物語る亀

ネタバレありの物語批評

小規模公開映画

映画『幼な子われらに生まれ』『2度めの夏、2度と会えない君』『狂覗』感想 

カエルくん(以下カエル) 「ではここで今週のクロスレビュー第2弾、邦画編といきましょう! ちなみに、はてなブログの公式さんによると、このブログが開設して500日だそうです」 亀爺(以下亀) 「500? はて、2016年の1月に開設して、今は9月じゃから……ど…

映画『エル ELLE』『パターソン』『キングス・オブ・サマー』感想 どれも独特の味があります!

カエルくん(以下カエル) 「今回は色々と事情があって記事にはしていなかった作品を短文形式でレビューしていきます」 ブログ主(以下主) 「実際、どうなのかね? こういう形式よりも、短くても1つ1つ書いていった方がいいのかね?」 カエル「まあ、そこは…

映画『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』感想 (外山文治監督作品集) たまには短編映画もいいものです

亀爺(以下亀) 「では、今回は久々? になるかもしれんが、小規模公開映画について語ろうかの」 ブログ主(以下主) 「どうしても小規模公開映画は後回しになりがちだからね…… しかも本作のような作品の場合、ソフト化するかも微妙だから……結局公開時期が終…

映画『きみの声をとどけたい』感想 ラジオ+鎌倉+女子高生が織りなす、日常の尊さを教えてくれるアニメ映画!

カエルくん(以下カエル) 「今週は観たい映画がたくさんあって、大変な週だよねぇ」 ブログ主(以下主) 「その中でも何の記事を書いて、何は諦めるか、という取捨選択も非常に重要だよなぁ」 カエル「映画を鑑賞する基準ってあるの?」 主「基本的にはYaho…

映画『父を探して』感想 ブラジル発の隠れた名作アニメ映画をぜひ鑑賞して!

亀爺(以下亀) 「では、少しマイナーな海外のアニメーション映画について今回は語るとするかの」 ブログ主(以下主) 「これを書いているのは2017年の8月なんだけれどさ……7月がアニメ映画が隆盛だったことに比べると、8月は洋画などのヒーロー映画がたくさ…

映画『歓びのトスカーナ』『逆光の頃』など4作品の感想 

カエルくん(以下カエル) 「今月は見た映画も多いから記事にしていない作品も結構あるよね……」 亀爺(以下亀) 「やはり夏休みシーズンじゃから映画もアニメを中心に注目作が目白押しじゃたからの」 カエル「今回はまだ記事にできていない作品を短評として…

映画『世界は今日から君のもの』『彼女の人生は間違いじゃない』感想 

ブログ主(以下主) 「……なんかさ、今月めっちゃ忙しんだよね」 亀爺(以下亀) 「まあ、夏休みシーズンじゃからな。いい映画がたくさん公開するのは当たり前じゃろう」 主「それもそうなんだけれどさ、アニメ映画がめちゃくちゃ多いからさ…… 最近アニメ映画…

映画『海辺のリア』感想 圧倒的仲代達矢劇場に胸が震える……

亀爺(以下亀) 「さて、ここで邦画の記事といくかの」 ブログ主(以下主) 「小規模公開ながらも年配の方を中心に興味のある人の多い作品なんじゃないかな?」 亀「年配の方がどれだけネットを使うのかは全く想像できんが…… 劇場も他の映画と比べてさらに平…

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』感想 エンツォ、君こそが鋼鉄ジーグだ!

カエルくん(以下カエル) 「ここでまさかの鋼鉄ジーグが海外で映画のモチーフになるとは……1年前に言われても『そんな馬鹿な話があるか!』っていうレベルじゃない?」 亀爺(以下亀) 「1年前にはすでにイタリアで完成して上映もされておるが、にわかには信…

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想と解説、批評 静かに染み入る珠玉の1作

ブログ主(以下主) 「なんだか、久々に新作映画レビューを書く気がする……」 亀爺(以下亀) 「先週は結局新作映画をみにいかなかったからの」 主「この時期って色々と忙しいからね。歓送迎会だ、呑み会だ、映画会だって年度始めを迎えた上に連休前後だから…

