物語る亀

ネタバレありの物語批評

洋画

映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』感想 今年トップクラスの洋画! 二人の愛と戦いに心打たれる!

カエルくん(以下カエル) 「今回は『ハンズ・オブ・ラブ』の感想かぁ……同性愛とはいえ恋愛ものだし、しかも感動の実話系で病気ものでしょ……主が一番嫌うタイプの映画じゃん……なんでそういう映画を好んで観に行くのかなぁ」 ブログ主(以下主) 「う……うう………

映画『シークレット・オブ・モンスター』感想と考察 パズルが組み合わさった時見えてくるものとは?

亀爺(以下亀) 「それでは、今日も映画の感想記事を始めるかの」 ブログ主(以下主) 「……なんか、最近さ、見たい映画がどんどん増えてくることに戸惑いすら覚えるんだよね」 亀「確かに、物語評論ブログであったはずなのに、いつの間にか映画感想ブログに…

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』感想と解説 シリーズ1作目としては文句のつけようがない! ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「このブログだとこういう海外のCGがすごい大作映画って、実は結構珍しいよね。邦画だとよく見るけれどさ」 ブログ主(以下主) 「普段アニメをたくさん見ているからかな? 実写までアニメみたいな世界観の作品じゃなくていいやっ…

映画『世界の果てまでヒャッハー』感想 お馬鹿たちの珍道中に抱腹絶倒! 笑いが止まらないコメディーが登場!

カエルくん(以下カエル) 「題名だけ見ると、どんな映画か全くわからないよね、この映画」 ブログ主(以下主) 「明らかにふざけているダメな邦題の典型みたいなタイトルだもんな。奇抜な名前で目立ってなんぼ、みたいな精神が見えてくるというか」 カエル…

映画『手紙は憶えている』感想 アウシュビッツの苦悩は、果たしてユダヤ人だけのものか? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回はナチスドイツの戦争犯罪を扱った映画じゃの。このブログでは比較的に登場する回数が多いナチスものじゃが、あまりハズレがない印象があるの」 ブログ主(以下主) 「……もうさ、こういうブログで映画や物語評論やっていると、痛感する…

映画『インフェルノ』感想と批評 ミステリーとサスペンスの両立って難しいよなぁ…… 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「今週もたくさん映画が公開されて忙しい! まずはインフェルノに、デスノートに、湯がたぎるほどに……」 ブログ主(以下主) 「フ〜フフ〜フ〜フ〜フ〜ン♪」 カエル「……主、下手な鼻歌……なんの歌?」 主「え? 『inferno』の歌」 …

映画『奇蹟がくれた数式』感想 数学を通したインド人とイギリス人に芽生えた友情! (後半ネタバレあり)

カエルくん(以下カエル) 「今週は大規模映画を避けているような気がするね」 亀爺(以下亀) 「『金メダル男』などもあるが、どうにも気が進まんでの。来週以降、見たい映画がたくさんあるから、今週はいつもより少なめになるかもしれんな」 カエル「……世…

映画『われらが背きし者』感想 脚本、キャラクター、動機付け……色々な意味で『うまい映画』 ※後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「……あれ? 今週公開だと一番大きいのって、やっぱり『スタートレック』じゃないの? 公開初日なのに、そっちは見に行かなかったんだね」 亀爺(以下亀) 「50周年ということで盛り上がっておるらしいが、元々 CGを多用した実写洋…

映画『レヴェナント:蘇りし者』感想と考察、解説 『Revenant』が指し示す意味とは? ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「ようやく話題になった映画『レヴェナント』を見たのじゃな」 ブログ主(以下主) 「いやぁ……やっぱり150分超えの映画はキツイね! 自宅で見るからボケ〜っとしていられるけれど、これが劇場だったら……多分寝たね」 亀「ディカプリオがアカ…

映画『傲慢と偏見とゾンビ』感想 名作とゾンビの組み合わせは斬新! ※ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回は名作文学とゾンビが組み合わさった、異色の作品である『高慢と偏見とゾンビ』であるが……主はホラー映画は苦手ではなかったかの」 ブログ主(以下主) 「ホラーは苦手だよ。できれば……というか、頼まれても見に行きたくはない」 亀「…

映画『世界一キライなあなたに』感想 2人の愛の軌跡にきっと……涙する?

