物語る亀

ネタバレありの物語批評

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』感想と考察 ドラえもんとのび太のメッセージ

カエルくん(以下カエル)

「ついに主はドラえもん映画にまで手を出したんだね」

 

ブログ主(以下主)

アニメはなるべくみようの方針にしたがってだね。

 とは言っても扱っていないアニメ映画も当然あるけれど……アニメ界の優等生ドラえもん映画ぐらいは鑑賞しておいたほうがいいかな? と思って」

 

カエル「しかも公開初日の朝一の回に行くというね……」

主「こういう子供映画は、子供達の反応を見ながら楽しまないと評価が難しいのよ。

 例えば、どれほど大人が見て素晴らしいと思っても、子供が退屈したりしていると子供向け映画としての意味はないでしょ?

 今作はマナーは置いておくとして、劇場で『ドラえもん頑張れ〜』とかさ、『〇〇は悪くないよ!』とかの声が飛んできたんだよね。ということは、子供達がその映画の内容に熱中しているということがはっきりとわかるわけじゃない?

 

カエル「大人を楽しませるのが目的の映画ではないからね。子供向け映画を静かに鑑賞しようっていうなら、子供がいないレイトショーなどでもいいわけだし」

主「そうそう。もちろん、静かに観るのが基本だとは思うけれど、自分は子供むけ映画は少しくらい騒がしい方がむしろ楽しいんだよね。昔ワンピースの映画を見に行ったら、子供達でびっしりでさ。OPが流れ始めたら大合唱が始まるという……今でいう応援上映だよね。

 もちろん笑い声もたくさん、応援する声もあって……それはやりすぎかもしれないけれど、このような作品鑑賞のスタイルもあっていいと思うから」

カエル「なるほどねぇ……

 じゃあ、感想記事に入ろうか」

 

 

  • 1 大人がドラえもん映画を見る意義
    • 子供向け映画の難しさ
  • 2 ネタバレなしの感想
    • 作画などの挑戦
    • ゲスト声優について
  • 以下ネタバレあり
  • 3 貼られた伏線
  • 4 現代に生きるテーマ
    • 異文化コミュニケーションとしてのドラえもん
    • のび太とドラえもんが教えてくれること
  • 5 作画について
    • ジブリの影響
    • 最後に

 

 

 

続きを読む

映画『アサシンクリード』感想 これじゃ初見は辛いよね……

カエルくん(以下カエル)

「えーまずは、皆様に謝罪と訂正をしないといけないことがあります」

 

亀爺(以下亀)

「以下の記事にて本作品を著しく貶めるような間違いがあったことが発覚したの」

 

 

blog.monogatarukame.net

 

カエル「この記事の中で当初、この映画が『最低の映画を決めるラジー賞にノミネートされた』と書いてありましたが、そのような事実はありませんでした。

 ここに謹んで訂正し、謝罪します。

 大変申し訳ありませんでした」

亀「おそらく、記憶をたどっていくと『2017年のラジー賞候補』の記事と混同しておったようじゃの。そこでは『スーサイド・スクワッド』などもあったようじゃが、それも勘違いじゃったようじゃな。

 ラジー賞にノミネートされそうな作品、の記事であって、ラジー賞ノミネートの記事ではなかったと

 

カエル「本作の評価を著しく下げてしまうような勘違いに大変申し訳なく思っております」

亀「では実際、この映画を見た感想はどうだったのか? それはこの先の記事を読んで欲しいの」

カエル「それでは感想記事のスタートです」

 

  • 1 ネタバレなしの感想
    • ゲームを映画にする問題点
    • 『脚色』が……
  • 以下ネタバレあり
  • 2 複雑な世界観
    • 物語設定のおさらい
  • 3 結局このお話ってなんだったの?
    • ちょっと危険なツッコミどころ
    • 最後に

 

 

アサシンクリード(2016)映画シルク布ポスター24x36 [並行輸入品]

 

続きを読む

映画『彼らが本気で編むときは、』感想 LGBTの描き方が……

亀爺(以下亀)

「それでは、今回は邦画の中でも注目を集めている『僕らが本気で編むときは、』の感想記事じゃが」

 

ブログ主(以下主)

「このブログでは時々LGBT作品も扱っているけれど、それは良作、名作がこの分野に集中しているということもあるし、それだけたくさん作られているということもある。

 やっぱり世界的にそれだけ関心の深いことなんだな

 

亀「日本ではイマイチ作品が盛り上がらない印象があるが、やはりこれは少し遅れているということかの?」

主「いや、実写はそうかもしれないけれど、アニメとか漫画の分野だとむしろ王道の世界じゃない?

