物語る亀

ネタバレありの物語批評

洋画

映画『ハクソー・リッジ』感想 沖縄を舞台とした激戦に銃を持たない兵士がいた……

亀爺(以下亀) 「何だか久々の重厚な戦争映画な気がするの……もしかしたら、このブログでは第二次世界大戦の戦争描写の激しい実写映画を扱うのは初めてかもしれんな」 ブログ主(以下主) 「あ〜〜……確かに。好きか嫌いかで言ったらむしろ大好きで、公開して…

映画『セールスマン』感想 2017年のアカデミー外国語映画賞受賞作が登場!

カエルくん(以下カエル) 「今回はアカデミー外国語映画賞を受賞した作品についての感想記事だね」 亀爺(以下亀) 「これで2017年にノミネートされた作品は3作目の鑑賞じゃの」 カエル「……あれ? 今日は主はどうしたの?」 亀「ここ最近少し体調を崩してお…

映画『怪物はささやく』感想 演技、CG、アニメの融合が素晴らしいダークファンタジー!

カエルくん(以下カエル) 「今回はイギリスのダークファンタジーを映画化したというお話だけど、日本ではさいきん少なくなってしまった印象があるなぁ。こういう子供向けの実写映画というかさ」 亀爺(以下亀) 「本作品が子供向けかというと少し疑問もある…

映画『LOGAN ローガン』シリーズ初見の感想 ヒーローが最後に見せた男の背中 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「えー、ではこのブログが1番苦手としている大作ヒーロー映画のお話ですが……」 ブログ主(以下主) 「いやいやいや、そんなことはないよ?」 カエル「珍しく今作はノリノリで鼻歌混じりで見に行ったんだよね……マーベルヒーローはま…

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』感想 エンツォ、君こそが鋼鉄ジーグだ!

カエルくん(以下カエル) 「ここでまさかの鋼鉄ジーグが海外で映画のモチーフになるとは……1年前に言われても『そんな馬鹿な話があるか!』っていうレベルじゃない?」 亀爺(以下亀) 「1年前にはすでにイタリアで完成して上映もされておるが、にわかには信…

映画『メッセージ』感想と解説、批評 ヴィルヌーヴらしさに溢れた『言語のSF』登場! 

カエルくん(以下カエル) 「えー、今回は語ることが多いので、記事前のコントはほとんど省略します」 ブログ主(以下主) 「ヴィルヌーヴの新作だからね! 仕方ないよね!」 カエル「ちなみに原作未読、ヴィルヌーヴ作品は『静かなる叫び』以降は全て見てい…

映画『複製された男』感想と解説 恐ろしくも哀しいクモの意味

カエルくん(以下カエル) 「いよいよ楽しみにしている『メッセージ』の公開だね!」 ブログ主(以下主) 「それに向けて少しばかりヴィルヌーヴの記事について厚くしようと思っていたんだけど……」 カエル「今週は『灼熱の魂』『複製された男』『ブリズナー…

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』感想など この邦題、いいじゃない!

カエルくん(以下カエル) 「えー、今回はこのブログが比較的苦手にしているタイプの映画である、マーベル系映画ですが……」 ブログ主(以下主) 「いやー、今回悩んだね。今月1番大きな映画であることは間違いないけれど、記事にするべきかどうか……」 カエル…

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想と解説、批評 静かに染み入る余韻の多い作品

ブログ主(以下主) 「なんだか、久々に新作映画レビューを書く気がする……」 亀爺(以下亀) 「先週は結局新作映画をみにいかなかったからの」 主「この時期って色々と忙しいからね。歓送迎会だ、呑み会だ、映画会だって年度始めを迎えた上に連休前後だから…

映画『美女と野獣(2017年 吹替え版)』感想 吹き替え俳優陣の演技力が抜群の映画!

カエルくん(以下カエル) 「今月1番の注目作! ディズニーの最新作実写映画がここにきて登場だね!」 亀爺(以下亀) 「名作と名高い『美女と野獣』の実写化だからの、これは今月トップクラスの動員は約束されたようなものではないかの?」 カエル「亀爺は…

映画『はじまりへの旅』感想 子供の成長に必要なものってなんだろう? 

