読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

2016年12月度のオススメ映画ランキング!

カエルくん(以下カエル) 「では12月のオススメ映画ランキングだけど……こういうのって、正月前にやって観る映画を決めかねている人の手助けにするべきなんじゃないの?」 ブログ主(以下主) 「普通はそうだね」 カエル「しかも12月も過ぎているし……」 主「…

2017年1月度の注目映画と記事候補映画作品を紹介!

新年明けましておめでとうございます。 今年も精一杯映画を見て、記事を書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。 1月度の注目映画を書いていくが……元旦が日曜日ということもあってか、今月は上半期にビックネームの映画があまりないために、結構PV…

映画『ヒトラーの忘れもの』感想と批評 英題に込められた思いとは? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「新年1発目にわしが出るというのは、なかなか縁起がいいものじゃが……それにしても、のぉ……」 ブログ主(以下主) 「なんだよ? 何か文句あるのかよ?」 亀「このブログが選出した2016年の映画ランキングでも11位にランクインするなど、高評…

映画『甲鉄城のカバネリ 総集編前編 集う光』感想 映画館の大スクリーンで見る価値あり!

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、2016年最後の記事だよ!」 ブログ主(以下主) 「……まだまだ感想を書けていない作品が溜まっている」 カエル「え? やり残しているの?」 主「『ヒトラーの忘れ物』は絶対書きたいし、年始1発目はこれになるのかな? あ…

映画『好きにならずにいられない』感想 フーシ! 君と面と向かって呑んでみたい! 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「はあ……今年1年も暮れていくねぇ……こうして家でゆっくりとしているのが1番だよ……あれ? 主、そんなに着込んでどこか行くの?」 ブログ主(以下主) 「これから北欧、アイスランドに行ってくる」 カエル「え? 旅行? そんな話、聞…

2016年映画ランキング ベスト20の発表! あなたの好きな作品は入っているかな?

カエルくん(以下カエル) 「……それでは、発表していきます」 亀爺(以下亀) 「……緊張の瞬間じゃの」 ブログ主(以下主) 「これより、第1回、物語る亀で賞、映画部門作品賞の発表です!!」 カエル「この賞は2016年に公開された新作映画の順位をランキング…

2016年の映画をおさらい! 各部門ごとのベストを選出するよ!

ざわざわ…… ざわざわ…… カエル『えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。 これより、物語る亀で賞、映画部門の発表を始めます。それでは、まずは審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』 登壇 ブログ主『えー、みなさまのご協力もありまし…

2016年のアニメ映画の大革命を総まとめ! 監督から鑑賞スタイルまで変化がたくさんありました。

カエルくん(以下カエル) 「結構何回か語ってきたけれど、最後にまとめとしてこのことについて語っていこうか」 ブログ主(以下主) 「やっぱり2016年はいろいろな意味でアニメ映画の変換点だからなぁ……それはもちろん人気監督の変化もあるけれど、制作スタ…

映画『ピートと秘密の友達』感想 クリスマスにピッタリな子供向け映画!

カエルくん(以下カエル) 「ディズニーの新作映画が公開だね。 最近はアニメと実写、さらにはスターウォーズなど、すごくたくさんの作品を手がけているなぁ……」 亀爺(以下亀) 「それだけストーリーテラーとして、企業として優れているということじゃろう…

映画『ポッピンQ』感想 この映画を女児向けと見るか、大友向けと見るか難しいところだ……

カエルくん(以下カエル) 「今回は東映アニメーション60周年記念作品であり、このアニメ映画大豊作で名作続きの2016年最後のオリジナル劇場アニメーションとなる作品だね」 ブログ主(以下主) 「新作のアニメ映画に関してはこの作品で締めになるのかなぁ?…

映画『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』感想とこの映画の意味について考察 前作よりも格段に面白い!