カエルくん(以下カエル) 「……う、グスッ……うぅ……」 亀爺(以下亀) 「おや、カエル、何を泣いておるのじゃ?」 カエル「『世界一キライなあなたに』があまりにも切なすぎて……あんなラストは悲しいよ!」 亀「……案外恋愛物にはまりやすいカエルなんじゃな」…

映画『ある天文学者の恋文』感想 天文学者でなければできない恋愛劇 

カエルくん(以下カエル) 「なんだか、こういう小規模公開の映画を語るのは久しぶりな気がするね! 今月はシルバーウィークもあって公開館数が100館超えの映画が多かった印象だなぁ」 亀爺(以下亀) 「別にこのブログは小規模公開の映画は見に行かんという…

映画『ハドソン川の奇跡』感想 機長の決断は果たして正しかったのか?

亀爺(以下亀) 「今週はクリント・イーストウッドの新作が公開されたの。映画界最後の巨匠と呼ばれるイーストウッドの新作ということもあり、中々注目度は高いようじゃ」 ブログ主(以下主) 「イーストウッドの新作ってだけで、映画ファンがこぞって映画館…

映画『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』感想 ディズニーらしい大作映画

カエルくん(以下カエル) 「今週も大作映画が続いて大変だね」 亀爺(以下亀) 「シルバーウィークとはいうが、3連休があって、平日が2日あってまた休日というだけじゃ。夏休み明けということもあって、それほど有り難みもないような気がするがの」 カエル…

映画『スーサイド・スクワッド』感想 ハーレクインが超かわいい!!

カエルくん(以下カエル) 「このブログって毎週映画感想記事をあげているけれど、意外なことにこういうCGがすごい実写系娯楽映画って実はこれが初めてだったりするんだよね」 亀爺(以下亀) 「それはそうじゃろうな。普段からアニメで爆発やらCGをたくさん…

映画『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』感想と評論 なんか騙されている気がする?

亀爺(以下亀) 「さて、今回は現在公開中のアウシュビッツと歴史教育を描いた映画『奇跡の教室』を扱うが……」 ブログ主(以下主) 「まずはじめに言っておくけれど、今回は酷評します。 だからこの映画が大好きとか、どんなレビューがあるんだろう? って人…

映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』感想 アカデミー候補作が日本上陸!

カエルくん(以下カエル) 「今週もアニメ映画が続くね! しばらくはアニメ映画を語る回が増えそうだなぁ」 亀爺(以下亀) 「来週以降は日本のアニメが続くが、今回取り上げる『ソング・オブ・ザ・シー』は海外のアニメ作品じゃの」 カエル「海外アニメとい…

映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』感想 ※途中からネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「今週公開の映画、トランボを選択したんだね。このブログでも何度か表現規制に関しては話をしていることも関係あるのかな」 亀爺(以下亀) 「話をしておるのは主に『ヘイズ・コード』の方で赤狩りではないが……どちらも50年代のハ…

映画『シング・ストリート 未来へのうた』感想 『初期衝動』のスッキリ青春ロック映画! 

亀爺(以下亀) 「このブログもこの記事で200記事目か。ちょうど半年と、いい節目になったの」 カエルくん(以下カエル) 「これも皆様の日頃のご愛好の賜物です。一見さんも常連さんも、ありがとうございます」 亀「記念すべき200記事目だから少し変わった…

映画『フラワーショウ!』感想 メッセージ性の強い映画

ブログ主(以下主) 「今日の話題は映画『フラワーショウ!』か。ぶっちゃけ、この手の映画ってどれだけの人が鑑賞するんだろな」 カエル君(以下カエル) 「絶対メジャーな映画ではないからね。検索数を気にするならアリスのほうがよっぽどいいと思うけど」…

映画『帰ってきたヒトラー』感想 毒の強いコメディー映画! ※途中からネタバレあり

ここ最近に限った話ではないものの、ナチスドイツを扱った映画がまた多くなってきているように思っている。おそらくこれは世界情勢の不安定化と、『我が闘争』がドイツ国内で著作権が切れた関係により、出版されたことでまた注目を集めているのだろう。 数あ…

映画『二ツ星の料理人』感想 この半年では一番『好きな』映画だった

休日になるとYahoo映画を開き、「さて何を見ようかな」と今週公開の映画をチェックする。今週公開だと『マネーモンスター』は注目度が高くて面白そうだから、まず決定。『64』の後編は前編と併せて4時間だから考えてしまうし、ウッティ・アレンの最新作『教…