カエルくん(以下カエル) 「さて! 久々の小規模公開映画の話だよ!」 ブログ主(以下主) 「春休みからGWにかけて大規模公開映画に注目作品が集まったこともあって、あんまり小規模公開映画に手が回らなかったけれど…… 小規模公開映画って結構大当たりか大…

映画『LION 25年目のただいま』感想 インドの現状とルーツを探す旅 #ライオン

カエルくん(以下カエル) 「ここからしばらくはアカデミー賞でも注目された作品が続々と登場するね!」 亀爺(以下亀) 「楽しみな作品がたくさんあるの」 カエル「本来は『ムーンライト』も4月末公開だったし、さらに『マンチェスター・バイ・ザ・シー』と…

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(2017ハリウッド版)』感想と考察 本作にゴーストは宿ったのか?

カエルくん(以下カエル) 「攻殻機動隊のハリウッド版が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「……実はさ、このハリウッド版に関しては表に出ていない重要な情報を握っているんだよね」 カエル「え!? いきなり!?」 主「ちょっと前に押井さんのトークシ…

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』感想 バットマンファンは必見! それ以外の人も楽しめる!

カエルくん(以下カエル) 「今回もまたアニメ映画のお話だけど……ちょっといつもとは違う作品だよね」 亀爺(以下亀) 「わしらでやっていくのじゃな。 アニメ映画は主も語りたいことがたくさんあるじゃろうに……」 カエル「ちなみに最初に明かしますが、今作…

映画『キングコング 髑髏島の巨神』考察と批評、ちょっと感想 僕たちが怪獣映画を見る理由 ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「それでは、ここからはキングコングの考察の記事と行こうかの」 ブログ主(以下主) 「今回も語ることがたくさんあるから、長い記事になりそうだねぇ……」 亀「最近、この手の記事が長文化の一途を辿っておるの」 主「一応短くまとめようとい…

映画『キングコング 髑髏島の巨神』感想と解説 こんな怪獣映画をずっと待っていた! ネタバレなし

カエルくん(以下カエル) 「えー、今回も初めに言っておきます。 ツイッターであげたこの映画の短評がこのようになっております。 #キングコング 短評最ッッッッッッッッ高!シンゴジラクラスの大傑作!とりあえず劇場へいけ! そして最後まで立ち上がるな…

映画『パッセンジャー』感想と考察 極限の状況下であなたならどう行動する? 

カエルくん(以下カエル) 「この週も大きな映画が目白押しなんだよねぇ。特に3月はアニメ、邦画を中心に注目作品が多かったけれど、ここに来てハリウッド映画も大物が次々と公開しているね」 亀爺(以下亀) 「春休みということもあって子供や学生向けのア…

映画『モアナと伝説の海』感想 圧倒的な技術から見えてくるもの

亀爺(以下亀) 「いよいよディズニーの新作アニメの感想を語ることになるじゃな」 ブログ主(以下主) 「最近、モアナよりも書きたい記事が続いてしまったからな。今週は意外といい映画がすごく多かったよ」 亀「TTAF(東京国際アニメフェスティバル)など…

映画『静かなる叫び』感想 限られた情報の中に宿る、ほんのわずかでかけがえのない物語

亀爺(以下亀) 「まさか、ここで全国でも数館しか公開していない上に期間限定上映の映画を語るとはの」 ブログ主(以下主) 「いや、わかるよ……一応映画ブロガーだし、しかもアニメ記事を中心にやっているんだからモアナは早く語らないといけないよ。それに…

映画『アサシンクリード』感想 これじゃ初見は辛いよね……

カエルくん(以下カエル) 「えーまずは、皆様に謝罪と訂正をしないといけないことがあります」 亀爺(以下亀) 「以下の記事にて本作品を著しく貶めるような間違いがあったことが発覚したの」 blog.monogatarukame.net カエル「この記事の中で当初、この映…

映画『ムーンライト』ネタバレなしの感想 祝! アカデミー作品賞受賞!

