物語る亀

ネタバレありの物語批評

アニメ映画

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』 お兄様、さすがです!

亀爺(以下亀) 「今回はアニメの中でも主が苦手としておるライトノベル原作作品じゃが、この作品も見たことはないのかの?」 ブログ主(以下主) 「全くないわけじゃない。1クールぐらいは見たかな? 話題の作品だったし、どんな感じなのかなぁと思って見て…

少女革命ウテナが示した女性の変化〜20周年を記念して改めて考える〜

カエルくん(以下カエル) 「今年はウテナのメモリアルイヤーなんだね」 ブログ主(以下主) 「テレビシリーズの放映開始からちょうど20年と今年はメモリアルイヤーでもあるし……色々とある年だったんだな」 カエル「主演を務めた川上とも子さんが2011年の6月…

映画『バイオハザード ヴェンデッタ』感想 バイオらしさに溢れたCGアニメ映画!

亀爺(以下亀) 「バイオハザードシリーズも根強い人気を誇るシリーズじゃの」 ブログ主(以下主) 「メディアミックスが多い作品でもあるから、これがゲーム版何作目とリングしているとか、そこいらへんのこともややこしいなぁ」 亀「ちなみに、主はバイオ…

映画『BLAME!』感想 音響に拘った、映画館で見るべき作品! 

カエルくん(以下カエル) 「では今回は弐瓶勉原作の新作アニメ映画『BLAME』の感想記事と行きますか!」 ブログ主(以下主) 「やる気に満ち満ちているねぇ」 カエル「今週はいい映画……というか興味深い映画が多かったけれど、この作品もその1つで……音響監…

映画『夜明け告げるルーのうた』感想、考察、批評 誰よりも『優しい』湯浅作品がここに誕生!

カエルくん(以下カエル) 「そして今週公開作品ではヴィルヌーヴに続き、大好きな監督の新作公開第2弾のお話をするよ!」 ブログ主(以下主) 「湯浅政明ワールド全開だ! 注目のアニメが来たぞぉ!!」 カエル「いやー、これだけ好きな監督の新作が連続で…

2016年度 テレビアニメ、アニメ映画ランキング! ベスト25を発表するよ!

カエルくん(以下カエル) 「えっと……じゃあ、ここで1回2016年度のアニメを振り返るということで、ランキング記事を制作するんだね? もう5月に入って、GWも終わりそうなのに……」 ブログ主(以下主) 「いや、まあ、よく考えたら2016年のアニメを振り返る機…

映画『劇場版 Free!-Timeless Medley-絆』感想 初見でも楽しめた1作!

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、ここで人気アニメの劇場版『Free!』の記事をかくよ!」 ブログ主(以下主) 「この映画ってアニメ2期の総集編だったのね……2作公開されるという話だったから、当たり前のように1期と2期の総集編だと思ったのに……」 カエル…

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』感想 いい描写は多いのに勿体ない印象だなぁ

カエルくん(以下カエル) 「今週はコナンに続いて、クレヨンしんちゃんも新作が公開しているね!」 亀爺(以下亀) 「アニメ映画の人気が非常に高いの」 カエル「ドラえもん、コナン、しんちゃん、ポケモンはやっぱり安定して楽しめるというのもあるだろう…

映画『劇場版名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』感想 ラブコメ映画として評価の高い1作! ネタバレなし

カエルくん(以下カエル) 「それでは、今回は毎年恒例のコナン映画の最新作の感想と行きますか!」 ブログ主(以下主) 「1番好きなコナンの事件はピアノソナタ『月光』殺人事件の主です」 カエル「え〜っと……どうしたの、急に?」 主「一応コナンに対して…

映画『夜は短し歩けよ乙女』感想 湯浅&森見作品にハズレなし! 最高のアニメ映画がまたここに! 

亀爺(以下亀) 「いよいよ、湯浅政明の新作映画が公開されたの」 ブログ主(以下主) 「久々の湯浅作品だからね! 期待度もすごく大きいよ!」 亀「アニメ監督としての湯浅政明といえば、独自の立ち位置にいる監督でもあるからの。『ピンポン』以来のはずじ…

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』感想 バットマンファンは必見! それ以外の人も楽しめる!