カエルくん(以下カエル) 「前回も語ったけれど、結構厳しい論調になっちゃった作品の続編だよね……」 亀爺(以下亀) 「明らかに主は対象外な映画じゃったからな。若い女の子を中心に人気のある映画を見て、語ってどうしようというのかの?」 カエル「まあ…

映画『ドント・ブリーズ』感想と批評 丁寧に作られている良作ホラーのテーマとは?

亀爺(以下亀) 「さて、今回はスリラー作品であり、20年に1作の作品とも称される『ドント・フリーズ』じゃが……スリラーやホラーが苦手な主は泣いておるんじゃないかの?」 ブログ主(以下主) 「…………」 亀「おお、トイレにはちゃんと1人で行けたかの?」 主…

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン』感想と批評 物語の抱える問題を突きつけた映画!

カエルくん(以下カエル) 「さあ〜て、今回は『映画妖怪ウォッチ』のお話だね」 ブログ主(以下主) 「…………」 カエル「ある意味では僕たちも妖怪みたいなものだから、すっごい人気者になったりして!」 主「…………」 カエル(あ、これ大絶賛か大批判のパター…

食べることって何だろう? 映画『カレーライスを一から作る』を見て

今回は『カレーライスを一から作る』という映画について語っていこうと思う。 比較的公開規模が小さいので、この映画について少しだけ解説を加えながら、この映画の魅力などについて語っていければ、と思っている。 ちなみに今回もカエルくんと亀爺はお休み…

映画『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想と評価、解説 スターウォーズの新作って難しいよなぁ…… 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「スターウォーズシリーズの新作が公開だね」 ブログ主(以下主) 「昨年に引き続きってことか。まあ、黙っていても儲かるシリーズだろうしな」 カエル「それこそ、映画至上最高傑作の映画シリーズと言っても過言ではないしね。SF…

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』感想 白いイチゴのような映画だった

前回の『築地ワンダーランド』にて、築地の魅力を語っていた『NOMA』のレネ・レゼビ氏が5週間限定で東京に店を構えるまでを描いた『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』が公開されたので、その感想を書いていく。 なお、いつも出てくれている…

映画『築地ワンダーランド』感想 日本の食を支える職人たちの熱き思いが胸を打つ!

ようやく『築地ワンダーランド』の映画を見に行くことができたので、その感想を書いていこうと思う。 なお、今回はいつもと趣向を変えて記事を書いていく。 理由は……特にない。いつも働き通しなカエルくんと亀爺のお休みだと思っていただければ幸いである。 …

映画『チェインクロニクル(チェンクロ)〜ヘクセイタスの閃〜第1章』感想 事前情報を調べればよかった……

カエルくん(以下カエル) 「今回もアプリゲーム系のアニメ作品のお話だね」 亀爺(以下亀) 「こういった作品は今後増えていくんじゃろうな」 カエル「ここ5年くらいのアニメ界、そしてゲーム界の最大の変化といえば、やっぱりスマホの普及に伴うアプリゲー…

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ(モンスト)』感想 子供向けアニメ邦画の大傑作がここに誕生!!

カエルくん(以下カエル) 「モンストの劇場版が公開されたね」 ブログ主(以下主) 「最近、この手のスマホアプリのアニメ化が活発だよなぁ」 カエル「主はモンストやったことあるの?」 主「いや、全然? もちろん知っているし、周りにやっている人はいる…

映画『海賊とよばれた男』感想と批評 山崎貴監督がやりたいことってなんだろう? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今年ももうそろそろ終わっていくのぉ……」 ブログ主(以下主) 「あと半月ほどで2016年もおしまいだなぁ」 亀「こう寒くなってくると、雪なども心配になってくるの」 主「……そういえば、亀って冬眠するんじゃなかったっけ?」 亀「今時の亀…

2016年12月度の注目映画と記事候補映画を紹介!

