物語る亀

ネタバレありの物語批評

映画

映画『タレンタイム〜優しい歌』感想 マレーシアの現実と彼らの青春を珠玉の音楽とともに味わいませんか?

カエルくん(以下カエル) 「今回紹介するのは3月の映画ランキングでも2位に入ったタレンタイムだけど……この手の映画って DVD化するのかな?」 ブログ主(以下主) 「う〜ん……されることはされるかもしれないけれど、TSUTAYAなどのレンタルショップに置かれ…

2017年3月度 オススメ映画ランキング!

カエルくん(以下カエル) 「では3月度のランキング記事だけど……この手の記事の更新速度を上げないとね」 亀爺(以下亀) 「もう4月も半ばじゃよ…… 3月の頭に公開された映画じゃと、もう公開が終了しているものもあるじゃろう」 カエル「一応言い訳させても…

映画『はじまりへの旅』感想 子供の成長に必要なものってなんだろう? 

カエルくん(以下カエル) 「さて! 久々の小規模公開映画の話だよ!」 ブログ主(以下主) 「春休みからGWにかけて大規模公開映画に注目作品が集まったこともあって、あんまり小規模公開映画に手が回らなかったけれど…… 小規模公開映画って結構大当たりか大…

映画『LION 25年目のただいま』感想 インドの現状とルーツを探す旅 #ライオン

カエルくん(以下カエル) 「ここからしばらくはアカデミー賞でも注目された作品が続々と登場するね!」 亀爺(以下亀) 「楽しみな作品がたくさんあるの」 カエル「本来は『ムーンライト』も4月末公開だったし、さらに『マンチェスター・バイ・ザ・シー』と…

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(2017ハリウッド版)』感想と考察 本作にゴーストは宿ったのか?

カエルくん(以下カエル) 「攻殻機動隊のハリウッド版が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「……実はさ、このハリウッド版に関しては表に出ていない重要な情報を握っているんだよね」 カエル「え!? いきなり!?」 主「ちょっと前に押井さんのトークシ…

2017年4月の注目映画と記事候補映画作品を紹介!

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、少し遅れたけれど2017年度の4月度の注目映画の発表と行こうか!」 亀爺(以下亀) 「今月もGWに向けての大作映画がたくさん続くの」 カエル「今月も大作も単館系の映画も観たい作品が多くて迷うね! GWもあるから、結構…

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』感想 バットマンファンは必見! それ以外の人も楽しめる!

カエルくん(以下カエル) 「今回もまたアニメ映画のお話だけど……ちょっといつもとは違う作品だよね」 亀爺(以下亀) 「わしらでやっていくのじゃな。 アニメ映画は主も語りたいことがたくさんあるじゃろうに……」 カエル「ちなみに最初に明かしますが、今作…

映画『暗黒女子』感想 映画として独特の雰囲気がとても好き! 

カエルくん(以下カエル) 「よ〜し!! 映画感想の記事に行ってみよう!」 ブログ主(以下主) 「今週は公開規模や注目度でいうと目玉というほどのものもそんなに多くないけれど、良作が揃ったという感じかな」 カエル「アカデミー賞受賞作の『ムーンライト…

映画『スカイクロラ』感想と考察、解説 『つまらない』ことの偉大さ

亀爺(以下亀) 「さて、今回は押井守作品を基にした実写映画が近いということで、押井作品を扱うということであるが……なぜここに来てスカイクロラなのじゃ? いや、悪い作品ではないが……もっと他にあるじゃろう」 ブログ主(以下主) 「何となく、スカイク…

映画『PとJK』感想と考察 恋愛スイーツ映画かと思ったら実は違う! 後半ネタバレあり

カエルくん(以下主) 「……いつも思うけれど、なんでこういう向いていない映画を見にいくのかな? キングコングを絶賛するような人が、 PとJKのような恋愛映画を見ても何も面白くないと思うんだけど」 ブログ主(以下主) 「いや、食わず嫌いが1番ダメだから…