カエルくん(以下カエル) 「今回もまたアニメ映画のお話だけど……ちょっといつもとは違う作品だよね」 亀爺(以下亀) 「わしらでやっていくのじゃな。 アニメ映画は主も語りたいことがたくさんあるじゃろうに……」 カエル「ちなみに最初に明かしますが、今作…

映画『スカイクロラ』感想と考察、解説 『つまらない』ことの偉大さ

亀爺(以下亀) 「さて、今回は押井守作品を基にした実写映画が近いということで、押井作品を扱うということであるが……なぜここに来てスカイクロラなのじゃ? いや、悪い作品ではないが……もっと他にあるじゃろう」 ブログ主(以下主) 「何となく、スカイク…

映画『おおかみこどもの雨と雪』感想と考察 細田守の新境地!? 

カエルくん(以下カエル) 「では、ここで細田守作品の代表作の一つである『おおかみこどもの雨と雪』を扱うけれど……細田作品の感想を書くのはこれで2作目だよね」 ブログ主(以下主) 「いつかは必ず語らなければいけない作品だし、テレビ放映も兼ねたこの…

映画『ひるね姫』感想 2つの世界が描き出したこととは何か?

カエルくん(以下カエル) 「今回はあれだけ楽しみにしていた『ひるね姫』の記事だけど、まさかの亀爺と僕でやるんだね」 亀爺(以下亀) 「年末ぐらいに009の新作映画が公開されたじゃろ? 3部作で、正確にはOVAになるのかもしれんが……」 カエル「あったね…

映画『SING シング』感想と考察 吹き替え声優が超豪華!!

カエルくん(以下カエル) 「さあ、今週は大忙しだよ! 大作映画が目白押しで語りがいがある週だよ!」 ブログ主(以下主) 「キターーーー! 元々アニメ系を重視しているブログではあるけれど、今週は『3月のライオン』と『ひるね姫』という注目作に、さらS…

映画『モアナと伝説の海』感想 圧倒的な技術から見えてくるもの

亀爺(以下亀) 「いよいよディズニーの新作アニメの感想を語ることになるじゃな」 ブログ主(以下主) 「最近、モアナよりも書きたい記事が続いてしまったからな。今週は意外といい映画がすごく多かったよ」 亀「TTAF(東京国際アニメフェスティバル)など…

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』感想と考察 ドラえもんとのび太のメッセージ

カエルくん(以下カエル) 「ついに主はドラえもん映画にまで手を出したんだね」 ブログ主(以下主) 「アニメはなるべくみようの方針にしたがってだね。 とは言っても扱っていないアニメ映画も当然あるけれど……アニメ界の優等生ドラえもん映画ぐらいは鑑賞…

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」感想 ちょっと厳しいなぁ……

カエルくん(以下カエル) 「デジモンもいよいよ4章になって、半分が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ここまでずっと見てきたからなぁ……仮にデジモンじゃなくて、ポケモンが出てきても最後まで見に行くよ」 カエル「……それって詐欺だよね?」 主「そ…

映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年 押井守監督)』感想など この未来、案外近いかも?

カエルくん(以下カエル) 「今回は約20年前に公開になって、今でもアニメ史に残る大傑作と評判の押井守版攻殻機動隊だね。 ちょうど実写映画も公開されるし、押井さんの一番弟子とも称される神山健治監督の最新作も公開間近だから、ちょうどいいタイミング…

ネタバレあり 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO)』考察と批評

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、引き続いて感想記事とは別の批評記事を書いていくことになるけれど……」 ブログ主(以下主) 「このやり方も久々だなぁ……ちょっと前は結構やっていた気がするけれど」 カエル「あんまりそれだけやる意味のある映画がなか…

初見でネタバレなしの『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(映画SAO)』感想

カエルくん(以下カエル) 「今回はSAOの新作映画の感想記事かぁ……こう言うのもなんだけど、主は原作も読んでいなければ、アニメも見ていないって公言しているからなぁ…… アニメ映画はなるべく見に行く方針だから映画館に向かったらしいけれど『これはファン…

