物語る亀

物語る亀

物語愛好者の雑文

漫画『ちはやふる』38巻感想&考察 〜ちはやふるはなぜ面白いのか?〜

 

 

 

ちはやふるの実写映画も名作の評価を下す人も多く、大成功しているね!

 

 

大ヒットの1つの基準である15億円を超えて、過去シリーズ最高収益だから、ファンとしてもホッとしています……

 

 

 

カエルくん(以下カエル)

「あれだけの内容だからね。

 『ちはやふる-結び-』は2010年代を代表する傑作映画シリーズであり、青春映画の金字塔であり、そして漫画原作映画の完成系の1つとして語り継がれる作品です!

 もう劇場は終わっているけれど……是非鑑賞しに向かってください!」

 

 

「今回は最新刊である38巻の感想と、ちはやふるが面白い理由の考察をしていきます」

 

カエル「物語としては王道ではあるものの、題材はニッチなものだけれど……競技かるたが漫画になるって連載前は誰も思っていなかったろうし、これだけ人気になったのはどんな理由があるのだろう?

 ということを考えてみようか」

主「もちろん、末次由紀の画力や漫画力のうまさもあるけれど、それだけじゃないだろうからね。様々な角度から考えてみましょうか。

 なお、この記事を書いている時の最新刊である38巻の感想は後半になります。

 では、記事のスタート!」

 

  •  1 少女漫画内少年漫画
    • 少年漫画と少女漫画の違い
  • 2 かるたという『漫画向き』な題材
    • 第一 ルールが簡単。
    • 第二 高い知名度
    • 第三 明確で納得感の高い目標
    • 第四 明確な実力のランク付け
  • 3 無双しない千早
    • 敗北の深み
    • 好きなものを続けられなくなる、という絶望感
  • 4 38巻の感想(ネタバレあり)
    • 名人戦の行方は?
    • 一方、クイーン戦では……
    • まとめ
  •  広がり続けるちはやふるワールド

 

 

続きを読む

少女終末旅行(全6巻)漫画版、アニメ版感想 本作が描いた偉大なる人生と引き立てる演出たち

カエルくん(以下カエル)

「今回は最終巻も発売された『少女終末旅行』の感想記事になります!」

 

「ここ最近、好きな作品が次々終了していくんだよねぇ。

 記事にはしやすい分、ちょっと寂しい部分もあるかなぁ」

 

 

カエル「特にアニメ化されたばかりということもあり、このタイミングで終わるのはちょっと意外でもあったけれど……でも物語としてはこれ以上ないタイミングだから、仕方ないのかな」

主「2期とかがあっても残り話数からすると難しそうだよねぇ。

 ちなみに今回はアニメ版についても語っていこうと思っています」

カエル「シンプルな絵柄の中で見所のある面白い漫画だと思います!

 では、感想記事のスタート!」

 

  • 1 アニメ版の感想
    • 根源的なアニメーションの魅力とは?
    • EDと雨だれの歌
  • 2 漫画版の感想
    • 死に向かう物語
    • 漫画としての単行本構成のうまさ
    • 人生を描ききる
    • 最後に

 

続きを読む

漫画『血界戦線 Back 2 Back』4巻感想と、原作ファンのアニメ版に寄せる思い

カエルくん(以下カエル)

「今回はいよいよ最新刊が発売した血界戦線の話だよ!」

 

ブログ主(以下主)

「……おう」

 

カエル「主は血界戦線が大好きというよりも、内藤泰弘作品が大好きだもんね! 『トライガン』もそうだし、キャラクターデザインを務めた『ガングレイヴ』も大好きだし!」

主「……まあな」

カエル「……何でそんなにテンションが低いのさ? 楽しみにしていた内藤作品の最新刊でしょ? もっと喜ばなくちゃ」

主「いや、とうとうこの時が訪れたんだなぁって思ってさ」

カエル「この時?」

主「血界戦線のアニメがいかに原作ファンの神経を逆なでしたか、語る時が……

カエル「……2期を楽しみにしている人も多いわけだしさ、あくまでも個人の感想ということで、よろしくね?

