物語る亀

ネタバレありの物語批評

アクティヴレイド一話感想 (プラネテスとの対比)

 今このブログを読んでいる方はアニメが好きな方が多いと思われるが、皆さんがアニメを見るきっかけになった作品は何だろうか?

 世代、性別によっても違うだろうが、私にとってその作品こそが『スクライド』だった。今では名作という評価が固まったように思うが、最近アニメを見始めたという人がいたら是非見て欲しい。その熱量は『天元突破グレンラガン』に勝るとも劣らないとんでもない熱血アニメだ。(平井さんのキャラクターデザインが古いと言われることがあるが、ファフナーが大丈夫なら見れるだろう)

 そのスクライドの監督を務めたのが谷口悟朗である。

 

 監督に注目してアニメを見る人間ならば誰もが知るヒットメーカーであり、私の最も好きなアニメ監督の一人である。代表作には無限のリヴァイアスプラネテス、ガンゾード、そして今でも映画が続く大ヒット作品のコードギアスがあるが、どれも一つでも作れたら監督としての実績が十分な作品をいくつも作るあたり、怪物に違いない。

 だがコードギアスの後はテレビ特別編のジャングル大帝がありはしたものの、しばらく監督として作品を発表しない時期が続いた。

 そしてしばらくの沈黙を破り、制作したのが『純潔のマリア』であったが……うまくいった作品かと問われると難しいところだ。これは明らかに絵が納期に間に合ってなかったし、次週からは面白くなりそうな雰囲気がしていたりと、酷いというほど悪くはないのだが、一話から最終話まで60点(ギリギリ合格点)で駆け抜けた印象が私はある。

 作品自体は悪くないのだが、他の作品のレベルが高すぎて一つ落ちる印象ができてしまった。いやいや、大ヒットメーカーでもハズレはできるはずだし、原作もあったし、作画のスケジュールもたくさんあったし……などと誰にするわけでもない言い訳がたくさんできたが、私の中でどことなく才能が涸れてしまったのかと残念に思うこともあったのも事実だ。

 

 そんな谷口監督が総監督という立場で新作を、しかもオリジナルアニメとして始まるという。

 これは見なければならぬといき込んでみた感想がこちら。

 

 うん……悪くない

 総監督というのは名義貸しという話もある中で、絵コンテを担当しているのだから紛れもなく谷口監督の作品になるのだろう。

 その中では作り方も魅せ方もしっかりしているし、そう悪くない作品のはずなのだ。

 

 では本作の作り方で気がついた点を挙げていく。

 

 プラネテスとほぼ同じ脚本構成

 本作は谷口監督の他作品である、プラネテスと一話の構成はほとんど同じだ。私は魅力的な一話の作り方において、プラネテスという作品は王道的なお手本だと思っているが、本作もそれに則ったものになっている。

 ではプラネテスの一話について軽く解説をしていこう。

 

 人が宇宙を開発して住むことが可能になった近未来、ヒロインの田辺愛は大企業であるテクノーラに就職が決まり、宇宙のゴミ、スペースデブリを回収する部署に配属される。そこで出会うのが同じ会社の先輩であり、主人公のハチマキこと星野八郎太だった。仕事に対する考え方などがぶつかる中、同僚たちとの交流や、この仕事のやりがいなどを描く。

 

 この一話が非常に優れている点は、あえて主人公であるハチマキではなく新人である田辺を軸に添えることにより、視聴者と田辺の状況が一致することだ。つまり作中の登場人物が田辺に説明することはすべて視聴者への説明であり、田辺の疑問は視聴者の疑問と一致する。これによりSF特有の難しい単語や設定の説明ができるし、その世界観に入っていきやすくなる。

 何よりも大きいのが不自然な説明台詞を、自然にすることができるという点だろう。本来、それはその世界の人間にとっては常識だから説明する必要もないはずのことをくどくどと説明すると世界観を壊してしまうことにもなりかねないが、田辺への説明という形をとれば、何も知らない新入社員に対する説明という形になる。

 さらにたくさんの登場人物が出てきても挨拶を交わして交流をしていくことで、少しずつ近づいていく雰囲気がこちらにも伝わってくる。その中で一癖も二癖もありそうな面々の紹介と、これから少しずつ知り合っていくんだよという一話のつかみにも繋がるのだ。

 

 プラネテスのうまさを細かく説明すると、それだけで終わってしまうのでアクティヴレイドの話に移る。

 

 本作もスタートの段階ではプラネテスと同じく新人の女の子が登場するところから話は始まる。そして主人公らしき人物(この時点では主人公とはわからない)と少しだけ会話をした後に、初めての出勤を迎えることになる。この時のメガネを通した動画を見るなどといった近未来的な演出は中々いいと思うが、この時点におけるヒロインが中途半端に有能すぎるのだ。だからペラペラと設定をずっと言っているのだが、それが説明になっておらず、単なる設定の羅列になってしまっている。

(最近こういった作品が増えているように思えるのだが、設定をただ羅列するだけでは説明ではない。説明する気がないのならば、むしろ何も言わずに演出だけで魅せてもいいと思う)

 そしてヒロインはほどほどに有能なので今の状況がどういう事なのか、把握してしまっている。だから説明する事もなく専門用語が次々と羅列されてしまい、理解する前にまた次の単語が出てくる上に、地名やら犯人の意図やら官省庁の思惑とか次々と話が展開してしまうために余計に混乱してしまう。これでは視聴者=新人という図式は成り立たず、説明にならない。

 ただ、そんな細かいことはいいだよ、とばかりにCGを多用した後半は勢いよく戦闘する絵で魅せてくれているので、ただなんとなくボーッと見ていても楽しくなってくる。本来戦闘アニメーションなのだから、これでいいのかもしれない。

 そしてそのあとはきっちりと気持ちよく敵を倒すシーンを出して、落ちとなるネタを入れた後、飲み会を入れて一話を締めた。これはプラネテスの一話においてもハチマキがカッコよく締めたにも関わらず、実は手当目的だとわかり田辺に怒られるというオチを用意したのと同じだ。

 このように全体的な構成はプラネテスと同じながらも、細かな部分が違うからこそ新しい感覚を呼び起こすと共に、過去作以上にうまくいっていると思えないところが惜しい。

 だが、この記事を書くために二度目に見返してみると、内容がすんなりと頭に入ることができた。これは設定や状況が1回目よりも頭に入っていたためで、おそらく制作陣も頭の中にストーリーができている状況下で一話を作ったから、少しゴチャゴチャするような作品になってしまったのかな……。

 だが厳しいことを言ったようだが、現代の連続テレビアニメシリーズの一話としてはまあまあな出来に思う。

 

 本作において個人的に評価できるポイントは「正義はないよ、お仕事だもん」という警察官ものにありがちな熱血正義漢がその熱い思いで全て解決にしようとしていないところ、そして様々な現実的な問題があるために、好き放題に暴れておしまいにならない所である。

 この部分において、新しいものを作ろうという気概を感じることができた。

 

 ここからどのような展開になるか、オリジナル作品のため誰にもわからないが、刺激的な展開を用意してくれる谷口監督だけに期待したい。

(でも谷口監督の名作は2クール以上が多いんだよなぁ……)

 

monogatarukame.hatenablog.com