カエルくん(以下カエル) 「今回はこの記事を書いている日がアカデミー賞の発表日ということもあって、アカデミー賞作品など8部門にノミネートされている『ムーンライト』のネタバレなしの感想記事を書いていくんだね」 ブログ主(以下主) 「最速試写会に…

ネタバレあり! 映画『ラ・ラ・ランド』批評と考察、感想も少し なぜこの映画は『ジャズ』なの?

カエルくん(以下カエル) 「それじゃ……ラ・ラ・ランドの批評記事だけど……あれ? 主は?」 亀爺(以下亀) 「今回は姿を見せんようじゃな。メモ書きだけ残して、あとはわしらに任せるらしい」 カエル「デジモンやヤマトの公開週でもあるしねぇ……そっちに行っ…

ネタバレなし!映画『ラ・ラ・ランド』感想と解説、評価 アカデミー賞総なめの理由とは?

カエルくん(以下カエル) 「今週はいよいよ大注目映画! ララランドの公開だよ! 2016年のハリウッドの話題を独占し、日本でも大注目を浴びる映画がついに公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ああ、そうだね」 カエル「……何? また天邪鬼発動?」 主「…

映画『たかが世界の終わり』感想と批評 この映画が描き出した『日常』の姿……

亀爺(以下亀) 「それでは、今回は天才とも称されるグザヴィエ・ドランの新作の感想記事になるが……」 ブログ主(以下主) 「自分、ドランって初めて名前聞いたんだよね」 亀「主はこういうブログをやっているとは思えないほど映画について無知だし、監督や…

映画『セッション』感想 人を育てるって難しい…… 

亀爺(以下亀) 「では、今回はアカデミー賞最有力候補……というよりも、すでに受賞が確定しているような雰囲気すら漂う『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督の前作である『セッション』のレビューじゃな」 ブログ主(以下主) 「ラ・ラ・ランドを見る…

映画『僕と世界の方程式』感想と批評 この世界は数学に溢れている! 作り込まれた名作!

亀爺(以下亀) 「……まさか、ここまで思うところがあるとは」 ブログ主(以下主) 「ああ、このTweetのこと?」 僕と世界の方程式鑑賞。素晴らしい作品! このレベルの脚本の完成度と巧みな演出の映画はそうないよ!しかも自閉症を題材にしたドラマなんだけ…

映画『マグニフィセント・セブン 』感想 原案2作にリスペクトもあって楽しめる娯楽映画!

亀爺(以下亀) 「今週は300館クラスの大作が続くのぉ……」 ブログ主(以下主) 「お正月シーズンも終わって、映画界もエンジンがかかってきたってところかね」 亀「金曜日公開じゃからな、まだ見ている人はそこまで多くないとはいえ、結構重なって大変じゃっ…

映画『ドクター・ストレンジ』感想(若干否定気味) この映画って、あの名作SFオペラみたいだなぁ 

カエルくん(以下カエル) 「今回はこのブログでは珍しく、ヒーロー映画を取り扱うよ! 『スーサイド・スクワッド』は取り扱ったことがあるけれど、真っ当なマーベルヒーロー映画は初めて記事にするね!」 ブログ主(以下主) 「当初は見に行かない予定だっ…

映画『真夜中のパリでヒャッハー!』感想 このシリーズにハズレなし!(まだ2作だけど!)

カエルくん(以下カエル) 「……せ〜の! ヒャッハー!!」 亀爺(以下亀) 「……急にどうしたんじゃ?」 カエル「だって、ヒャッハーシリーズが帰ってきたんだよ! あの、2016年観客を爆笑の渦に叩き込んだコメディーシリーズのヒャッハーシリーズが!」 亀「…

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』感想 何でこれが小規模公開なの!? エンタメとしても優れた1作!