 それこそ BL、ユリなんて王道分野だし、トランスジェンダーを思い起こさせる『男なのに女の子になっちゃたよ!』系の作品もたくさんあるし。ラブコメやギャグ調の作品も多いし……

 そう考えると、結構一般的な分野なのかもね」

 

亀「ふむ……これも愛好する分野における感覚の違いかもしれんの」

主「昨年流行った逃げ恥も、まあ見てはいないんだけど話を聞く限りではオタクアニメと同じような構図の上に成り立つようなドラマだよね。新垣結衣という可愛いキャラクターに好かれる、星野源のような草食系男子ってアニメで腐るほど見てきたし。

 恋ダンスだって、あれはOPやEDでキャラクターが踊るようなもので……アニメパロディも多かったみたいだし、手法としてはアニメと同じ面白みを持つものとみた。

 だけど、それが一般的な役者や実写化したら多くの要素はハーレムアニメと同じようなものなのに、これだけ受け入れられるというのが面白いよね」

亀「これも媒体の違いじゃな。

 それでは感想記事のスタートじゃ」

 

  • 1 簡単な感想
    • 考えられた演出
    • 役者について
    • ネタバレなしの感想
  • 以下ネタバレあり
  • 2 細かい違和感が澱のように積み重なる
    • 最大の違和感、父親の不在
  • 3 不自然な『自然』
    • 『自然』な違和感がもたらしたもの
    • 部屋に注目!
    • 最後に

 

 

続きを読む

2017年3月の注目映画と記事候補映画作品を紹介!

 2017年3月の注目映画と記事候補作品の紹介をしたい。

 

 

 今月は大作映画が目白押し、ここからGWまでは非常に忙しくなるだろう。

 特にアニメ関連で大きな映画がたくさんあるので、そちらを中心に回っていきたいと思う。

 先に言及させていただくが、今月は大作映画主義になるはずである! 小規模映画は後回し、というか行けるかもわからない!

 

 だけどなぁ……一部の子供向け作品はさすがに行きづらい……というか、行っちゃいけないような気もしているが、しかし『子供向け作品こそ工夫に満ちていて見る価値がある』と標榜している身としては、行った方がいいのだろうなぁ……

 今月の記事候補作品紹介スタート!

 

 

  • 3月3日週公開
  • 3月10日週公開
  • 3月17日週(大激戦区!)
  • 3月24日週(激戦区)
    • 最後に

 

 

 

blog.monogatarukame.net

 中

続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」感想 ちょっと厳しいなぁ……

カエルくん(以下カエル)

「デジモンもいよいよ4章になって、半分が公開されたね!」

 

ブログ主(以下主)

「ここまでずっと見てきたからなぁ……仮にデジモンじゃなくて、ポケモンが出てきても最後まで見に行くよ

 

カエル「……それって詐欺だよね?」

主「それでも何年も付き合ってきたからさぁ……今更どんな作品を見せられても、もう許しちゃうよね。

 デジモンには思い出とか、そんなことで簡単には語れないものが色々あるよ

カエル「この前のアニソンランキングでも5位だし、それより上がラブライブとかの熱狂的なファンを持つ最近の作品が多い中での上位だからね。

 しかも本放送がもう……15年以上前、もう少しで20年になるわけだからね……特別な作品だよね

 

主「もう第4章なのであらすじなどは特に触れることはしません。

 なのでいきなり感想記事にスタートします。

 あと、ネタバレありでやっていくし、それまでの章を全て見ていることを前提とした記事になるので、あしからず

カエル「4章から観に行く人ってそんなにいないと思うけれどね……

 それじゃあ、記事をスタート!」

 

  • 1 簡単な感想
    • ツッコミどころ満載の脚本
  •  2 本作の問題点
    • 太一、ヤマトの扱い
    • キャラクター数の多さ
    • 話の構成について
  • 3 今作の敵は誰?
  • 4 見えてきたもの(少し褒めます)
    • 最後に

 

 

blog.monogatarukame.net

 

 

続きを読む

映画『ムーンライト』ネタバレなしの感想 祝! アカデミー作品賞受賞!