映画『同級生』感想 この『型』って万能だなぁ

カエルくん(以下カエル) 「今回はちょうど1年前くらいに公開された、アニメ映画の『同級生』について語っていくけれど……こう言う作品を語るのって、少し珍しいかもね」 ブログ主(以下主) 「明らかに女性向け……というかBL作品だったから劇場公開時にため…

映画『ルパン三世 血煙の石川五ェ門』感想 ハードボイルドルパンが好きな人は必見の1作!

カエルくん(以下カエル) 「ルパン三世シリーズの新作が公開されたね!」 ブログ主(以下主) 「ルパンシリーズも息が長いよなぁ」 カエル「結構珍しいシリーズだよねぇ。 ドラえもんなどの長期間テレビ放映されているシリーズものは別として、ルパンはそう…

映画『虐殺器官』感想と考察 言葉と行動は密接にリンクしているのか?

カエルくん(以下カエル) 「これで伊藤計劃作品の映画化も終わりだね」 ブログ主(以下主) 「紆余曲折、様々なことがあってようやく公開されたからな。感慨深いし……少しだけ寂しい思いもあるかもしれん」 カエル「これで伊藤計劃作品もおしまいだしねぇ………

映画『屍者の帝国』感想と批評 この映画が表した『伊藤計劃へのメッセージ』についての考察

カエルくん(以下カエル) 「来週、いよいよ伊藤計劃プロジェクトのスタートにして最終作である『虐殺器官』の公開だね!」 ブログ主(以下主) 「いよいよ公開だな。マングローブの倒産もあって、悲しい結果になったけれど……それもこれで陽の目の浴びること…

映画『黒執事 Book of the Atlantic(2017、アニメ版)』感想 初見でも楽しめる1作!! ※後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「さあ、今日は黒執事の感想だけど……これも絶対ファン向け映画で、しかも女性ファンが多い作品でもあるから、結構熱いファンも多いだろうし…… 『初見には辛いよね』とか言って、ファンから失笑とコメントが埋め尽くされるんだろう…

江川、石田、井筒の君の名は。と新海誠に対する悪評に関して思うこと

カエルくん(以下カエル) 「2016年の映画界の話題の中心は、よくも悪くも新海誠だったような気がするね」 ブログ主(以下主) 「明らかに邦画、洋画を問わず、実写の映画よりも存在感を示したのがアニメ映画だったしな。シンゴジラもアニメ界に縁の深いスタ…

映画『甲鉄城のカバネリ 総集編後編 燃える命』感想 荒木監督がカバネリでやりたかったことって?

カエルくん(以下カエル) 「カバネリの総集編も後編を迎えたね」 ブログ主(以下主) 「2週間限定公開だから、早く見に行かないとすぐに終わっちゃうな」 カエル「総集編だからねぇ……新規カットもあるにはあるけれど、メインはすでに放送された分だし」 主…

映画『傷物語〈Ⅲ冷血篇〉』感想 いよいよラストを迎える物語! あの結論の意味とは? 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「ちょうど1年かけて、傷物語の3部作も終わったねぇ」 ブログ主(以下主) 「このブログとしても感慨深いものがあるな」 カエル「当時はこの形式でこそなかったけれど、このブログを開設して1番始めの映画感想記事が傷物語だった…

映画『甲鉄城のカバネリ 総集編前編 集う光』感想 映画館の大スクリーンで見る価値あり!

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、2016年最後の記事だよ!」 ブログ主(以下主) 「……まだまだ感想を書けていない作品が溜まっている」 カエル「え? やり残しているの?」 主「『ヒトラーの忘れ物』は絶対書きたいし、年始1発目はこれになるのかな? あ…

2016年の映画をおさらい! 各部門ごとのベストを選出するよ!