亀爺(以下亀) 「この作品の公開は2016年じゃから、約1月してようやく見ることができた、ということになるかの」 ブログ主(以下主) 「念願叶っての鑑賞だよ」 亀「まあ、もっと前から見ようと思えば、いくらでも見に行く機会はあったはずじゃがな。毎週観…

映画『沈黙 -サイレンス-』感想と考察(スコセッシ監督、遠藤周作原作) 160分続く緊張感と、信仰の形 ※ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「さて、今週最も注目を集める映画でもある、スコセッシ監督の『沈黙』のレビューを始めるとするかの」 ブログ主(以下主) 「まずさ、一言いい? 長い!!!」 亀「160分あるからの。150分越えの映画というのは、最近ではあまりないかもしれ…

映画『ザ・コンサルタント』感想 テーマなども理解できるけれど、惜しい印象がある作品だなぁ…… ※ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「よーし! 久々の200館クラスの大規模映画の感想記事だから、こっちも張り切っちゃうね!」 亀爺(以下亀) 「やはりこれだけの規模で公開される映画というのは、注目度が高いからの」 カエル「1月はどうしてもお正月もあって大規…

映画『ワイルド わたしの中の獣』感想 狼が示す意味、そしてこの映画が炙り出した『愛』の本質について

カエルくん(以下カエル) 「さて、小規模公開映画を語る週もこの作品でラストだね」 亀爺(以下亀) 「他にも見たい映画はあるが、小規模じゃから見に行くだけでも大変じゃの」 カエル「それが小規模公開映画の欠点だよねぇ。まあ、わざわざ言うまでもなく…

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クローム エディション(白黒バージョン)』感想 

カエルくん(以下カエル) 「あれ? 確か以前の記事で『この映画は良さがあまり理解できないんだよなぁ』って言ってなかったっけ?」 ブログ主(以下主) 「誤解を招くようなことを言うな! 『面白いとは思うけれど、みんなが大絶賛するほどなのかな?』の間…

映画『ネオンデーモン』感想と考察 演出が語りかけてくる情報量が非常に多い! ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「さて、今回はモデル業界の闇と、女性の持つ美への羨望を描いた映画ネオン・デーモンの記事だけど……」 ブログ主(以下主) 「はい、今回は長いから前置きはなし、サクサクと行くよ」 カエル「え? そんなに語ることが多いの?」 …

映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』感想 監督の熱意が伝わって来る!

亀爺(以下亀) 「少し公開からは時間が経ったが、今週はジャズミュージシャンでも伝説的な人物、マイルス・ディビスを扱った映画を取り上げるとするかの」 ブログ主(以下主) 「……また少しだけ失敗した」 亀「失敗? 公開時期でも間違えたかの?」 主「い…

映画『アイヒマンを追え!  ナチスがもっとも畏れた男』感想 似たようなテーマの映画とも比較したよ

亀爺(以下亀) 「ナチスドイツものがまた公開されたの」 ブログ主(以下主) 「ヒトラーの『わが闘争』がドイツで解禁になったこともあることも大きく関係していて、注目を集めているのもあるらしいね」 亀「やはり、ドイツ国内ではそれだけ重く、大切なこ…

映画『検事 フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男』感想 誰もが抱える『罪』

カエルくん(以下カエル) 「今回はナチスドイツの重要人物である、アドルフ・アイヒマンを追い詰めた検事のフリッツ・バウアーに迫った映画の感想だね」 亀爺(以下亀) 「今週も『アイヒマンを追え!』なども公開されるように、ナチスドイツを扱った映画が…

映画『ヒトラーの忘れもの』感想と批評 英題に込められた思いとは? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「新年1発目にわしが出るというのは、なかなか縁起がいいものじゃが……それにしても、のぉ……」 ブログ主(以下主) 「なんだよ? 何か文句あるのかよ?」 亀「このブログが選出した2016年の映画ランキングでも11位にランクインするなど、高評…

映画『好きにならずにいられない』感想 フーシ! 君と面と向かって呑んでみたい! 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「はあ……今年1年も暮れていくねぇ……こうして家でゆっくりとしているのが1番だよ……あれ? 主、そんなに着込んでどこか行くの?」 ブログ主(以下主) 「これから北欧、アイスランドに行ってくる」 カエル「え? 旅行? そんな話、聞…

2016年の映画をおさらい! 各部門ごとのベストを選出するよ!