映画『マネーモンスター』感想 ドキドキの『生放送』犯罪劇! ネタバレあり

映画『マネーモンスター』を鑑賞してきたのでその感想を。 ここ最近はリーマン・ショックなどもあったことで『マネー・ショート 華麗なる大逆転』などの金融の闇を描いた作品が次々と公開されているが、今作もその一つ。 ただ、他の作品と違って直接金融市場…

映画『お熱いのがお好き』感想と評論 ワイルダーのヘイズ・コードとの戦い

私のような映画を観る際は脚本に注目する人間からすると、40年代から60年代付近にかけてのハリウッド映画というものは大好物で、その中でも特にビリーワイルダーは脚本で映画を語るのであれば必ず通らねばならない監督だろう。 今回はその中でも代表作『お熱…

映画『サウスポー』感想 波乱万丈な熱いボクシング!!

映画『サウスポー』を鑑賞したのでその感想を上げていく。 ここ最近、日本においてもボクシング人気が再燃しているようだが、相撲、プロレス、ボクシングは格闘技の中でも古くから楽しまれているためファンも特別多い印象がある。 一時期は総合やK-1に客を取…

チャップリン『街の灯』の本当の主題は何か?〜作品考察と評論〜

久々にチャップリンの『街の灯』を鑑賞したので、その感想と考察をしていきたい。 チャップリンは私の少ない映画鑑賞歴でも特に好きな映画監督の1人であり、数あるチャップリン映画の中でも街の灯はやはり代表作だけあって非常に上手く作られている。 映画監…

映画『孤独のススメ』感想と考察 ※ネタバレあり ミニシアター系掘り出し作品

孤独のススメを見てきたのでその感想などを。 ちなみに本作を某漫画原作ドラマと同じような作品だと思い、おじさんが一人旅をしながら様々な人との交流を独り言交じりに描く映画だと思ったら大間違いなのでお気をつけて。(そんな人間は私だけ?) だって、…

映画『スポットライト 世紀のスクープ』感想(レビュー) 神との戦い

アカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』を鑑賞したのでその感想などを。 とりあえず、いつもの一言感想を 日本人にはわかりにくい感覚だよなぁ…… 1 マスコミと教会 2 主人公不在の作品 3 地味な作品 4 日本人向けではない…

映画『ルーム(ROOM)』感想 あなたも『部屋』を飛び出そう ※ネタバレあり(レビュー)

フリー・ラーソンがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品であるルームを鑑賞したのでその感想を。 今話題の誘拐のお話なので、少しだけ言葉を選ばないといけないかなぁ…… 以下ネタバレあり まずは一言感想 世界はかくも広いものか

映画『マジカル・ガール』 感想 オタク的見地から考察してみる

今週はバットマン VSスーパーマンや岩井俊二の最新作などもあったのだが、いかんせん上映時間が非常に長かったために敢え無く断念。岩井俊二の作品なんて180分だよ!? 私が鑑賞した映画館での最長上映時間が大脱走の160分くらいで、あれほどの大名作でアク…

映画『リリーのすべて』感想 私はトム・ハーバーとは相性が悪いかも……

リリーのすべてを見たのでその感想を上げていく。 しかし最近はキャロルといい、見てはいないが人生は小説よりも奇なりといい、性同一性障害や同性愛などがネタの映画が非常に多い気がしている。これも時代の流れなのか、世界的なブームを迎えたネタなのだろ…

映画『マネーショート』感想 事前勉強必須、わかったら面白い(かも)

本日3月4日に公開になった、マネーショートを鑑賞してきたのでその感想を上げていく。 本作は特に事前知識もなく、金融関係もサブプライムローン問題も詳しく無い人間が見た感想になるので悪しからず。 では一言感想。 理解できないような理解できたような………

映画『キャロル(CAROL)』感想 すごく『男性的』な映画だった

ヘイトフル・エイトを見ようかなと思いつつ映画館に行ったら、まさかの2時間を大幅に超えていたので敢え無く断念。さすがに160分も映画館でじっとしてるなんて大変で、大脱走、映画ハルヒでもうコリゴリだわ…… そんなわけでちょうど時間が合ったキャロルを見…