ざわざわ…… ざわざわ…… カエル『えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。 これより、物語る亀で賞、映画部門の発表を始めます。それでは、まずは審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』 登壇 ブログ主『えー、みなさまのご協力もありまし…

2016年のアニメ映画の大革命を総まとめ! 監督から鑑賞スタイルまで変化がたくさんありました。

カエルくん(以下カエル) 「結構何回か語ってきたけれど、最後にまとめとしてこのことについて語っていこうか」 ブログ主(以下主) 「やっぱり2016年はいろいろな意味でアニメ映画の変換点だからなぁ……それはもちろん人気監督の変化もあるけれど、制作スタ…

映画『ポッピンQ』感想 この映画を女児向けと見るか、大友向けと見るか難しいところだ……

カエルくん(以下カエル) 「今回は東映アニメーション60周年記念作品であり、このアニメ映画大豊作で名作続きの2016年最後のオリジナル劇場アニメーションとなる作品だね」 ブログ主(以下主) 「新作のアニメ映画に関してはこの作品で締めになるのかなぁ?…

映画『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』感想とこの映画の意味について考察 前作よりも格段に面白い!

カエルくん(以下カエル) 「前回も語ったけれど、結構厳しい論調になっちゃった作品の続編だよね……」 亀爺(以下亀) 「明らかに主は対象外な映画じゃったからな。若い女の子を中心に人気のある映画を見て、語ってどうしようというのかの?」 カエル「まあ…

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン』感想と批評 物語の抱える問題を突きつけた映画!

カエルくん(以下カエル) 「さあ〜て、今回は『映画妖怪ウォッチ』のお話だね」 ブログ主(以下主) 「…………」 カエル「ある意味では僕たちも妖怪みたいなものだから、すっごい人気者になったりして!」 主「…………」 カエル(あ、これ大絶賛か大批判のパター…

映画『チェインクロニクル(チェンクロ)〜ヘクセイタスの閃〜第1章』感想 事前情報を調べればよかった……

カエルくん(以下カエル) 「今回もアプリゲーム系のアニメ作品のお話だね」 亀爺(以下亀) 「こういった作品は今後増えていくんじゃろうな」 カエル「ここ5年くらいのアニメ界、そしてゲーム界の最大の変化といえば、やっぱりスマホの普及に伴うアプリゲー…

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ(モンスト)』感想 子供向けアニメ邦画の大傑作がここに誕生!!

カエルくん(以下カエル) 「モンストの劇場版が公開されたね」 ブログ主(以下主) 「最近、この手のスマホアプリのアニメ化が活発だよなぁ」 カエル「主はモンストやったことあるの?」 主「いや、全然? もちろん知っているし、周りにやっている人はいる…

『この世界の片隅に』を人に薦めたくなる理由と、ヒットの要因について考察、解説してみた

カエルくん(以下カエル) 「このせか旋風止まらず、だね」 ブログ主(以下主) 「シンゴジラ旋風、君の名は。旋風の次はこのせか旋風か。オタク文化の象徴だったはずのアニメ、特撮がここまで支持されるなんて、一昔前は考えられなかっただろうな。 という…

映画『CYBORG 009 CALL OF JUSTICE』第1章感想 CGのレベルが……これでいいの?

カエルくん(以下カエル) 「じゃあ、今回はIGの製作した新作の009のアニメの話だけど……」 ブログ主(以下主) 「やっぱり009クラスになると固定ファンも多いのかね? 最近、テレビシリーズもやっていないけれど、3章に分けて公開するほどだもんな」 カエル…

映画『009 RE:CYBORG(2012)』の感想 セルルックよりもあの人の影がちらつく作品だよなぁ

亀爺(以下亀) 「神山健治版の009も劇場で3部作で公開中じゃの」 ブログ主(以下主) 「そうね……神山健治監督作品ということでもあって、期間も短いし早く見に行きたいけれど、時間が取れなくてね……少し無理してでも、ファーストデーで見に行こうかな?」 …

映画『劇場版 艦これ』テレビシリーズ未見の感想 明らかに予習は必要だったなぁ…… 後半ネタバレあり

カエルくん(以下カエル) 「主は艦これってやっとことないよね?」 ブログ主(以下主) 「ないねぇ……アニメも見たことがないし、ゲームもやったことないね」 カエル「あれだけブームになったのにね」 主「もちろん、発表されてから一躍大ブームになって、登…

映画『マイマイ新子と千年の魔法』感想 これぞ『日常系アニメ!』 片渕須直監督のリアリティがすごい!