映画『無垢の祈り』感想 たった一人の小さな少女は救いを求めて祈りを捧げた

亀爺(以下亀) 「この作品は一部の映画通の中で話題になっていた作品じゃな」 ブログ主(以下主) 「この手の映画はソフト化もされない例があるから、名画座とかでの上映の際に見に行かないと一生見れないかもしれないんだよね」 亀「この作品はR18であり、…

映画『イノセント15』感想 思春期の様々な思いを鮮やかに描ききった1作

カエルくん(以下カエル) 「いきなり衝撃のスタートだけど、今回は初の試みで、2作同時レビューをしてみようと思ったんだけど……やはり語ることが多くて断念してしました!」 ブログ主(以下主) 「不思議なことに、本当に偶然、同じ映画館でやっていたから……

映画『真白の恋』感想 今年NO,1の邦画! 真白の思いと製作陣のメッセージに胸を打たれる……

カエルくん(以下カエル) 「今回は小規模公開映画の『真白の恋』の感想だけど……主はこういう映画をどうやって見つけてくるの?」 ブログ主(以下主) 「1つはTwitterだよね。映画が好きで色々な映画についてつぶやいている人がいるから、その人の評価を聞い…

映画『タレンタイム〜優しい歌』感想 マレーシアの現実と彼らの青春を珠玉の音楽とともに味わいませんか?

カエルくん(以下カエル) 「今回紹介するのは3月の映画ランキングでも2位に入ったタレンタイムだけど……この手の映画って DVD化するのかな?」 ブログ主(以下主) 「う〜ん……されることはされるかもしれないけれど、TSUTAYAなどのレンタルショップに置かれ…

映画『静かなる叫び』感想 限られた情報の中に宿る、ほんのわずかでかけがえのない物語

亀爺(以下亀) 「まさか、ここで全国でも数館しか公開していない上に期間限定上映の映画を語るとはの」 ブログ主(以下主) 「いや、わかるよ……一応映画ブロガーだし、しかもアニメ記事を中心にやっているんだからモアナは早く語らないといけないよ。それに…

映画『たかが世界の終わり』感想と批評 この映画が描き出した『日常』の姿……

亀爺(以下亀) 「それでは、今回は天才とも称されるグザヴィエ・ドランの新作の感想記事になるが……」 ブログ主(以下主) 「自分、ドランって初めて名前聞いたんだよね」 亀「主はこういうブログをやっているとは思えないほど映画について無知だし、監督や…

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』感想 何でこれが小規模公開なの!? エンタメとしても優れた1作!

亀爺(以下亀) 「この作品の公開は2016年じゃから、約1月してようやく見ることができた、ということになるかの」 ブログ主(以下主) 「念願叶っての鑑賞だよ」 亀「まあ、もっと前から見ようと思えば、いくらでも見に行く機会はあったはずじゃがな。毎週観…

映画『ヒトラーの忘れもの』感想と批評 英題に込められた思いとは? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「新年1発目にわしが出るというのは、なかなか縁起がいいものじゃが……それにしても、のぉ……」 ブログ主(以下主) 「なんだよ? 何か文句あるのかよ?」 亀「このブログが選出した2016年の映画ランキングでも11位にランクインするなど、高評…

映画『アズミハルコは行方不明』感想と考察、解説 『27歳』という年齢の意味とは何か?

亀爺(以下亀) 「小規模公開ながらも、注目を浴びているようじゃな、この映画は」 ブログ主(以下主) 「そうね……自分もこの映画を見たきっかけは、宇多丸のラジオに監督が送ったメールがきっかけだったんだけど。 『今までの邦画の流れを否定する』という…

映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』感想 今年トップクラスの洋画! 二人の愛と戦いに心打たれる!

カエルくん(以下カエル) 「今回は『ハンズ・オブ・ラブ』の感想かぁ……同性愛とはいえ恋愛ものだし、しかも感動の実話系で病気ものでしょ……主が一番嫌うタイプの映画じゃん……なんでそういう映画を好んで観に行くのかなぁ」 ブログ主(以下主) 「う……うう………

映画『シークレット・オブ・モンスター』感想と考察 パズルが組み合わさった時見えてくるものとは?