カエルくん(以下カエル)

「今回はこの記事を書いている日がアカデミー賞の発表日ということもあって、アカデミー賞作品など8部門にノミネートされている『ムーンライト』のネタバレなしの感想記事を書いていくんだね」

 

ブログ主(以下主)

「最速試写会に当選したので、その感想などを。

 いやー、でもくじ運が非常に悪い自分が当選したってことは、あまり応募数が多くなかったってことなのかね?

 非常にありがたいです!」

 

カエル「今回は当然ながらネタバレなしで、この作品の見どころなどを紹介していこうか

主「……結構難しいよなぁ。一応予告編にも目を通したり、映画.comの情報などを見てから書いていくけれど……どこまで語っていいのか、というのがね」

カエル「特にこの作品はすごくネタバレなしが難しいんだよね」

主「なんというか……ネタバレって何? っていう映画でもあるんだよ。映画.comのあらすじを読んでも『そこまで言っていいんだ』という思いもあって……結構語るのが難しい作品だと思う。

 その意味ではこのブログ向きな作品だとも思うけれど……さて、どのように語るかな?」

 

カエル「あと、あまり悪いことはいいません。

 ただ、これは試写会だから、ということもあるけれど、アカデミー賞作品賞ノミネート、脚色賞などを獲得しているということもあるので、悪い作品ではもちろんないよ! 褒める部分が多いというのも大きいよ!

主「こういうことを言わなければいいのかね。

 でもこれで試写会の案内がいっぱい来ないかなぁ……来ないよなぁ……

 どんな映画でも時間が合えば行きますので、ぜひ!

 

 

  • あらすじ
  • 1 監督について
    • 役者について
  • 2 なぜこの映画がアカデミー賞作品賞か?
    • 政治的な見方
  • 3 感想
    • 日本と真逆の作品
    • 見どころ
    • 追記 本作に対する違和感
    •  
    • 最後に

 

 

続きを読む

リトルウィッチアカデミア 7、8話の感想 クリエイターにとって大事な事って?

カエルくん(以下カエル)

「じゃあ、主が今1番楽しみにしているテレビアニメ、リトルウィッチアカデミアの感想記事を始めるよー!」

 

ブログ主(以下主)

「日曜日の深夜が憩いの時間です、本当に」

 

カエル「本当はもっともっとアニメについて語りたいんだけど、時間がねぇ……」

主「映画を毎週何本も観ているのに、観たい映画がさらに増えていくってどういうことだよ!?

 意味が全くわからないよ! なんでこんなに毎週公開するのさ!

カエル「……何を怒っているのか全くわからないんだけど……」

主「しかも小規模公開映画も面白い映画が多いし、少しでもいい評価があると見に行きたくなるし……

 これで漫画や小説もあるんだよ!? 全く手が回らない!」

カエル「別に誰も頼んでいないんだけど……」

 

主「こうなったら奥の手を使うか……?」

カエル「え? 何?」

主「……会社を退職する」

カエル「あ、その選択肢はやめといた方がいいよ。1番ダメなパターンだから。映画を見るのも小説、漫画を買うのもお金がかかるからね。

 仮に主の年収が300万円に満たない低所得者だとしても、それだけ稼ぐのは相当大変だから」

主「わかっているわ!

 まあ、でもやっぱり夢は追いたくなるよねって話で……」

カエル「こういうのは趣味だから面白んだよ?」

主「……これ以上つまらない話をする前に、感想記事スタート!」

 

  • 1 リトルウィッチアカデミアとは?
    • 物語は新たなステージへ
  • 2 七話の感想
    • クビになりそうなアッコ
  • 3 八話が描いたこと
    • 夢の中の暴走
    • エンターテイナーとして
    • キャラクターの深堀
    • 最後に

 

 

blog.monogatarukame.net

 

続きを読む