映画『キングコング 髑髏島の巨神』考察と批評、ちょっと感想 僕たちが怪獣映画を見る理由 ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「それでは、ここからはキングコングの考察の記事と行こうかの」 ブログ主(以下主) 「今回も語ることがたくさんあるから、長い記事になりそうだねぇ……」 亀「最近、この手の記事が長文化の一途を辿っておるの」 主「一応短くまとめようとい…

映画『キングコング 髑髏島の巨神』感想と解説 こんな怪獣映画をずっと待っていた! ネタバレなし

カエルくん(以下カエル) 「えー、今回も初めに言っておきます。 ツイッターであげたこの映画の短評がこのようになっております。 #キングコング 短評最ッッッッッッッッ高!シンゴジラクラスの大傑作!とりあえず劇場へいけ! そして最後まで立ち上がるな…

映画『パッセンジャー』感想と考察 極限の状況下であなたならどう行動する? 

カエルくん(以下カエル) 「この週も大きな映画が目白押しなんだよねぇ。特に3月はアニメ、邦画を中心に注目作品が多かったけれど、ここに来てハリウッド映画も大物が次々と公開しているね」 亀爺(以下亀) 「春休みということもあって子供や学生向けのア…

映画『おおかみこどもの雨と雪』感想と考察 細田守の新境地!? 

カエルくん(以下カエル) 「では、ここで細田守作品の代表作の一つである『おおかみこどもの雨と雪』を扱うけれど……細田作品の感想を書くのはこれで2作目だよね」 ブログ主(以下主) 「いつかは必ず語らなければいけない作品だし、テレビ放映も兼ねたこの…

2017年2月度 オススメ映画ランキング!

カエルくん(以下カエル) 「3月度も終わりを迎えそうなのに、ようやく2月度のランキング記事を発表するんだね」 ブログ主(以下主) 「何としても見たかった映画があったけれど、それも見逃しちゃった…… 結局2月度は少し見た映画数が少なくなってしまったな…

映画『ひるね姫』感想 2つの世界が描き出したこととは何か?

カエルくん(以下カエル) 「今回はあれだけ楽しみにしていた『ひるね姫』の記事だけど、まさかの亀爺と僕でやるんだね」 亀爺(以下亀) 「年末ぐらいに009の新作映画が公開されたじゃろ? 3部作で、正確にはOVAになるのかもしれんが……」 カエル「あったね…

映画『3月のライオン 前編』感想 零ちゃんが生きて動いている! 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「それでは今週の注目作第2弾、3月のライオンの記事になります」 ブログ主(以下主) 「今週は忙しい……さらにひるね姫もあるんだから、てんてこ舞いだわ」 カエル「今日の夜にはアニメの最終話が放映されるしね」 主「しばらく更新…

映画『SING シング』感想と考察 吹き替え声優が超豪華!!

カエルくん(以下カエル) 「さあ、今週は大忙しだよ! 大作映画が目白押しで語りがいがある週だよ!」 ブログ主(以下主) 「キターーーー! 元々アニメ系を重視しているブログではあるけれど、今週は『3月のライオン』と『ひるね姫』という注目作に、さらS…

映画『哭声 コクソン』感想と解説、考察 本作が描いた『カオス』の正体

カエルくん(以下カエル) 「今回は先週に引き続き、韓国映画のお話だね」 ブログ主(以下主) 「結構いろいろ考察などができるから、このブログ向きの題材だと思うよ」 カエル「主はこの映画の意味がわかるの? 結構謎の多いストーリーだと言われているけれ…

映画『静かなる叫び』感想 限られた情報の中に宿る、ほんのわずかでかけがえのない物語

亀爺(以下亀) 「まさか、ここで全国でも数館しか公開していない上に期間限定上映の映画を語るとはの」 ブログ主(以下主) 「いや、わかるよ……一応映画ブロガーだし、しかもアニメ記事を中心にやっているんだからモアナは早く語らないといけないよ。それに…