もう12月も半ばに入ろうとしているが、この記事を書き忘れていたのでここで書いていこうと思う。 (いや……色々書きたいことが多すぎてね……うん、そういうことにしておいて) 12月度は1年の締めくくりということもあるだろうが、今年はクリスマス映画というの…

『この世界の片隅に』を人に薦めたくなる理由と、ヒットの要因について考察、解説してみた

カエルくん(以下カエル) 「このせか旋風止まらず、だね」 ブログ主(以下主) 「シンゴジラ旋風、君の名は。旋風の次はこのせか旋風か。オタク文化の象徴だったはずのアニメ、特撮がここまで支持されるなんて、一昔前は考えられなかっただろうな。 という…

映画『アズミハルコは行方不明』感想と考察、解説 『27歳』という年齢の意味とは何か?

亀爺(以下亀) 「小規模公開ながらも、注目を浴びているようじゃな、この映画は」 ブログ主(以下主) 「そうね……自分もこの映画を見たきっかけは、宇多丸のラジオに監督が送ったメールがきっかけだったんだけど。 『今までの邦画の流れを否定する』という…

映画『CYBORG 009 CALL OF JUSTICE』第1章感想 CGのレベルが……これでいいの?

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、今回はIGの製作した新作の009のアニメの話だけど……」 ブログ主(以下主) 「やっぱり009クラスになると固定ファンも多いのかね? 最近、テレビシリーズもやっていないけれど、3章に分けて公開するほどだもんな」 カエル…

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』感想 ミステリーとコメディの組み合わせは難しいよなぁ…… 蘭丸

カエルくん(以下カエル) 「今回はドラマの映画化作品を語っていくわけだけど……」 亀爺(以下亀) 「ついにドラマも見ないで映画化した作品を見に行くわけじゃな」 カエル「まあ、アニメも全く知らないで劇場版を見に行くわけだしねぇ。今に始まった話では…

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』感想 表現には上手い下手より大事なものがある! ※後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回は実際にあった、カーネギーホールで大絶賛されたという、史上『最悪』の歌姫、フローレンス・フォスター・ジェンキンスを扱った映画の記事じゃな」 ブログ主(以下主) 「この映画が200館クラスというのが驚きだよね。普通はこの手の…

映画『009 RE:CYBORG(2012)』の感想 セルルックよりもあの人の影がちらつく作品だよなぁ

亀爺(以下亀) 「神山健治版の009も劇場で3部作で公開中じゃの」 ブログ主(以下主) 「そうね……神山健治監督作品ということでもあって、期間も短いし早く見に行きたいけれど、時間が取れなくてね……少し無理してでも、ファーストデーで見に行こうかな?」 …

2016年11月のおすすめ映画ランキング!

カエルくん(以下カエル) 「今回は新企画が始動だね!!」 亀爺(以下亀) 「毎月15作品前後ほど見ておるからの。 (11月度は現時点で14作品、旧作1作品) その中でも特別に面白かった作品を、こうしてランキング形式で紹介しようという企画じゃな」 カエル…

映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』感想 今年トップクラスの洋画! 二人の愛と戦いに心打たれる!

カエルくん(以下カエル) 「今回は『ハンズ・オブ・ラブ』の感想かぁ……同性愛とはいえ恋愛ものだし、しかも感動の実話系で病気ものでしょ……主が一番嫌うタイプの映画じゃん……なんでそういう映画を好んで観に行くのかなぁ」 ブログ主(以下主) 「う……うう………

映画『疾風ロンド』感想 う〜ん……どうしてこうなってしまうのだろうか? 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「さて、今週もすごく映画が多いけれど」 ブログ主(以下主) 「……映画記事を減らそうかなぁ? なんて考えているんだけどさ。じゃあ、どれを見に行こうかな? と思ったら、結局毎週5本くらいから絞りきれないというね」 カエル「…

映画『劇場版 艦これ』テレビシリーズ未見の感想 明らかに予習は必要だったなぁ…… 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「主は艦これってやっとことないよね?」 ブログ主(以下主) 「ないねぇ……アニメも見たことがないし、ゲームもやったことないね」 カエル「あれだけブームになったのにね」 主「もちろん、発表されてから一躍大ブームになって、登…

映画『シークレット・オブ・モンスター』感想と考察 パズルが組み合わさった時見えてくるものとは?