 ちなみにこの記事は2巻の感想の記事に3巻の感想を付け加えて手直しした記事となっているので、2巻の感想もセットになっております」

 

 

 

  •  1 原作ファンから見たアニメの評価
    • 2期の血界戦線BEYONDについて
    • ホワイトについて
  • 2 血界戦線B2Bの感想
    • 2巻の主役はスティーブンとチェイン
    • 3巻の感想
    • 4巻の感想
    • 最後に

 

 

blog.monogatarukame.net

 

続きを読む

木根さんの1人でキネマ(既刊4巻)感想 映画あるあるに満ちた映画ファン必見の作品!

カエルくん(以下カエル)

「久々の漫画レビューだよね」

 

ブログ主(以下主)

「特に本作は映画について語ったレビュー漫画だから、色々とこのブログと親和性はそこそこ高い作品になっているな」

 

カエル「……絵が描けたらまた色々と変わってくるんだろうね」

主「Twitterとかでも映画の感想を漫画にしていると目を引くからなぁ。まあ、絵が描けたらブログも色々と書き方が変わるんだろうけれど」

カエル「文字だから色々とかけるというのはあるよね。

 絵だと4コマ漫画みたいなのでも時間がかかっちゃうし、情報量も詰め込めずらいし。でも絵の方がすぐに読めて好きだって人も多いだろうね」

 

主「……誰かこの絵を描いてくれないかなぁ」

カエル「自分で描いてみたら? できないことをできるようになるのが成長なわけだし、できないって言っているだけじゃ何も変わらないし」

主「人に見せられるものになるのに何年かかるんだろうね……」

カエル「それでは、今回の漫画はこちら!」

 

木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

 

 

主「映画ファンのあるある話をまとめた漫画だよね。よし、じゃあ個人的あるある話を絡めながら、紹介していこう。

 なお、この記事は2巻の発売時に書いたものを加筆修正しておりますので、2巻の感想だけ厚いですが気にせずにいてください。

 どの巻も面白いです!

 

  •  登場人物紹介
  •  全体の感想
  • 2巻の感想とあるある話
    • ジブリ映画に思うこと
    • 吹き替え問題
    • 『オススメの映画』問題
    • マッドマックス 怒りのデス・ロード
  • 3巻の感想
  • 4巻の感想
  • 最後に

 

続きを読む

『3月のライオン』13巻感想 羽海野チカが描く映画版の先の世界

カエルくん(以下カエル)

「もうすぐアニメの2期も放送間近、今年かなりの注目を集める漫画の代表である3月のライオンの最新刊の感想を書いていきます」

 

ブログ主(以下主)

いきなりだけれど、羽海野チカって『魂』の作家だと思うんだよね

 

カエル「……え? いきなり本題?」

主「よくさ、『心を込めて』とか『登場人物の気持ちになって』とかいうじゃない? 確かに表現者の基本であり、核心の部分ではある。だけれど、簡単にできることじゃないんだよ。

 自分もブログを書いているけれど、じゃあ心の籠った本気の記事ってなん記事ありますか? と問われたら……多分1割もない。『シンゴジラ』や『聲の形』などの、本当に年間トップクラスに絶賛した映画作品の記事ぐらいだと思う。もちろん、自分はアマチュアでプロでないからかもしれないけれど、少なくとも自分が見た限りではプロでもそれは難しい。

 簡単にできないからこそ技術論があって、色々と……漫画で言ったらコマ割りとか視線誘導などの技術を駆使して作品を作り上げる」

カエル「もちろん、羽海野チカもその技術もしっかりした漫画家なのは当然のことだけどね」

 

主「だけど、羽海野チカの作品って『魂』が見えるのよ。それについては詳しくこれから述べていくけれど……また、わかりづらい例えをするけれどさ、野球に例えると岸とか和田毅のような綺麗なスピンのかかったようなストレートを放るのね。

 160キロに迫る豪速球ではないかもしれないけれど、惚れ惚れするようなストレートでバッターから三振を奪っていく……そんな作家

カエル「……どれだけの人にその例えが伝わっているの?」

主「ストレートは投球の基本と言われているけれど、速いだけが能ではない。綺麗なパックスピンやコントロール、投げ方を工夫すれば遅い球でも打ち取れる。もちろん、変化球などとの組み合わせも重要だけれど。