カエルくん(以下カエル) 「……なんかさぁ、ちょっと不満があるんだよね」 亀爺(以下亀) 「何じゃ? 藪から棒に」 カエル「……なんでさ、亀が出てくる映画って、特にアニメってこんなに多いわけ? カエルが全然出てこないんだけど! 不平等だ!」 亀「仕方…

2016年の映画と震災〜『シンゴジラ』と『君の名は。』と『この世界の片隅に』〜

亀爺(以下亀) 「今回は2016年を代表する映画をまとめて批評するんじゃな」 ブログ主(以下主) 「やっぱりさ、今年の邦画大豊作の中でも『聲の形』も含めて、この4作品は異常だと思うんだよ。 語り方は色々あるけれど……今回は『シン・ゴジラ』と『君の名は…

映画『きんいろモザイク Pretty Days』テレビシリーズ未見の感想 萌え日常アニメって完成されているんだなぁ……

カエルくん(以下カエル) 「……今週は映画鑑賞後の感情の変化が激しいね」 亀爺(以下亀) 「元々戦争中の広島という重い時代に暮らす人の日常をコミカルに、しっかりと描いた今年屈指の名作『この世界の片隅に』があり、グロテスクな描写が多く、こちらも重…

2016年アニメ映画の革命〜『君の名は。』と『聲の形』と『この世界の片隅に』と〜

カエルくん(以下カエル) 「今回は今年の日本アニメ映画の主役とも言える、3作品を語った記事だね」 ブログ主(以下主) 「やっぱり今年はこの3作品が特に注目を集めた(集めている)からな。あとはプラスして『シン・ゴジラ』もセットで語りたいけれど………

映画『この世界の片隅に』批評と考察 失ったものと、得たものとは? ※ネタバレあり

亀爺(以下亀) 「では続いて、ネタバレありの批評、考察記事を書くとするかの」 ブログ主(以下主) 「……この件に関しては少し失敗したんだよなぁ……」 亀「失敗? 何をじゃ?」 主「もうさ、あまりにも評判がいい上に、元々原作大好きで……しかもアニメも当…

映画『この世界の片隅に』ネタバレなしの感想 笑い声が起こる戦争映画を知っていますか? 

カエルくん(以下カエル) 「…………噂に違わぬ作品だったね」 ブログ主(以下主) 「…………まさかここまでとは」 カエル「今年の映画界は素晴らしいね。特に……趣味もあるかもしれないけれど、オタク映画というのかな? 特撮の『シン・ゴジラ』アニメの『君の名は…

映画『コウノトリ大作戦』感想 大人も子供楽しめるアメリカCGアニメ!

カエルくん(以下カエル) 「今月はアニメ映画がたくさんあるけれど、その中でも先陣を切ったのがこの作品だね」 亀爺(以下亀) 「しかし、公開館数はこちらが圧倒的に多いが……話題性ではもう一つのアニメ映画の方が圧倒的なようじゃの」 カエル「『ソーセ…

映画『聲の形』批評と考察と感想 西宮硝子が選ぶべきだった選択肢とは? 

カエル(以下カエル) 「まだ聲の形の話をするの?」 ブログ主(以下主) 「実はまだ語り足りないところがあるんだよね」 カエル「あれだけ何記事も語って、まだ足りないんだ……」 主「あとは良い音質で3回目を見に行ってきたからさ。その時に改めて見直して…

映画『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』感想 マジェプリが帰ってきたぞ〜!! 

カエルくん(以下カエル) 「テレビで放映されていたのが3年前らしいけれど、少し懐かしいよね、この作品」 ブログ主(以下主) 「テイストも少し古めではあるけれど、最近アニメが多いからな。記憶に残る前に次々と出てきてしまっている印象もあるかな」 カ…