亀爺(以下亀) 「それでは、今日も映画の感想記事を始めるかの」 ブログ主(以下主) 「……なんか、最近さ、見たい映画がどんどん増えてくることに戸惑いすら覚えるんだよね」 亀「確かに、物語評論ブログであったはずなのに、いつの間にか映画感想ブログに…

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』感想と解説 シリーズ1作目としては文句のつけようがない! ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「このブログだとこういう海外のCGがすごい大作映画って、実は結構珍しいよね。邦画だとよく見るけれどさ」 ブログ主(以下主) 「普段アニメをたくさん見ているからかな? 実写までアニメみたいな世界観の作品じゃなくていいやっ…

映画『マイマイ新子と千年の魔法』感想 これぞ『日常系アニメ!』 片渕須直監督のリアリティがすごい!

カエルくん(以下カエル) 「……なんかさぁ、ちょっと不満があるんだよね」 亀爺(以下亀) 「何じゃ? 藪から棒に」 カエル「……なんでさ、亀が出てくる映画って、特にアニメってこんなに多いわけ? カエルが全然出てこないんだけど! 不平等だ!」 亀「仕方…

映画『世界の果てまでヒャッハー』感想 お馬鹿たちの珍道中に抱腹絶倒! 笑いが止まらないコメディーが登場!

カエルくん(以下カエル) 「題名だけ見ると、どんな映画か全くわからないよね、この映画」 ブログ主(以下主) 「明らかにふざけているダメな邦題の典型みたいなタイトルだもんな。奇抜な名前で目立ってなんぼ、みたいな精神が見えてくるというか」 カエル…

映画『聖の青春』感想 静かに進む将棋の世界と進行する病と闘った男、村山聖の青春がここに! ※後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回は将棋ものである『聖の青春』を取り上げるが、主は将棋は詳しいのかの?」 ブログ主(以下主) 「いや、全然?」 亀「……しかし将棋はそれなりに好きじゃったの」 主「まあねぇ、少なくとも『3月のライオン』は全巻読んでいるし、加藤…

2016年の映画と震災〜『シンゴジラ』と『君の名は。』と『この世界の片隅に』〜

亀爺(以下亀) 「今回は2016年を代表する映画をまとめて批評するんじゃな」 ブログ主(以下主) 「やっぱりさ、今年の邦画大豊作の中でも『聲の形』も含めて、この4作品は異常だと思うんだよ。 語り方は色々あるけれど……今回は『シン・ゴジラ』と『君の名は…

映画『ミュージアム』感想 今話題の映画との共通点も! これがサスペンスの一つの形なのか!?

カエルくん(以下カエル) 「……この映画を語るにおいて、このブログほどふさわしくて不適切なブログもそうそうないよね」 ブログ主(以下主) 「お前か! お前が犯人なのか!?」 カエル「ち、違うよ! 僕は人畜無害なカエルだよ! 人に危害を加えたことなん…

2016年アニメ映画の革命〜『君の名は。』と『聲の形』と『この世界の片隅に』と〜

カエルくん(以下カエル) 「今回は今年の日本アニメ映画の主役とも言える、3作品を語った記事だね」 ブログ主(以下主) 「やっぱり今年はこの3作品が特に注目を集めた(集めている)からな。あとはプラスして『シン・ゴジラ』もセットで語りたいけれど………

映画『この世界の片隅に』批評と考察 失ったものと、得たものとは? ※ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「では続いて、ネタバレありの批評、考察記事を書くとするかの」 ブログ主(以下主) 「……この件に関しては少し失敗したんだよなぁ……」 亀「失敗? 何をじゃ?」 主「もうさ、あまりにも評判がいい上に、元々原作大好きで……しかもアニメも当…

映画『この世界の片隅に』ネタバレなしの感想 笑い声が起こる戦争映画を知っていますか? 