亀爺(以下亀) 「それでは、今日も映画の感想記事を始めるかの」 ブログ主(以下主) 「……なんか、最近さ、見たい映画がどんどん増えてくることに戸惑いすら覚えるんだよね」 亀「確かに、物語評論ブログであったはずなのに、いつの間にか映画感想ブログに…

映画『世界の果てまでヒャッハー』感想 お馬鹿たちの珍道中に抱腹絶倒! 笑いが止まらないコメディーが登場!

カエルくん(以下カエル) 「題名だけ見ると、どんな映画か全くわからないよね、この映画」 ブログ主(以下主) 「明らかにふざけているダメな邦題の典型みたいなタイトルだもんな。奇抜な名前で目立ってなんぼ、みたいな精神が見えてくるというか」 カエル…

映画『手紙は憶えている』感想 アウシュビッツの苦悩は、果たしてユダヤ人だけのものか? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回はナチスドイツの戦争犯罪を扱った映画じゃの。このブログでは比較的に登場する回数が多いナチスものじゃが、あまりハズレがない印象があるの」 ブログ主(以下主) 「……もうさ、こういうブログで映画や物語評論やっていると、痛感する…

映画『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』感想と評論 なんか騙されている気がする?

亀爺(以下亀) 「さて、今回は現在公開中のアウシュビッツと歴史教育を描いた映画『奇跡の教室』を扱うが……」 ブログ主(以下主) 「まずはじめに言っておくけれど、今回は酷評します。 だからこの映画が大好きとか、どんなレビューがあるんだろう? って人…

映画『ケンとカズ』感想 すごく応援したくなる作品だなぁ

亀爺(以下亀) 「今日は渋谷へと行ってきたんじゃな。彼の地は苦手と言っておったようじゃが……」 ブログ主(以下主) 「できれば行きたくないよ、怖いし、騒々しいし、迷うし。今回ようやくハチ公口から出て、109を抜けてユーロスペースまで行く道を迷わず…

映画『シング・ストリート 未来へのうた』感想 『初期衝動』のスッキリ青春ロック映画! 

亀爺(以下亀) 「このブログもこの記事で200記事目か。ちょうど半年と、いい節目になったの」 カエルくん(以下カエル) 「これも皆様の日頃のご愛好の賜物です。一見さんも常連さんも、ありがとうございます」 亀「記念すべき200記事目だから少し変わった…

映画『FAKE』(森達也監督)感想 佐村河内守という男の『真実』の考察

亀爺(以下亀) 「今週も見たい映画がたくさんある中で、あえてこの映画を選択したんじゃな」 ブログ主(以下主) 「まあね。本当は渋谷なんて一歩も足を踏み入れたくなかったんだけど、一番近い劇場が渋谷だったから、仕方なくね」 亀「渋谷か……確かに大都…

映画『帰ってきたヒトラー』感想 毒の強いコメディー映画! ※途中からネタバレあり

ここ最近に限った話ではないものの、ナチスドイツを扱った映画がまた多くなってきているように思っている。おそらくこれは世界情勢の不安定化と、『我が闘争』がドイツ国内で著作権が切れた関係により、出版されたことでまた注目を集めているのだろう。 数あ…

映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』感想 実写の押井作品登場!

『GARMWARS ガルム・ウォーズ』が日本語吹き替えされて公開された。 鑑賞してきたので、その感想を少し書いていきたい。 どうやら本来は2000年に公開する予定だったのだが、プロジェクト凍結をした後、2013年から撮影開始、鈴木敏夫や虚淵玄が加入し、本作が…

映画『マジカル・ガール』 感想 オタク的見地から考察してみる

今週はバットマン VSスーパーマンや岩井俊二の最新作などもあったのだが、いかんせん上映時間が非常に長かったために敢え無く断念。岩井俊二の作品なんて180分だよ!? 私が鑑賞した映画館での最長上映時間が大脱走の160分くらいで、あれほどの大名作でアク…