読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語る亀

ネタバレありの物語批評

ナチスドイツ関連

映画『アイヒマンを追え!  ナチスがもっとも畏れた男』感想 似たようなテーマの映画とも比較したよ

亀爺(以下亀) 「ナチスドイツものがまた公開されたの」 ブログ主(以下主) 「ヒトラーの『わが闘争』がドイツで解禁になったこともあることも大きく関係していて、注目を集めているのもあるらしいね」 亀「やはり、ドイツ国内ではそれだけ重く、大切なこ…

映画『検事 フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男』感想 誰もが抱える『罪』

カエルくん(以下カエル) 「今回はナチスドイツの重要人物である、アドルフ・アイヒマンを追い詰めた検事のフリッツ・バウアーに迫った映画の感想だね」 亀爺(以下亀) 「今週も『アイヒマンを追え!』なども公開されるように、ナチスドイツを扱った映画が…

映画『手紙は憶えている』感想 アウシュビッツの苦悩は、果たしてユダヤ人だけのものか? 後半ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「今回はナチスドイツの戦争犯罪を扱った映画じゃの。このブログでは比較的に登場する回数が多いナチスものじゃが、あまりハズレがない印象があるの」 ブログ主(以下主) 「……もうさ、こういうブログで映画や物語評論やっていると、痛感する…

映画『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』感想と評論 なんか騙されている気がする?

亀爺(以下亀) 「さて、今回は現在公開中のアウシュビッツと歴史教育を描いた映画『奇跡の教室』を扱うが……」 ブログ主(以下主) 「まずはじめに言っておくけれど、今回は酷評します。 だからこの映画が大好きとか、どんなレビューがあるんだろう? って人…

映画『帰ってきたヒトラー』感想 毒の強いコメディー映画! ※途中からネタバレあり

ここ最近に限った話ではないものの、ナチスドイツを扱った映画がまた多くなってきているように思っている。おそらくこれは世界情勢の不安定化と、『我が闘争』がドイツ国内で著作権が切れた関係により、出版されたことでまた注目を集めているのだろう。 数あ…