 で、それは物語作家も同じなんだよね。基本は『魂』ともいうべき、メッセージ性などが籠ったストレートで、羽海野チカはそれがすごく綺麗

 

カエル「……読み終わった衝撃でちょっと浮かれているのかぁ……わかりづらい話でスタートしたけれど、一応、これでも真面目な感想記事のつもりですのでご容赦ください」

 

  • 1 映画と漫画
    • 羽海野チカが示した結末の先へ
    • 林田と島田
  • 2 二海堂と滑川
    • 二海堂の挑戦
    • 本作のラストから見えてくる映画の影響
    • 最後に

 

続きを読む

パンプキン・シザーズ 21巻 感想 本作が示した正義の意味……理想は叶わぬ夢なのか?

カエルくん(以下カエル)

「約1年ぶりにパンプキンシザーズの新刊が発売されたね!

 月マガを毎月購読しているけれど、減ページでもすごく楽しみにしている作品の1つで!

 

ブログ主(以下主)

「もっと描いて欲しいという思いは当然あるけれど、この内容だと難しいこともあるんだろうな」

 

カエル「今回は21巻の感想ということだけれど、テロ編もいよいよ終盤に入ってきたね」

主「いろいろな物語がある中で、楽しみにしている漫画はすごくたくさんあるよ。もちろん、注目している映画監督もいればアニメ作家もいる中でこういうことを言うのもなんだけれど……今最も注目しなければいけない、現代社会における重要なテーマを真正面から扱っている創作の1つだろう。

 その理由は後から述べることにするよ」

カエル「へえ……ちなみに、漫画記事の書き方を色々と考えるという話だったけれど、この記事は21巻の感想なんだね」

 

主「この書き方をするとさ、早いと約3ヶ月くらいで記事を更新しないといけないんだよね。

 21巻が発売しているのに、20巻の感想を読もうという人は限られてくるから、どうしても記事が死んでしまう。それを防ごうという思いもあったんだけれど……今回はやめた。

 パンプキンシザーズにはその価値が間違いなくあるよ」

カエル「ふむふむ、その辺りも含めて興味深い記事になりそうだね。

 それでは、パンプキンシザーズの最新刊の感想にいってみよう!」

 

  • 21巻のあらすじ
  • 1 感想
    • 21巻の動きとして
  • 2 世界中の物語が示す『正義』
    • パンプキンシザーズが示した正義
    • 正義ってなんだろう?

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 

続きを読む

『ボールルームにようこそ(既刊9巻)』感想 王道のダンス物語が開幕!

カエルくん(以下カエル)

「……夏のテレビアニメの記事1つも書いてないよね?」

 

ブログ主(以下主)

「そうねぇ……見てないわけではないんだけれどね」

 

カエル「夏アニメではどれが人気なのかイマイチわかりづらいね。これが覇権だ! という作品もそんなにない印象かなぁ。

 Fateや刀剣乱舞などはコンテンツとしての人気もあるけれど、じゃあ予想以上に大ヒットしているかというと、多分……していないのかなぁ?」

主「良作がないというわけではないけれどね。

 その中でも夏アニメでは注目している作品があって、その1つが本作『ボールルームにようこそ』でさ」

カエル「月マガを買って毎月楽しみにしているもんね。

 作者の体調不良が多くて、休載も多い作品だけれど、アニメ化するほどの面白さがはっきりとある作品だよね」

主「今月も急な体調不良ということで掲載ページも少なかったしなぁ。

 月マガでいえば川原正敏の凄さがよくわかるよ。何年にも及ぶ連載が終わった後に、数ヶ月だけ置いて次もまた連載開始、そしてそれもキッチリと面白いものを作り上げてきているし……」

 

カエル「秋本治などもそうだけれど、休まないとか、スランプがないというのが1番の才能なのかもしれないね」

主「話はズレちゃったけれど、今回は原作漫画の紹介とアニメ版に対するざっくりとした感想を書いていくとしようか」

 

  • 登場人物紹介
  • 感想
    • ダンス競技を漫画にするということ
    • アニメについて
    • 最後に

 

 

 

続きを読む