ドラマ化決定! 映画『チアダン』批評と考察 この映画がなぜ『チアダンス』をテーマにした映画なのか? ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「では、このブログの特徴である批評記事を展開していくけれど、それがまさかチアダンになるとはね……想像もしていなかったよ」 ブログ主(以下主) 「トンデモなくハマってしまった映画でさ、自分でも驚いた。まさかチアダンでここ…

絶賛! ネタバレなしの感想 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン)

カエル君(以下カエル) 「今回は広瀬すずが主演の映画のお話だけど……」 ブログ主(以下主) 「この手の映画のレビューって、結構難しいんだよ? 絶賛すると『映画をわかっていない』と言われるし、非難すると『あの映画の良さがわからないなんて!』ってこ…

映画『お嬢さん』感想 韓国映画の鬼才の本領発揮の美しい映画! 

亀爺(以下亀) 「このブログもそこそこ長く続いており、映画記事も200を超えてきているが、実は韓国映画はこれが初となるの」 ブログ主(以下主) 「意外といえば意外な話かもね。 近年の韓国映画ってアジア映画の中でも確固たる地位を確立しているし、世界…

映画『ハルチカ』感想 問題点は多々あれど、アイドル映画としては良作といえるのか?

カエルくん(以下カエル) 「皆様、いつもご愛読ありがとうございます。 もしくは初めましての方、物語る亀の名前だけでも覚えていってくださいね。 今回は、僕たちが登場して約半年、いよいよ、ついにこの時がきました! ついに新キャラ登場です! しかも女…

映画『アサシンクリード』感想 これじゃ初見は辛いよね……

カエルくん(以下カエル) 「えーまずは、皆様に謝罪と訂正をしないといけないことがあります」 亀爺(以下亀) 「以下の記事にて本作品を著しく貶めるような間違いがあったことが発覚したの」 blog.monogatarukame.net カエル「この記事の中で当初、この映…

映画『彼らが本気で編むときは、』感想 LGBTの描き方が……

亀爺(以下亀) 「それでは、今回は邦画の中でも注目を集めている『僕らが本気で編むときは、』の感想記事じゃが」 ブログ主(以下主) 「このブログでは時々LGBT作品も扱っているけれど、それは良作、名作がこの分野に集中しているということもあるし、それ…

2017年3月の注目映画と記事候補映画作品を紹介!

2017年3月の注目映画と記事候補作品の紹介をしたい。 今月は大作映画が目白押し、ここからGWまでは非常に忙しくなるだろう。 特にアニメ関連で大きな映画がたくさんあるので、そちらを中心に回っていきたいと思う。 先に言及させていただくが、今月は大作映…

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」感想 ちょっと厳しいなぁ……

カエルくん(以下カエル) 「デジモンもいよいよ4章になって、半分が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ここまでずっと見てきたからなぁ……仮にデジモンじゃなくて、ポケモンが出てきても最後まで見に行くよ」 カエル「……それって詐欺だよね?」 主「そ…

映画『ムーンライト』ネタバレなしの感想 祝! アカデミー作品賞受賞!

カエルくん(以下カエル) 「今回はこの記事を書いている日がアカデミー賞の発表日ということもあって、アカデミー賞作品など8部門にノミネートされている『ムーンライト』のネタバレなしの感想記事を書いていくんだね」 ブログ主(以下主) 「最速試写会に…

ネタバレあり! 映画『ラ・ラ・ランド』批評と考察、感想も少し なぜこの映画は『ジャズ』なの?

カエルくん(以下カエル) 「それじゃ……ラ・ラ・ランドの批評記事だけど……あれ? 主は?」 亀爺(以下亀) 「今回は姿を見せんようじゃな。メモ書きだけ残して、あとはわしらに任せるらしい」 カエル「デジモンやヤマトの公開週でもあるしねぇ……そっちに行っ…

ネタバレなし!映画『ラ・ラ・ランド』感想と解説、評価 アカデミー賞総なめの理由とは?