カエルくん(以下カエル) 「…………噂に違わぬ作品だったね」 ブログ主(以下主) 「…………まさかここまでとは」 カエル「今年の映画界は素晴らしいね。特に……趣味もあるかもしれないけれど、オタク映画というのかな? 特撮の『シン・ゴジラ』アニメの『君の名は…

映画『コウノトリ大作戦』感想 大人も子供楽しめるアメリカCGアニメ!

カエルくん(以下カエル) 「今月はアニメ映画がたくさんあるけれど、その中でも先陣を切ったのがこの作品だね」 亀爺(以下亀) 「しかし、公開館数はこちらが圧倒的に多いが……話題性ではもう一つのアニメ映画の方が圧倒的なようじゃの」 カエル「『ソーセ…

映画『聲の形』批評と考察 西宮硝子が選ぶべきだった選択肢とは? 

カエル(以下カエル) 「まだ聲の形の話をするの?」 ブログ主(以下主) 「実はまだ語り足りないところがあるんだよね」 カエル「あれだけ何記事も語って、まだ足りないんだ……」 主「あとは良い音質で3回目を見に行ってきたからさ。その時に改めて見直して…

映画『ボクの妻と結婚してください。』感想 コメディ調の病気ものでいうほど悪くはなかったかなぁ……

カエルくん(以下カエル) 「しかし、あれだよね。主って本来こういうテレビ局主導の映画だったり、病気ものは嫌いだって言っているのに、なんで見に行くのかね?」 亀爺(以下亀) 「もちろん公開館数が多い=アクセス数が見込めるというのはあると思うが………

映画『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』感想 マジェプリが帰ってきたぞ〜!! 

カエルくん(以下カエル) 「テレビで放映されていたのが3年前らしいけれど、少し懐かしいよね、この作品」 ブログ主(以下主) 「テイストも少し古めではあるけれど、最近アニメが多いからな。記憶に残る前に次々と出てきてしまっている印象もあるかな」 カ…

映画『ぼくのおじさん』感想 少年とおじさんのドタバタ珍道中ハワイ編! 合言葉は……『これでいいのだ!』 

カエルくん(以下カエル) 「この映画は『どくとるマンボウ』シリーズで有名で、北杜夫が原作を書いた作品だよね。教科書にも出てくる斎藤茂吉の息子で、娘さんも作家の」 亀爺(以下亀) 「元々は児童文学として発売されたのもので、もう40年前に発売された…

2016年度上半期 オススメテレビアニメ、劇場アニメ紹介するよ!

カエルくん(以下カエル) 「今年も、もう少しで終わりだねぇ……」 ブログ主(以下主) 「まだ3ヶ月と言っていたのが、もう2ヶ月になり、そして1ヶ月となっていくな」 カエル「で……なんでこの時期に『上半期』オススメアニメを語るの?」 主「うちのブログ…

映画『手紙は憶えている』感想 アウシュビッツの苦悩は、果たしてユダヤ人だけのものか? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回はナチスドイツの戦争犯罪を扱った映画じゃの。このブログでは比較的に登場する回数が多いナチスものじゃが、あまりハズレがない印象があるの」 ブログ主(以下主) 「……もうさ、こういうブログで映画や物語評論やっていると、痛感する…

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』感想と批評 脚本、演出ともにクオリティが高い一作 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「この映画、えらく方々で絶賛されているの」 ブログ主(以下主) 「まあ、そうだよね。今週公開の映画って結構大きな映画が……ハロウィンに合わせたのか知らないけれど、たくさん公開されているじゃない? アクションあり、漫画原作ありとさ…

映画『デスノート Light up the NEW world(2016)』感想 デスノートの可能性の多さを感じさせる一作!

カエルくん(以下カエル) 「ここに来てデスノートの新作(略称デスノートLNW)が公開されたね」 ブログ主(以下主) 「もうブームが10年前と聞いて、驚愕だよ。そんなに時代がすぎたのかって」 カエル「今回映画館に行ったら、ハロウィンというのも関係ある…