『なんだこれは! 主を呼べ!』って海原雄山状態だったけれど、今はもう孫ができて丸くなった雄山状態だから。これはこれでいいかなって印象」

カエル「なんでそんなに反感を持ったのさ? アニメも結構ヒットしたじゃん」

 

主「ヒットの仕方がねぇ。

 分かりやすいとは思わないけれど例えるならさ、原作は『汚い店の気のいい親父が作る、ボリュームの多いカツ丼』だったんだよ。時々ふらりと入って、カツ丼をがっつり食べて、よっしゃ、美味かったぜ、親父さんご馳走さん! なんて言ったらニカって笑うような熱い店。

 で、その親父さんが別の店を出したっていうから行くじゃない? そしたらさ、おしゃれな雰囲気でいい感じにBGMがかかって、いらっしゃいませなんて給仕が頭を下げながら『豚のミルフィーユフライ〜ブルゴーニュソースを添えて〜』なんて料理がちょっこっと出てくる店だったのよ。

 

 いや、味は美味しいかもしれないけれどさ、こっちはカツ丼の腹づもりでいるのに、なんで豚のミルフィーユフライが出てくるのよ? しかも見知った小汚いサラリーマンや土方のにいちゃんはあまりいなくてさ、カップルとかが『美味しい!』なんて写真パシャパシャしているんだぜ?」

 

カエル「……なんだか例えることで逆にわかりにくくなってない?」

主「そうかね? ファンとして個人的に血界戦線に望んでいたのはその熱さであってさ、決しておしゃれな雰囲気ではなかったんだよね。だけど、そっちの路線で成功しちゃったもんだからさ、もう『こんなのは血界戦線ではない!』ってメロス並みに激怒した。

 まあ、今ではあれはあれで良かったのかなって印象もあるよ。個人的にBUMPの『Hello,world! 』もユニゾンの『シュガーソングとビターステップ』も大好きだし、確かにOP,EDは最高だったし、OSTも買っちゃったし。アニメと漫画はまた違うし」

カエル「……結局は好きなんじゃないの?」

主「素材は大好きだから。料理の仕方が気に食わないだけで」

 

 

2 血界戦線B2Bの感想

 

カエル「この一時休載というか、仕切り直してからの連載再開もまた内藤作品らしいよね

主「やっぱりトライガンを思い出すよな。内藤ファンとしては」

カエル「その割には特に大きくストーリーは進行しないというね」

主「誰もが言うけれど、これは『異世界の日常系』漫画だからね。

 確かにレオの目とか、ブラッドブリードとか、奥にウジャウジャといる連中の話とかはまっっっっったく進行していないけれど、それらの話もやろうと思えば一話完結を少しだけ……三話くらいで出来ちゃうと思うんだよね」

 

カエル「そんなに早くできる?」

主「風呂敷の広げ方次第。今の所さ、堕落王フェムト以外にライバルらしい敵はいないわけじゃない? そのフェムトですら遊びでしかないし。そう考えると、絶対に倒さなければいけない大きな敵という存在が現在はいないんだよね。

 だから大きなドラマを作らなくていいし、作れないんだよ。最終目標はあるけれど、そこに至るまでの道筋がないから」

カエル「そうね。トライガンで言うところのナイブズもGUNG-HO-GUNSも登場していないからね」

主「味方はたくさんいるけれどね。トライガンの『たくさんの敵に数少ない仲間』とは違う作劇が求められるし」

 

 

blog.monogatarukame.net

 

2巻の主役はスティーブンとチェイン

 

カエル「血界戦線は巻ごとに主役となる人物が違うのも面白いよね」

主「そうね。一応主役はレオとクラウスだし、一定の活躍はするけれど、毎回スポットを浴びる人物は違うしね

カエル「この巻では特に上記の2人が活躍したね」

主「特にチェインはアニメと漫画で扱われ方が全く違かったし。結構漫画だとヒロインではないにしろ、女性キャラの中では一番出番も多い割に、アニメだとほとんど活躍もしなかった印象がある。というか、ホワイトに食われたか。

 でもチェインは相当可愛らしいキャラクターだと思うけれどね。ザップとのコンビもいい感じだし、ザップがあれほど出ているならば、生かし方もあったと思うけれどなぁ」

 

カエル「この巻でいうと『亀男!』って言っているミシェーラも可愛かったよね。責めているようで、その顔はただ楽しんでいるだけていうさ」

主「ひとつ間違えると悲壮感を醸し出してしまうようなキャラクラーなんだけど、それを見せないようにするのがすごくいいよね。可愛らしくてさ」

カエル「そして何よりもスティーブンの冷酷さとその心情もまたいいね」

主「この作品ではナンダカンダ言って……甘ちゃんというか、クラウスをはじめとして『いい人』が多いからさ、その意味ではこのキャラクター設定がすごく生きるね。かっこいいわ」

 

カエル「……さてと、あとは何を語る?」

主「結局は日常系だからそこまで語ることもないしなぁ。クラウスの交渉旅に付き従うのがまさかのKKで、割と普通に奥さん感が出ているのが面白いとしか……あの人、人妻なのにね。

 脇役たちのキャラクター性もすごく良くて、大きな枠の物語性はないけれど、1話1話で引き込むことができる……日常系というとホワホワした何てことのない日常を見せる作品も多いけれど、この『バトルあり、異世界あり、バイオレンスあり』の日常系として、良い作品だよね」

 

 

最後に

 

カエル「今回は短めながらここで終わりにしようか」

主「でもさ、この先はどうるんだろうね? どうにでもなるからこその難しさがあると思うけれど……」

カエル「一応最終目標はブラッドグリードの殲滅と、レオの目……というよりも妹の目を取り返すことだろうけれど、どっちも難しそうだしなぁ

主「それも含めて期待したいこうかな。

 ……う〜ん、やっぱり血界戦線系の漫画は面白いけれど語りにくいなぁ」

カエル「別に深いテーマがあるわけでもないしね。読者もそれを承知で読んでいるし。その意味ではトライガンの方がこのブログむきかもしれんね」

主「今度はトライガンの感想記事でも書いてみようかなぁ?」

 

 

血界戦線 Back 2 Back 2 ─ゲット・ザ・ロックアウト!!─ (ジャンプコミックス)

血界戦線 Back 2 Back 2 ─ゲット・ザ・ロックアウト!!─ (ジャンプコミックス)

 

 

 

血界戦線 コミック 1-10巻セット (ジャンプコミックス)

血界戦線 コミック 1-10巻セット (ジャンプコミックス)

 

 

 

血界戦線 ファンブック B5 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])

血界戦線 ファンブック B5 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])