カエルくん(以下カエル) 「今週はいよいよ大注目映画! ララランドの公開だよ! 2016年のハリウッドの話題を独占し、日本でも大注目を浴びる映画がついに公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ああ、そうだね」 カエル「……何? また天邪鬼発動?」 主「…

映画『たかが世界の終わり』感想と批評 この映画が描き出した『日常』の姿……

亀爺(以下亀) 「それでは、今回は天才とも称されるグザヴィエ・ドランの新作の感想記事になるが……」 ブログ主(以下主) 「自分、ドランって初めて名前聞いたんだよね」 亀「主はこういうブログをやっているとは思えないほど映画について無知だし、監督や…

映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年 押井守監督)』感想など この未来、案外近いかも?

カエルくん(以下カエル) 「今回は約20年前に公開になって、今でもアニメ史に残る大傑作と評判の押井守版攻殻機動隊だね。 ちょうど実写映画も公開されるし、押井さんの一番弟子とも称される神山健治監督の最新作も公開間近だから、ちょうどいいタイミング…

ネタバレなし 映画『愚行録』感想と演出の見所紹介

亀爺(以下亀) 「今回は愚行録の感想を書いていくことにするか。『愚考録』とならんように気をつけんとな」 ブログ主(以下主) 「やっぱり映画をたくさん観ることができるっていいね! 今週末は4作品と少し少なめだったけれど、個人的には大満足な作品が続…

映画『一週間フレンズ(2017 実写版)』感想 う〜ん、この映画の何を語ればいいんだ…… 

カエルくん(以下カエル) 「くわ〜いさ〜つ〜の〜前〜 ツナァグツェ〜とテェ〜♪」 亀爺(以下亀) 「おや、カエル。上機嫌じゃの。下手な歌がよく響き渡っているわい」 カエル「わざと下手に歌っているの! あんまり上手すぎるとどこかかから怒られちゃうか…

ネタバレあり 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO)』考察と批評

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、引き続いて感想記事とは別の批評記事を書いていくことになるけれど……」 ブログ主(以下主) 「このやり方も久々だなぁ……ちょっと前は結構やっていた気がするけれど」 カエル「あんまりそれだけやる意味のある映画がなか…

初見でネタバレなしの『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(映画SAO)』感想

カエルくん(以下カエル) 「今回はSAOの新作映画の感想記事かぁ……こう言うのもなんだけど、主は原作も読んでいなければ、アニメも見ていないって公言しているからなぁ…… アニメ映画はなるべく見に行く方針だから映画館に向かったらしいけれど『これはファン…

映画『同級生』感想 この『型』って万能だなぁ

カエルくん(以下カエル) 「今回はちょうど1年前くらいに公開された、アニメ映画の『同級生』について語っていくけれど……こう言う作品を語るのって、少し珍しいかもね」 ブログ主(以下主) 「明らかに女性向け……というかBL作品だったから劇場公開時にため…

映画『セッション』感想 人を育てるって難しい…… 

亀爺(以下亀) 「では、今回はアカデミー賞最有力候補……というよりも、すでに受賞が確定しているような雰囲気すら漂う『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督の前作である『セッション』のレビューじゃな」 ブログ主(以下主) 「ラ・ラ・ランドを見る…

映画『サバイバルファミリー』感想 惜しい! 悪くはないんだけどねぇ…… ※後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「……主は明日のコミティアで発売する同人誌の目処がついたみたいだね」 亀爺(以下亀) 「あとは微調整して製本だと語っておったの。色々と教えてもらったりしながら、少しずつ作っておるようじゃぞ」 カエル「……正直、こんなこと…

映画『ルパン三世 血煙の石川五ェ門』感想 ハードボイルドルパンが好きな人は必見の1作!