ざわざわ…… ざわざわ…… カエル『えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。 これより、物語る亀で賞、映画部門の発表を始めます。それでは、まずは審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』 登壇 ブログ主『えー、みなさまのご協力もありまし…

映画『ピートと秘密の友達』感想 クリスマスにピッタリな子供向け映画!

カエルくん(以下カエル) 「ディズニーの新作映画が公開だね。 最近はアニメと実写、さらにはスターウォーズなど、すごくたくさんの作品を手がけているなぁ……」 亀爺(以下亀) 「それだけストーリーテラーとして、企業として優れているということじゃろう…

映画『ドント・ブリーズ』感想と批評 丁寧に作られている良作ホラーのテーマとは?

亀爺(以下亀) 「さて、今回はスリラー作品であり、20年に1作の作品とも称される『ドント・フリーズ』じゃが……スリラーやホラーが苦手な主は泣いておるんじゃないかの?」 ブログ主(以下主) 「…………」 亀「おお、トイレにはちゃんと1人で行けたかの?」 主…

映画『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想と評価、解説 スターウォーズの新作って難しいよなぁ…… 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「スターウォーズシリーズの新作が公開だね」 ブログ主(以下主) 「昨年に引き続きってことか。まあ、黙っていても儲かるシリーズだろうしな」 カエル「それこそ、映画至上最高傑作の映画シリーズと言っても過言ではないしね。SF…

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』感想 白いイチゴのような映画だった

前回の『築地ワンダーランド』にて、築地の魅力を語っていた『NOMA』のレネ・レゼビ氏が5週間限定で東京に店を構えるまでを描いた『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』が公開されたので、その感想を書いていく。 なお、いつも出てくれている…

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』感想 表現には上手い下手より大事なものがある! ※後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回は実際にあった、カーネギーホールで大絶賛されたという、史上『最悪』の歌姫、フローレンス・フォスター・ジェンキンスを扱った映画の記事じゃな」 ブログ主(以下主) 「この映画が200館クラスというのが驚きだよね。普通はこの手の…

映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』感想 今年トップクラスの洋画! 二人の愛と戦いに心打たれる!

カエルくん(以下カエル) 「今回は『ハンズ・オブ・ラブ』の感想かぁ……同性愛とはいえ恋愛ものだし、しかも感動の実話系で病気ものでしょ……主が一番嫌うタイプの映画じゃん……なんでそういう映画を好んで観に行くのかなぁ」 ブログ主(以下主) 「う……うう………

映画『シークレット・オブ・モンスター』感想と考察 パズルが組み合わさった時見えてくるものとは?

亀爺(以下亀) 「それでは、今日も映画の感想記事を始めるかの」 ブログ主(以下主) 「……なんか、最近さ、見たい映画がどんどん増えてくることに戸惑いすら覚えるんだよね」 亀「確かに、物語評論ブログであったはずなのに、いつの間にか映画感想ブログに…

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』感想と解説 シリーズ1作目としては文句のつけようがない! ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「このブログだとこういう海外のCGがすごい大作映画って、実は結構珍しいよね。邦画だとよく見るけれどさ」 ブログ主(以下主) 「普段アニメをたくさん見ているからかな? 実写までアニメみたいな世界観の作品じゃなくていいやっ…

映画『世界の果てまでヒャッハー』感想 お馬鹿たちの珍道中に抱腹絶倒! 笑いが止まらないコメディーが登場!

カエルくん(以下カエル) 「題名だけ見ると、どんな映画か全くわからないよね、この映画」 ブログ主(以下主) 「明らかにふざけているダメな邦題の典型みたいなタイトルだもんな。奇抜な名前で目立ってなんぼ、みたいな精神が見えてくるというか」 カエル…