カエルくん(以下カエル) 「ルパン三世シリーズの新作が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ルパンシリーズも息が長いよなぁ」 カエル「結構珍しいシリーズだよねぇ。 ドラえもんなどの長期間テレビ放映されているシリーズものは別として、ルパンはそう…

2017年1月度 オススメ映画ランキング!

カエルくん(以下カエル) 「早くも2017年度も1月が過ぎ去ったね……」 亀爺(以下亀) 「1月は行く、などというが、年々早くなっていくの。このままだと100年後には1年が1週間で過ぎ去ってしまうぞ」 カエル「……また突っ込みづらいネタを」 亀「さて、では201…

映画『虐殺器官』感想と考察 言葉と行動は密接にリンクしているのか?

カエルくん(以下カエル) 「これで伊藤計劃作品の映画化も終わりだね」 ブログ主(以下主) 「紆余曲折、様々なことがあってようやく公開されたからな。感慨深いし……少しだけ寂しい思いもあるかもしれん」 カエル「これで伊藤計劃作品もおしまいだしねぇ………

2017年2月度の注目映画と記事候補映画作品を紹介!

2月度の注目映画と記事候補作品を紹介していく。 なお、この月はコミティア119(2017年2月12日、東京ビックサイトにて開催)に同人誌を配布する予定なので、12日までは非常に忙しく、記事の数はだいぶ減ることになる……。 (Y21b、HADAKA電球さんのスペースを…

映画『僕と世界の方程式』感想と批評 この世界は数学に溢れている! 作り込まれた名作!

亀爺(以下亀) 「……まさか、ここまで思うところがあるとは」 ブログ主(以下主) 「ああ、このTweetのこと?」 僕と世界の方程式鑑賞。素晴らしい作品! このレベルの脚本の完成度と巧みな演出の映画はそうないよ!しかも自閉症を題材にしたドラマなんだけ…

映画『マグニフィセント・セブン 』感想 原案2作にリスペクトもあって楽しめる娯楽映画!

亀爺(以下亀) 「今週は300館クラスの大作が続くのぉ……」 ブログ主(以下主) 「お正月シーズンも終わって、映画界もエンジンがかかってきたってところかね」 亀「金曜日公開じゃからな、まだ見ている人はそこまで多くないとはいえ、結構重なって大変じゃっ…

映画『ドクター・ストレンジ』感想(若干否定気味) この映画って、あの名作SFオペラみたいだなぁ 

カエルくん(以下カエル) 「今回はこのブログでは珍しく、ヒーロー映画を取り扱うよ! 『スーサイド・スクワッド』は取り扱ったことがあるけれど、真っ当なマーベルヒーロー映画は初めて記事にするね!」 ブログ主(以下主) 「当初は見に行かない予定だっ…

映画『屍者の帝国』感想と批評 この映画が表した『伊藤計劃へのメッセージ』についての考察

カエルくん(以下カエル) 「来週、いよいよ伊藤計劃プロジェクトのスタートにして最終作である『虐殺器官』の公開だね!」 ブログ主(以下主) 「いよいよ公開だな。マングローブの倒産もあって、悲しい結果になったけれど……それもこれで陽の目の浴びること…

映画『真夜中のパリでヒャッハー!』感想 このシリーズにハズレなし!(まだ2作だけど!)

カエルくん(以下カエル) 「……せ〜の! ヒャッハー!!」 亀爺(以下亀) 「……急にどうしたんじゃ?」 カエル「だって、ヒャッハーシリーズが帰ってきたんだよ! あの、2016年観客を爆笑の渦に叩き込んだコメディーシリーズのヒャッハーシリーズが!」 亀「…

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』感想 何でこれが小規模公開なの!? エンタメとしても優れた1作!

亀爺(以下亀) 「この作品の公開は2016年じゃから、約1月してようやく見ることができた、ということになるかの」 ブログ主(以下主) 「念願叶っての鑑賞だよ」 亀「まあ、もっと前から見ようと思えば、いくらでも見に行く機会はあったはずじゃがな。毎週観…